[ビデオ] ミスヒットでスコアがまとまらない

2018.12.08
mongo

From:モンゴ
千葉の自宅より、、、

お楽しみ様です、モンゴです!

ゴルフ、楽しんでますか~?^^
 

さて、今回のビデオは
「ミスヒットでスコアがまとまらない」
方へのアドバイスです。

コースでも練習場でも、後半になると
様々なミスヒットが飛び出してしまい…

なかなかスコアがまとまらないという方、
多いんじゃないでしょうか!?

では、そんなあなたは、どうしたらいいか?

(続きはビデオにて!)

そもそもなぜミスヒットが出るの?

なぜ、いろいろなミスヒットが出てしまうのか?
それは。。。
 

 「疲れによる姿勢の崩れ」
 

コレが最大の原因となります!
つまり。。。
 

 ・疲れていない時はしっかりと骨盤から前傾をして
  アドレスを取っているけれども…

 ・疲れてくると、だんだん膝を曲げて
  お腹からちょっと頭を下げる猫背のアドレスに…

 

この「猫背アドレス」が、いいアドレスだと
勘違いしてしまっていることが、一番の原因です。
 

ということで、今日は良い姿勢を作るための
「3つの具体的な方法」をお教えしたいと思います。
 

ということで、詳しくはビデオで確認して下さい!
 

スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。

 
 

この3つのポイントを抑えていただくと、
どこでもすぐに、骨盤から前傾した素晴らしい姿勢を
作ることができます!
 

 「なんかミスショットが多いな。。。」
 

そう思ったあなたは、
ぜひ必ずチェックをしておいて下さい。
 

ちなみに前傾をする時には
骨盤から前傾をすることになりますが。。。

腰が痛くなるまではやらないように
くれぐれも注意してください!
 

 「腰がちょっと疲れるな」

 「腰が若干張るな」
 

ぐらいがちょうどいいかと思います。
 

ということで、
あなたのスコアアップを期待しております!

追伸:チーム小原の影の飛ばし屋が…

そういえば、チーム小原の影の飛ばし屋
水柿プロの飛ばしプログラムが…

今だけの期間限定でご紹介中とのことです!

 「ワン・サード理論」

ええー、なんかカッコよくないですかコレ!

モンゴも気になっているので、
ぜひチェックしてみてください~( ´Д`)

http://g-live.info/click/mz300_1812/
 
 

以上、少しでも参考になればうれしいです!

それでは、今日も楽しいゴルフを!
 

The following two tabs change content below.
モンゴ

モンゴ

奈良県出身。大学在学中の20歳の時にゴルフの魅力にはまり、研修生に転身。その後プロゴルファーに。世界的なゴルファー、コリン・モンゴメリーにスイングが似ていることから「モンゴ」というあだ名が定着。2014年、小原大二郎プロが設立した100切り専門ゴルフレッスンスタジオの設立に参画。その明るい人柄や性格から、生徒全員を笑顔に変える「太陽のようなレッスンプロ」として、足繁く通うファンが絶えない。得意とするのはショートゲーム。また、メンタルへの造詣も深く、アマチュアに対するメンタルトレーニングの必要性を日々追求している。
カテゴリー: アドレス, ビデオ, 再現性, 新着ビデオ, 練習 | 投稿日: | 投稿者:
モンゴ

モンゴ について

奈良県出身。大学在学中の20歳の時にゴルフの魅力にはまり、研修生に転身。その後プロゴルファーに。世界的なゴルファー、コリン・モンゴメリーにスイングが似ていることから「モンゴ」というあだ名が定着。2014年、小原大二郎プロが設立した100切り専門ゴルフレッスンスタジオの設立に参画。その明るい人柄や性格から、生徒全員を笑顔に変える「太陽のようなレッスンプロ」として、足繁く通うファンが絶えない。得意とするのはショートゲーム。また、メンタルへの造詣も深く、アマチュアに対するメンタルトレーニングの必要性を日々追求している。

 

Facebookでコメントする

[ビデオ] ミスヒットでスコアがまとまらない」への4件のフィードバック

  1. YAYASU

    こんばんは。先生の3つのポイントはわかりやすい。今回は、正面と横からのご指導有難うございました。

    返信
    1. モンゴモンゴ 投稿作成者

      YAYASUさん、ありがとうこざいます!
      3つのポイントを、ワンスイング・ワンポイントで練習していただければさらに気付きがありますので、是非お続けくださいませ!

      返信
  2. Kimitsu

    モンゴプロ、いつも為になって楽しいブログをありがとうございます。最近段々手や腕でなく、下半身や背中の大きな筋肉でスイング出来る様になってきたのですが、そうなるとスイングって無意識のうちに自動的に行われて、結局ゴルフ場でコントロールできるのはアドレスとフィニッシュ、そしてリズムとテンポだけのように思えてきました。練習場では大きな筋肉に動きを覚えさせて、コースではこの4点 (実はフィニッシュはまだこれからなのですが。。)だけに集中しています。モンゴプロがいつもアドレス、アドレスと言われるのはこう言う事だったのかと大変納得しています。
    今回のビデオの姿勢チェック方法1を試してみたところ、シャフトに頭が着かず少し猫背になっている事が判明して、頭が着くようにアドレスしたらバックスイングが上げやすくなり、切返し以降のスイングも滑らかになりました。これは自分としてはかなり画期的です。大変有効なレッスンをありがとうございました。

    返信
    1. モンゴモンゴ 投稿作成者

      Kimitsuさん、いつもありがとうこざいます!
      そして、素晴らしい気付きのシェアを本当にありがとうこざいます(bow)
      ご自分の身体に無理がない範囲で、最高のアドレスを作っていただければ、後の動き(スイング)にも好影響が必ず出てきます。
      大きな筋肉でのコントロールでも、繊細な動きはできるようになりますので、これからも楽しく自己対話しながら練習されてください!

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。