シャフトがガラスで出来ている…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2019.02.25
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます、小原大二郎です。

ジャック・ニクラウス選手をあなたも
ご存知ですよね。

伝説的なゴルファーの一人です。

彼は、私が頭が上がらないような経歴をお持ちですが
お互いエゴスキューを尊敬していて、実践しているという共通点があります。

ある日、エゴスキューを
生徒さんに説明したところ

ある生徒さんに言われました。

小原さん、
ジャック・ニクラウスの名言について知っていますか?

あれは、小原さんのパッティングとそっくりですね、と。

ほうほう、それはどういうことですか?

と聞くと、彼はこう教えてくれたんです。

ジャック・ニクラウスはこう言いました

『小原さん、知らないんですか?
ジャック・ニクラウスはマスターズに勝ったときにこういったんですよ。

あ、マスターズといえば
超高速グリーンで知られてますよね。

彼は優勝したときに、パターが絶好調だったんですが

「(パターの)シャフトが繊細なガラスで出来ているとイメージしていた」

とマスコミに言ったそうなんです。

それは、どういうことかというと
ジャック・ニクラウスが打つときに自分のパターがまるで
シャフトがガラスで出来ているようにイメージしていたそうなんです。

手先で無理に上げたり、
強くインパクトをしたり
早く振りすぎてしまうと

簡単にパターのシャフトが折れてしまうんじゃないか。
ということを気にしていたんですって!

優しくストロークする。
ということを心がけていたそうなんですよ。

これは、まるで小原さんが実践している
やらかいタッチに似ていると思ったんですよ!』

そんな話をしてくれました。

生徒さんの話は、わかりやすくて
私への思いやり?もあいまってありがたかったです。

レッスンの終わり際には、
私も気持ちよく

「また、来てくださいね」

と笑顔になってしまいました。

それで、私のパッティングが
実際に彼のガラスのストロークのように
優しいタッチか、までは検証したことがないのですが

改めて、生徒さん方のストロークを思い出すと

「インパクトに向けて加速する」
「テークバックは早くて、ダウンで加速する」
「テークバックは遅くて、ダウンで減速する」

と言った不規則な人が意外に多いように思います。

ジャック・ニクラウスが言うように
もう少し優しくシャフトを扱って上げたほうがいいかもしれませんね。

ですが、
あなたにも考えてほしいのですが
なぜ、パターは優しく打ったほうがいいのでしょうか?

その理由がわかるでしょうか。

それはシンプルで、
優しく打てていないということは
手先で打ってしまっている可能性が高いからです。

あなたも、
ガラスのシャフトを触っているように

グリップは優しく
手に力を入れずに
体幹で打つイメージを身に着けてみましょう。

ー小原


追伸:
先日、ジュニアゴルファーを
プロゴルファーにします、と告知しました。

すると、たくさんの方から問い合わせをいただきました。

そこで、
お子さんにゴルフを体験させて
新たなジュニアゴルファーの創出とプロゴルファーを目指す
体験会を実施することにしました。

もし、興味があればこちらにいらしてください。

http://g-live.info/click/junior1902/

<本日のオススメ>

なぜ、ゴルフクラブは
しなる素材で作られているか知っていますか?

バットのように木の棒で
ゴルフをしては行けなかったのでしょうか?

なぜ、カーボンシャフトは
飛距離が伸びると言われているのでしょうか?

その理由は、、、

http://g-live.info/click/tvex7_1902/

The following two tabs change content below.
小原 大二郎

小原 大二郎

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: メルマガ, 小原大二郎, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
小原 大二郎

小原 大二郎 について

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。

 

Facebookでコメントする

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。