フィッティングの質問に回答します

2018.10.25
tokutake

From:徳嵩力一
千葉の自宅より、、、

こんにちは。プロクラブフィッターの
徳嵩力一(とくたけ・かついち)です。
 

実は、先週のメールマガジンに対して
立て続けに2件、質問をいただきました。

すでに質問については
回答させていただいているんですが、
改めて読み返してみて、
 

 「これ、できれば多くの人に知っておいて欲しいな」
 

と思ったので、今週はその質問について
改めてお話をしてみようと思います。

ちなみに前回の記事はコチラ

フィッティング…買わない人もホントOK?

http://g-live.info/click/181018_nikkan/

ですがこちらはお読みにならなくても
今日のお話には支障ないので、ご安心下さい。
(まだの方は後ほど、お時間のある時にお読み下さい)

ウェッジの変更を検討中

では、お一人目の質問者様。。。
 

キーヤン様より

> 初めまして、徳嵩フィッターにお尋ねします。
>
> アイアンは本間のべレスMG803で
> AWが49度SW56度を使っています。
>
> 飛距離はAW110ヤード、SW80ヤード、
> ともにフルショットです。
>
> ウエッジを変えるか足そうと思うのですが、
> タイトリストのボーケイにしてみようと思うのですが
>
> 52度と58度を入れて56度を抜いてみようと思うのですが、
> どうでしょうか、アドバイスをお願い致します。

 

キーヤン様、はじめまして。
ご質問、どうもありがとうございます。

ウェッジの変更をご検討されていらっしゃるとのこと。

それでしたらウチの「TKウェッジ」
オススメしたいのですが。。。

TKウェッジ

2018-1025_1
 

以前に配信した「TK-01の魅力について小原×徳嵩緊急対談」

スマホの方、動画が見れない方はこちら
 

なんですが、現在入荷待ちとなっているので、
ご案内することができません。。。
 

ですがまあ、このキーヤン様の場合、
すでに「タイトリストのボーケイ(52、58度)」というところまで
しっかり決まっていらっしゃるので。。。

であれば、そちらをお試しいただくのがよいのかなと思います。
 

しかしながら、ちょっと気になる点が一つ。
 

現在お使いのHONMAのBERESが
49度と56度ということなんですが、
それだと「7度」のピッチになっていますね。

そして、今回ご検討中のボーケイも
52度と58度の「6度」ピッチ。。。
 

このへんはお持ちのPWのロフト次第といったところなんですが、
ウェッジの間は4度ピッチにしたほうが無難な気がします。

たとえば、もしPWが44度であれば、
その下の番手のウェッジは
 

 「48、52、56度」
 

といった具合ですね。

自分たちがフィッティングをさせていただく際には
ウェッジのご提案は「4度ピッチ」にすることが多いです。
(もちろん、お客様のご要望を聞いた上で、ですが)
 

そしてついでにも一点。

BERESからボーケイにするにあたり、変更後の重量差から
スイングのバランスが崩れる可能性があります。

今のBERESのクラブ重量でフィットしているのなら、
新しいボーケイの重量は
BERESより少し重めが理想かもしれませんね。

何種類ぐらいのクラブがあるの?

続きましてのご質問は、こちらです。
 

仲村様より

> フィッティングをいつかは・・・と思っています。
> たぶんタイミング的にはクラブを変える時だと思います。
>
> 当然、合ったクラブを進めていただいて、
> 購入という流れだと思いますが、
> 一つ心配なことがあります。
>
> 私はよりたくさんのクラブの中から合うクラブ、
> 好きなクラブを絞っていき購入したいのです。
>
> またある程度知っているクラブ。
> まったく名前の知らない1種類だと買いません。
>
> 御社でフィッティングした経験者の写真が載っていますが、
> すべて同じクラブですね。1種類しか売らないのでしょうか?

 

仲村様、フィッティングをご検討いただき
どうもありがとうございます。大変嬉しく思います。

こちらのフィッティング体験者のお写真で
クラブをご覧になっているのだと思われますが、

http://g-live.info/click/abcstudio180510/
 

もちろん、みなさんに同じメーカーのクラブを
オススメしているわけではありません。

そのへんはどうぞご安心下さい。
 

現状、自分たちの取扱は、シャフトメーカで10社前後。

ヘッドもそれと同様10社前後の取扱がございます。

お客様に合ったものをご提案させていただくのが
何より大前提ですので。。。

当然、お客様へのご提案は
人によって全く違うものとなります。
 

そしてこれは以前にもお伝えしことがあるかもしれませんが。。。
 

場合によっては、お客様お一人へのご提案で
ドライバー、FW、UT、アイアン、ウェッジが
それぞれ違うメーカー、ということもあります。

もちろんその逆に、全てのクラブが
同じメーカーになることもあります。
 

ですが、このご質問者様の場合
「ある程度知っているクラブ」
希望しているようですね。

ちなみに、自分たちが扱うのは主に
「地クラブ」と言われるパーツメーカーであることが
多いので。。。

いわゆる「有名ナショナルブランド」しか知らない。
それ以外は興味がないという方ですと、
ご期待に添えない可能性があります。

ちなみに「地クラブ」の魅力については
下記のレポートにまとめましたので、
ご興味あればこちらをどうぞ。

最高の相棒を見つけてスコアアップ!地クラブの特徴とメリット

http://g-live.info/click/tokuform151112/

 

以上のような情報を踏まえまして、
フィッティングへのご来店をご検討いただけると嬉しいです。

「チーム徳嵩」フィッティング…

ということで、枠数わずかなのですが
「ゴルフパフォーマンスのフィッティング」。。。

東京(秋葉原店)千葉(千葉店)大阪(弁天町店)
各3店舗で「枠数限定」で枠をご用意しています。

先着順です。
なくなり次第の終了となります。

繰り返しになりますが、
ゴルフパフォーマンスのフィッティングは有料で、
かつ、ゴルフクラブのご提案もさせていただきますが。。。

必ず購入していただく必要は全くありませんので、
どうぞご安心してご来場ください。

この機会にぜひ、下記よりお申込み下さい。

http://g-live.info/click/abcstudio180510/
 
 

それでは、また次回。

徳嵩力一
 

<本日のオススメ>

大変お待たせしました。
先日ご案内したゴルフライブサミット…

受付開始しています!
先着順ですのでお早めに…

開催は11月10日の土曜日。
場所は東京の六本木で開催します。

まずはコチラをチェックしておいて下さい。

http://g-live.info/click/glsmt1811/

The following two tabs change content below.
徳嵩 力一

徳嵩 力一

高校・大学とゴルフ部に在籍。大学卒業後、クラブデザイナーの第一人者である故竹林隆光氏が設立、代表を務めた 株式会社コンセプト(現、株式会社フォーティーン)に入社。当時ゴルフクラブを数値で表して、クラブ設計を行う、中空アイアンの発明、 タラコ元祖UTなど革新的なクラブ設計で著名だった竹林氏の元でクラブ理論、フィッティングを学び、3,000名以上にフィッティングを行う。 また、プロゴルフツアーにも参加し、選手のフィッティング、セッティングの提案に従事。有名ツアープロも多くフィッティングしてきた。 在籍時代に競技出場中の小原プロと出会い、小原プロのクラブフィッティングを担当。その後、小原プロのスタジオ、フォースワンカスタムフィッティングの代表としてアマチュアゴルファーのベストスコア達成に貢献中。これまでにクラブに費やした金額は軽く1,000万を超えるほどのクラブ博士。古今東西あらゆるクラブに精通する生きるゴルフクラブ辞典。
カテゴリー: メルマガ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
徳嵩 力一

徳嵩 力一 について

高校・大学とゴルフ部に在籍。大学卒業後、クラブデザイナーの第一人者である故竹林隆光氏が設立、代表を務めた 株式会社コンセプト(現、株式会社フォーティーン)に入社。当時ゴルフクラブを数値で表して、クラブ設計を行う、中空アイアンの発明、 タラコ元祖UTなど革新的なクラブ設計で著名だった竹林氏の元でクラブ理論、フィッティングを学び、3,000名以上にフィッティングを行う。 また、プロゴルフツアーにも参加し、選手のフィッティング、セッティングの提案に従事。有名ツアープロも多くフィッティングしてきた。 在籍時代に競技出場中の小原プロと出会い、小原プロのクラブフィッティングを担当。その後、小原プロのスタジオ、フォースワンカスタムフィッティングの代表としてアマチュアゴルファーのベストスコア達成に貢献中。これまでにクラブに費やした金額は軽く1,000万を超えるほどのクラブ博士。古今東西あらゆるクラブに精通する生きるゴルフクラブ辞典。

 

Facebookでコメントする

フィッティングの質問に回答します」への2件のフィードバック

  1. 白鳥 清

    徳嵩 様

    私も還暦を過ぎ、また、坐骨神経痛も57才のころに発症(現在もお尻が痛い)してから、全使用クラブシャフト重量を
    軽量側にして使用してたのですが、気持ちがすっきりしない状態でいたのとフィッティングブログも見ていましたので、
    現在使用しているシャフトが適しているか重量、調子等を確認したくなり先週末に千葉店にいって見て頂きました。

    そこで今回のウエッジ度数配分の説明は良く理解するのですが、今回、推奨された地アイアンも含め最近の飛び系アイアンの9I、PW間の度数が5°刻みなっている商品が多くなっているが、設計戦略、理論はあるのですか?(ウエッジ系
    の考えとズレル)
    私は、現在使用の飛び系アイアンの度数、ライ角調整をして4°刻み(PW:43°)にしてW系を47、52、57°としています。
    ちなみに基本:4°刻み10Y計算で、90Y以内を57°で打つ考えです。
    私はパーシモン時代なので4°刻みの10Y距離にこだわってしまう。

    上記 5°刻み部の解消方を伝授下さい。

    以上

    返信
    1. 徳嵩 力一徳嵩 力一 投稿作成者

      白鳥 清 様
      ご質問、ならびに千葉店へご来店いただきまして、どうもありがとうございます。
      メーカーのアイアンのロフトピッチは飛距離が等間隔になるように設計されているので、必ずしも4度が良いとは語れない部分もあります。
      (一部のメーカーさんには本数が増えてしまうので飛距離の差を度外視してる物もありますが)
      一昔前に比べてアイアンヘッドも構造などかなり進化している物も増えてきておりますので、最終的には打って飛距離の差が均等になることがが望ましいです。
      その為に調整を要する場合も勿論ありますが、まず使って距離を確かめる方が先決になります。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。