初打ちはコレして下さい。^^

2019.01.11
mizugaki-150x150

From:ガッツパー水柿
練馬の自宅より、、、

明けましておめでとうございます。
ガッツパー水柿です。

ゴルファーにとって「初打ち」をしてこそ
本当の新年の始まりではないでしょうか?

僕はと言うと、年始早々から練習場に
初打ちに行ってきました。^^

昨年はベストタイ・・・

あと1打に悔しい思いをしましたが、
今年はベスト更新を目指して
ある練習からみっちりスタートを切りました。

そこで今日は、あなたに

「初打ちはコレして下さい。^^」

というテーマでお話をしたいと思います。

もう初打ちに行った人もそうでない人も、
新年初打ちはコレをしっかりやってみましょう。

今からコレをしっかり練習しておくことで、
一緒にベストスコア更新を目指していきましょう。^^

ゴルフの基本はビジネスゾーン

ビジネスゾーンはスイングで最も大事な
「インパクト」に特化した正しいスイングを作ることで、
曲がらずしっかりと芯を捉えることができる練習法です。

ビジネスゾーン

このビジネスゾーンの練習をしている
という方も多いと思います。

ですが、ビジネスゾーンを練習するときに
自分でも知らないうちに間違ったやり方をしている
ということも多々あります。

間違ったやり方は悪い癖が身についてしまい、
返って上達を遠回りしてしまいかねません。。。

そこで、ビジネスゾーンの注意点と
正しく練習できているかセルフチェックする
3つのポイントをお話ししたいと思います。

Point.① ふり幅は腰から腰

まずフルスイングをしないようにすることが
ビジネスゾーンでは重要です。

ゴルフスイングは実際には大きく振り上げて、
最後に右足が立ってフィニッシュまで行います。

しかしビジネスゾーンは小さな幅のスイングから、
少しずつ大きくスイングをしていくことで
早く身につけることができます。

極端に大きくならないように、
まずは振り幅をしっかり意識しましょう。

Point.② 肘は引かない

理想としてはアドレスで作った両腕の長さ、
肘の曲がりを、腰の位置、
フォロースルーまで長さを変えないこと。

そして、必要以上に伸ばさず、
肘を引かないことです。

バックスイングで右肘が少し曲がる、
フォローで左肘が少し曲がるというくらいなら問題ありませんが、
肘は引かないようにしましょう。

Point.③ 体重移動は小さく

体重移動をしよう、と意識してしまうと、
必要以上に大げさな動きになってしまいます。

感覚としては左右均等にアドレスを作ったら、
左右均等のまま打つ、というくらいで構いません。

小さいスイングでは大きな体重移動は必要ありません。

体重移動をしようとして軸ブレを起こすと、
ダフったりトップしたりしてしまいます。

正しくできているかセルフチェック

ビジネスゾーン練習を正しい形でできているか、
フィニッシュで判断することができます。

バックスイングで
ボールを見ながらスイングを止めます。

ちょうど、地面とクラブシャフトが平行になった時です。
この時に自分の目をクラブの方へやって下さい。

2019y01m08d_104312864

フェースの向き、シャフトの向き、
またシャフトの位置を上から覗き込んで
正しく出来ているのかチェックをします。

出来ていれば、次のショットでは
ボールを見たまま打ちます。

そして打ったあとも止まって、また自分のシャフトの向き、
フェースの向き、シャフトの位置が正しいところにあるか
チェックしてください。

打った後に、ボールの行方だけに
気を取られないように気をつけて下さい。

必ず打ったあと静止します。

基本を身に着けることはとても大切なことですが
その練習法が間違っていると思うような成果が得られません。

初打ちでビジネスゾーンを練習する時は
ぜひ、ここからチェックしてみてくださいね。^^

それでは、またメールします。

ガッツパー水柿

 

<本日のオススメ>

「年齢とともに飛距離がガクッと落ちている…」
あなたはそう感じることはありませんか?

実は、ほんの少し考え方を変えるだけで、
250ヤードはいとも簡単に出すことが出来ます。

このお手紙は、年齢や性別を一切問わず
非力でも、ケガを抱えていたとしても
遠くにボールを飛ばせる秘密を記した手紙です。

このチャンスを無駄にせずに
是非、この手紙を確認してください。

http://g-live.info/click/htbd_1901/

※1/14(月)までの期間限定です。お早めに

The following two tabs change content below.
ガッツパー 水柿

ガッツパー 水柿

水柿雅貴(みずがき まさたか) 茨城県出身 身長168cm、飛距離は280y。 15歳でゴルフを始め、名門水城高校に入学。 高校卒業と共にスプリングフィルズゴルフクラブで研修生としてプロゴルファーを目指し、多くの試合経験を積む一方、研修生仲間にスイングアドバイスをしている中で、ゴルフを教えることの楽しさを知り、2012年にPGAティーチングプロの資格を取得。 2015年小原大二郎氏に師事し、ゴルフスイング・レッスン理論を学び、ゴルフパフォーマンスの一員となる。 現在はゴルフパフォーマンス神田店にて、「真剣に、分かりやすく、丁寧に」をモットーに年間延べ1,000人以上のゴルファーにレッスンをしている。 初心者の方から競技志向の方まで、「理論的でわかりやすいレッスン」と定評があり、小柄な体格ながら効率的に飛ばす飛距離アップ指導や「ガッツパー水柿」の異名を持ち、リカバリーショットの技術指導により、多くの生徒から支持を得ている。 ※ガッツパーとは通常ならボギー以上濃厚な厳しい状況で、巧みなテクニックでパーを拾った時などに使われる言葉。
カテゴリー: 100切り, 90切り, ビジネスゾーン, メルマガ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
ガッツパー 水柿

ガッツパー 水柿 について

水柿雅貴(みずがき まさたか) 茨城県出身 身長168cm、飛距離は280y。 15歳でゴルフを始め、名門水城高校に入学。 高校卒業と共にスプリングフィルズゴルフクラブで研修生としてプロゴルファーを目指し、多くの試合経験を積む一方、研修生仲間にスイングアドバイスをしている中で、ゴルフを教えることの楽しさを知り、2012年にPGAティーチングプロの資格を取得。 2015年小原大二郎氏に師事し、ゴルフスイング・レッスン理論を学び、ゴルフパフォーマンスの一員となる。 現在はゴルフパフォーマンス神田店にて、「真剣に、分かりやすく、丁寧に」をモットーに年間延べ1,000人以上のゴルファーにレッスンをしている。 初心者の方から競技志向の方まで、「理論的でわかりやすいレッスン」と定評があり、小柄な体格ながら効率的に飛ばす飛距離アップ指導や「ガッツパー水柿」の異名を持ち、リカバリーショットの技術指導により、多くの生徒から支持を得ている。 ※ガッツパーとは通常ならボギー以上濃厚な厳しい状況で、巧みなテクニックでパーを拾った時などに使われる言葉。

 

Facebookでコメントする

初打ちはコレして下さい。^^」への2件のフィードバック

  1. YAYASU

    本年もよろしくお願い致します。ビジネスゾーンマスターで自己更新を目指すぞ!
    何事も基本が大切。体と頭と心。三位一体。

    返信
    1. ガッツパー 水柿ガッツパー 水柿 投稿作成者

      YAYASU様

      コメントありがとうございます!
      こちらこそ宜しくお願いいたします。^^

      はい!!ビジネスゾーンをマスターして、
      自己ベストの更新と楽しいゴルフを目指しましょう!!

      ガッツパー水柿

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。