【ビデオ】胸から下のオープンで緩み解消

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019.02.24
ohmori

From:大森睦弘
岐阜の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は
 

 「胸から下のオープンで緩み解消」
 

というお話をさせていただきます(ビデオ&おまけあり)。
 

クラブの距離が余っているときは、
胸から下の体幹をオープンに構えます。

クラブの距離が余ると言うのは、
今手にしたクラブのフルショットでの距離よりも
飛ばさない場合となります。

例えば、ロフト58度のサンド・ウェッジで
フルショットしたら80y飛ぶところを、
15yや50yしか飛ばさないなら距離が余っていると表現します。

距離余りで左肩の向きは振り出し方向を向けたまま、
胸から下をオープンにすることにはいくつか理由があります。
それは。。。

(続きはビデオにて)

胸から下のオープンで緩み解消

スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。

 
 

(おまけ付き)
今回のメールマガジンの内容をPDFでもご覧になれます。
こちらからクリックしてダウンロードして下さい。

http://g-live.info/click/omrpdf190224/

※印刷してファイルなさる方にはこちらが便利です。

オープンにすることの3つの理由

胸から下をオープンにすることにはいくつか理由があります。
その中でも重要な3つの理由を見てみましょう。
 

 1. 緩み防止

 2.ターゲットを狙う

 3. 飛びすぎ防止
 

人はターゲット方向を向くほど、方向性やタッチが合います。

また、スタンスをクローズにすると、ボールヒットに向かって
左サイドにスペースがないことで手元が詰まって
不意にフェースを閉じやすくなります。

フェースが閉じるとロフトも立つので、ボールが飛んでしまいます。

このふたつの理由は納得しやすいと思いますが、
緩みについてはちょっと分かりにくいかもしれません。

緩み防止

絶好の場所からの大トラブルを振り返ることで、
緩みの恐ろしさが理解できます。

例えばドライバーショットが最高に調子良くて、
ボールはフェアウェイの平らなライで残りグリーンセンターまで50y。

こんな絶好の場所でザックリの大ダフリやトップでチョロ、シャンクで
ボールが右に大きく飛び出す最悪のミスという経験はあるのではないでしょうか。

実はこのように距離が余っているときは、
体の動きにとって非常に危険な状態です。

どう危険かと言いますと、それはフルショットに比べて
体に締まりが少ないままトップに向かい、
緩んだ状態でダウンスイングする問題です。

体が緩んでいているとなると、しなりが弱いことにまります。

しならないほど自ら力を出して打ちにいくことになり、
手打ち傾向になります。

上半身から力任せに振ろうとするほど
上半身の反作用で下半身は動きにくくなり、
さらに意識も下半身から遠のきます。

そうすると、体幹はターン不足のままボールヒットに向かいます。

体幹が背骨を中心にターンすると、
背骨の前側の重い内臓や両腕とクラブの重さが
お腹が向いた方向へ移動します。

また、ヘッドの最下点は重心位置にきやすいものです。

そうなるとボールヒットに向かって体幹が左にターンできないほど
ヘッドの最下点がボールの先にいかず、ダフります。

ダフりを感じて、起きあがりすぎてトップにもなります。

また、普段のスイングでグリップがウィークなどの理由で
ボールヒットに向かって前腕を力で左に捻っていると、
シャンクにもなります。

しかも、打とうとする距離に対してスタンスの幅が広すぎると、
さらにシャンクの確率は高くなります。

なぜなら次のようなメカニズムがあるからです。

スタンスの幅が広いことで股関節の可動域が大きくなり、
振り幅が思ったより大きくなります。

そうするとダウンスイングしてきて、
これでは飛びすぎると感じて動きを緩めます。

そうなると普段ウィークなグリップのために
前腕を左に捻っている動きも緩慢になり、
本来よりもフェースが開いてボールに向かいます。

フェースが開く動きはヘッドの重心を中心に開きやすいので、
ヒール側がボールに近づき更にヒールが先頭になり
ヒールに当たるシャンクになります。

シャンクでは一度発生するとしっかり振れなくなり、
シャンクの連鎖になります。

このように体が緩むことで、
思ってもいないトラブルに見舞われることになります。

距離が余ったら左肩は振り出し方向へ向けたまま、
胸から下の体幹全体を足元からオープンにすることを
しっかり覚えておいて実行しましょう。

ターゲットを狙う

また、体幹がオープンになることで、
ターゲットに狙いを付けやすくなります。

昔、サム・スニードがパッティングで体の正面をターゲットに向けて、
股の間からパターをストロークしたら良く入ったらしいです。

ところが、その動きを封じるためにルールが追加され、
打ち出しラインを跨いだり踏んではいけないとなりました。

しかし、そのことでも理解できるように、
ヒトは狙う方向に体を向けるほどより良い動きができます。

実際、胸から下だけでも打ちたい方向に向けるだけで、
狙っている感じが湧いてきます。

外から見てもそうですが、
ショットやパッティングをする本人ではなおさらです。

飛びすぎ防止

体幹をオープンにすることのもうひとつのメリット、
飛びすぎでのトラブルを阻止する効果を詳しく見てみましょう。

距離が余っている状況では
グリーンを狙っているとか林から脱出するなど、
飛びすぎると大きなトラブルになる状況が多いです。

林から飛ばしすぎると、また林の中などになります。

そのようなときに狙った距離以上絶対に飛ばない対策は、
大叩きのストーリーを歩まないために重要です。

スタンスをオープンではなくクローズにすると、
ボールヒットに向かって左サイドにスペースがないことで
手元が詰まってフェースを閉じやすくなります。

長いアイアンになるほどロフトが立っても
ヘッドスピードが速くなければボールは飛びませんが、
ショートアイアンほどヘッドスピードに関係なく飛びます。

グリーン近くでの大叩きほど悔しいものはありません。

ドライバーで飛ばす以外は、狙った距離以上は
絶対に飛びすぎないことが大叩き防止の要です。

クローズでは不意に飛びすぎる危険があるので、
その逆のオープンにすれば良いです。

オープンに構えることで左サイドにはより大きなスペースが空き、
何も引っかかることなくスムーズに手元とクラブが抜けていきます。

そうすれば、飛びすぎをかなり防ぐことができます。

腰をフルターンしやすいために

また、フィニッシュしておへそが振り出し方向を向くフルターンなら、
体の回転がいつも同じだけターンすることで再現性良くスイングできます。

体幹のターンが中途半端では、下半身が出すパワーは安定しません。

更に何度左回転とか調整するより、
おへそは振り出し方向を向けてしまうとしたほうが
きっちり決まった量ターンできます。

そこでフィニッシュしたらおへそが振り出し方向を向く、
フルターンするようにします。

そうすれば下半身の大きなパワーを使い切ることができて
ボールを限界まで飛ばすことができ、
更にはアプローチでタッチも安定します。

ところが股関節と膝関節の内旋角度の平均はそれぞれ
40度と30度ですから合計で70度で、
足首は足裏を地面に着けていたら内旋角度はほぼゼロです。

そのため脚全体の内旋角度は全体でだいたい70度となり、
腰をフルターンさせるためには20度足りません。

そこで左足つま先を少し開くことや距離余りでの体幹のオープンで、
この20度足りない分を補うことができます。

そうすれば楽々フルターンできて、
パワーと再現性の両方を手に入れやすくなります。

距離が余ったら左肩は振り出し方向を向けたままで、
体幹から下をオープンにしてやさしくゴルフを楽しみましょう。
 

では、また。
 

<本日のオススメ>

先週あなたにご案内した
「トバシアアイアン」ですが

ご案内していた通り、
用意していた50本は完売したのですが…

実はほんの少しだけ、増産しました。

ですので見逃していた方は
お早めにどうぞ

http://g-live.info/click/tvex7_1902/

The following two tabs change content below.
大森 睦弘

大森 睦弘

大学卒業後、世界でも有数な大手電機メーカーに勤務。社内の中央研究所や外部機関の客員研究員(東京大学)など、研究開発に従事。その類まれな分析力と強靭なメンタルは、ビジネスでの成功だけにとどまらず、スポーツでも発揮。国民体育大会アルペンスキーで優勝など、その競技力と長年の指導実績から、神奈川県アルペンスキーコーチとしても活躍。 その後、会社を早期退職し、ゴルフのインストラクターを養成するコースを卒業。卒業と同時に、コーチとして、プロ、ジュニアや一般の方々へのコーチング、ツアーキャディーなど、幅広い層に対するコーチングを行った。特にメンタルテストで「トップアスリートとして通用するレベル」と診断され、その強いメンタルを作りあげた経験を元に、メンタル面のサポートも行う。 現在、フリーのコーチとして独立。一般の方の本当の気持ちになって、どんなことでもとことん説明するなど、今まで納得できなかったと言われたことにも、やさしく解説することを信条としている。さらに、分析能力の高さを生かしてコーチングの仕事に従事するかたわら「ゴルフでのからだの使い方」をやさしく紐解くことで、ゴルフを普及させる活動を行なっている。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: シャンク, ダフリ, トップ, ビデオ, フルスイング, 新着ビデオ | 投稿日: | 投稿者:
大森 睦弘

大森 睦弘 について

大学卒業後、世界でも有数な大手電機メーカーに勤務。社内の中央研究所や外部機関の客員研究員(東京大学)など、研究開発に従事。その類まれな分析力と強靭なメンタルは、ビジネスでの成功だけにとどまらず、スポーツでも発揮。国民体育大会アルペンスキーで優勝など、その競技力と長年の指導実績から、神奈川県アルペンスキーコーチとしても活躍。 その後、会社を早期退職し、ゴルフのインストラクターを養成するコースを卒業。卒業と同時に、コーチとして、プロ、ジュニアや一般の方々へのコーチング、ツアーキャディーなど、幅広い層に対するコーチングを行った。特にメンタルテストで「トップアスリートとして通用するレベル」と診断され、その強いメンタルを作りあげた経験を元に、メンタル面のサポートも行う。 現在、フリーのコーチとして独立。一般の方の本当の気持ちになって、どんなことでもとことん説明するなど、今まで納得できなかったと言われたことにも、やさしく解説することを信条としている。さらに、分析能力の高さを生かしてコーチングの仕事に従事するかたわら「ゴルフでのからだの使い方」をやさしく紐解くことで、ゴルフを普及させる活動を行なっている。

 

Facebookでコメントする

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。