【ビデオ】正面から見て逆くの字やってますか

2019.03.17
ohmori

From:大森睦弘
岐阜の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は
 

 「正面から見て逆くの字やってますか」
 

というお話をさせていただきます(ビデオ&おまけあり)。
 

体の正面から見て、
上半身と下半身でできる形が逆くの字になっていないと、
スイング中にさまざまな問題を発生します。

そもそも逆くの字とは。。。

(続きはビデオにて)

正面から見て逆くの字やってますか

スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。

 
 

(おまけ付き)
今回のメールマガジンの内容をPDFでもご覧になれます。
こちらからクリックしてダウンロードして下さい。

http://g-live.info/click/omrpdf190317/

※印刷してファイルなさる方にはこちらが便利です。

右脚で地面を踏みやすくなる

逆くの字とは、上半身が右に傾き
下半身が真っ直ぐに立った形より全体に左に傾いて
まさに平仮名の「く」の字を左右反転した形になることです。

右脚で地面を縦に簡単に踏めるために、逆くの字が貢献します。

逆くの字になっていて頭が右膝の真上辺りにあることで、
右脚で地面を真っ直ぐに踏もうとしたときに
右脚の骨格の方向に対して縦に踏みやすくなります。

ドライバーショットでスタンスの幅を
肩幅以上ぐらいに広げていた場合、右脚は左に倒れています。

頭が左にあるほど、右脚は左に倒れる力を多く受けます。

そのため頭は右にあって右膝の真上辺りに頭があると、
右脚は骨格の方向に対して縦に踏みやすくなります。

そして、ボールヒットでクラブが左に振られる反作用で
下半身が右回転させられる力を効率良く受け止めるためにも、
頭は右膝の真上にあると良いです。

頭の不要な移動を抑えられる

また、スタンスの幅が広めのセットアップからバックスイングで
右脚を骨格の方向に縦に踏もうとしたら、
腰を右にシフトさせてくる動きになります。

このとき頭が体の真ん中にあると、
背骨の先端にある平均で6kgもの重い頭を右に動かすことになります。

力のやりとりが小さいバックスイングで
軸の先端の重いものを動かすほど難しい動きとなります。

そのためセットアップで頭を予めトップ近くに置くほど、
バックスイングは簡単で楽になります。

逆くの字のつくり方

逆くの字つくり方を見てみましょう。

まずは真っ直ぐ立って左右の手の前後差を意識して、
シャフトが右斜め前に出る形でグリップします。

そこから、両股関節を曲げて体を真っ直ぐに前に曲げて
ヘッドを地面に落とします。

そうするとヘッドはかなり右にあるので
そこから左肩上にあげるようにして、
ヘッドを左に動かしてボールの後ろにセットします。

ドライバーなどシャフトが長くなるほど、
左肩のあがり具合は大きくなります。

左肩を上にあげることで上半身が右に傾き、
重心も右に移動します。

しかし、両脚で地面を踏んでバランス良く立ちたいので、
頭の位置はそのままで腰を左にシフトさせて両足均等荷重にします。

そうすると手元は自然に左股関節前にセットされ、
左腕は遠心力で引っ張られたようにスッと伸びた形になります。

左手首はほぼ真っ直ぐで、右手甲側に折れた形になります。

右手甲側に折れることで
ダウンスイングで右手甲側に折れるヒンジもできやすく、
すくい打ちやパンチなどを阻止することもできます。

ときどきで良いので、
正しい逆くの字のセットアップを作るようにして
その形を定着させましょう。

コックが入れやすい

逆くの字にはまだまだメリットがあるので、
もう少し見てみましょう。

逆くの字だと左肩が上にあがっている形です。

そうすると、バックスイングで
手首が親指側に折れるコックを入れやすくなります。

バックスイング開始で左肩の力を抜いて
重力で下に落とすようにすると、左肩が左腕を押して
左腕がグリップエンド側を押しさげます。

そうすると右腕を支点として
グリップエンド側が力点となって押しさげられることで、
作用点としてのヘッドが上にあがるコックができてきます。

左肩が高いことで左肩が重力で落ちる落差で
コックを作る原動力に加勢できるので、コックが楽に入れられます。

ゴルフは体の動きはできるだけコンパクトで、
ヘッドはたくさん動かしたほうが精度とパワーの両立ができます。

そのための要がコックです。

左肩肩甲骨の胸の方向へのスライドが、
テコの原理で増幅されてヘッドが大きく動きます。

なんとセットアップで逆くの字にすることで、
ヘッドを大きく動かすコックが楽に使えます。

スタンスの幅を広げやすい

スタンスの幅は広げるほど股関節の可動域が増えて、
脚をたくさん伸ばすことができます。

下半身がそれだけ大きく動けることで、
下半身のパワーをより多く使って
上半身にエネルギーを溜めることができます。

ドライバーでボールを遠くまで飛ばしたいなら、
スタンスの幅を広くして下半身を目一杯使って飛ばします。

スタンスの幅を狭めたほうが腰を回しやすいと言われたりしますが、
それは脚を捻って腰を水平回転させようとした場合です。

しかし、脚の捻りや腰の水平回転では
上半身の前傾角度を維持するために
上半身を横に曲げるコントロールなどが必要で難しい動作となります。

さらに体幹を横に曲げるためには、
体幹全体をゆるめなければなりません。

体幹がゆるんで一枚板になれないと、
下半身の動きで肩甲骨周りをしならせることはできず
能力の限界まで飛ばせません。

また、脚を捻る動きでは力の方向は
脚の骨格の方向の横方向になるため、
効率良くパワーを出し切ることはできません。

足に対して横方向の力が必要になるほど、
特にバンカーなど足場の悪いとことでは足元がずれて
精度良くスイングできません。

脚は骨格の方向に向かって縦に使うことで、
お尻の大きな筋肉である大臀筋などの強力な力を
清々と利用できます。

ターゲットを狙いやすい

さらに逆くの字だと、ボールの後ろに頭がくることで
ボール越しにターゲットを見ることができます。

昔、サム・スニードがパッティングで
体の正面をターゲットに向けて、
股の間からパターをストロークしたら良く入ったらしいです。

ところが、その動きを封じるためにルールが追加され、
打ち出しラインを跨いだり踏んではいけないとなりました。

しかし、そのことでも理解できるように、
ボール越しにターゲットを見るほどよい良い動きができます。

逆くの字にすることで、
ターゲットを狙った感じが強く出せますから
是非やりましょう。

たかが逆くの字とは言え、スイング動作だけではなく、
気持ちをターゲットに集めることにも大きく貢献します。

逆くの字を軽視しないで、しっかりやりたいものです。
 

追伸:あなただけへの特別なご案内…

最後までこのメールマガジンを読んでくださった
ゴルフに対して真剣なあなただけに。。。

こちらのご案内をご用意しました。

今回お話ししたようなスイングの本質的な内容を
より詳しく学んで、ボールを遠くに飛ばしたいのなら。。。

ぜひこちらに一度、目を通しておいて下さい。

続きはこちらをクリック
 

決してあなたに損はさせません。
 

では、また。
 

<本日のオススメ>

「スコアアップのカギはショートゲーム…」

これはゴルファーであれば、
ほぼ全員が知っていることだと思います。

ですがそのショートゲームに使うウェッジが
あなたのスコアを邪魔しているとしたら…

そこで徳嵩フィッターは「操作性」と「打ち易さ」という
この相反する2つの要素をバランス良く組み込むことで…

あなたのスコアメイクの力強い味方となる
ウェッジを開発することができました。

スコアアップのカギを手に入れたいならコチラをクリック!

15セット限定。残数わずかです

The following two tabs change content below.
大森 睦弘

大森 睦弘

大学卒業後、世界でも有数な大手電機メーカーに勤務。社内の中央研究所や外部機関の客員研究員(東京大学)など、研究開発に従事。その類まれな分析力と強靭なメンタルは、ビジネスでの成功だけにとどまらず、スポーツでも発揮。国民体育大会アルペンスキーで優勝など、その競技力と長年の指導実績から、神奈川県アルペンスキーコーチとしても活躍。 その後、会社を早期退職し、ゴルフのインストラクターを養成するコースを卒業。卒業と同時に、コーチとして、プロ、ジュニアや一般の方々へのコーチング、ツアーキャディーなど、幅広い層に対するコーチングを行った。特にメンタルテストで「トップアスリートとして通用するレベル」と診断され、その強いメンタルを作りあげた経験を元に、メンタル面のサポートも行う。 現在、フリーのコーチとして独立。一般の方の本当の気持ちになって、どんなことでもとことん説明するなど、今まで納得できなかったと言われたことにも、やさしく解説することを信条としている。さらに、分析能力の高さを生かしてコーチングの仕事に従事するかたわら「ゴルフでのからだの使い方」をやさしく紐解くことで、ゴルフを普及させる活動を行なっている。
カテゴリー: インパクト, コック, スイング, スイング理論, スタンス, ビデオ, 新着ビデオ | 投稿日: | 投稿者:
大森 睦弘

大森 睦弘 について

大学卒業後、世界でも有数な大手電機メーカーに勤務。社内の中央研究所や外部機関の客員研究員(東京大学)など、研究開発に従事。その類まれな分析力と強靭なメンタルは、ビジネスでの成功だけにとどまらず、スポーツでも発揮。国民体育大会アルペンスキーで優勝など、その競技力と長年の指導実績から、神奈川県アルペンスキーコーチとしても活躍。 その後、会社を早期退職し、ゴルフのインストラクターを養成するコースを卒業。卒業と同時に、コーチとして、プロ、ジュニアや一般の方々へのコーチング、ツアーキャディーなど、幅広い層に対するコーチングを行った。特にメンタルテストで「トップアスリートとして通用するレベル」と診断され、その強いメンタルを作りあげた経験を元に、メンタル面のサポートも行う。 現在、フリーのコーチとして独立。一般の方の本当の気持ちになって、どんなことでもとことん説明するなど、今まで納得できなかったと言われたことにも、やさしく解説することを信条としている。さらに、分析能力の高さを生かしてコーチングの仕事に従事するかたわら「ゴルフでのからだの使い方」をやさしく紐解くことで、ゴルフを普及させる活動を行なっている。

 

Facebookでコメントする

【ビデオ】正面から見て逆くの字やってますか」への4件のフィードバック

    1. 大森 睦弘大森 睦弘 投稿作成者

      ついでながらFacebook、Instagramではコーチングでご質問を受けたことなどもアップしています。以前や今回リクエストのあった呼吸については、本日にでもすぐに投稿しようと思いますので見いただければと思います。

      Facebook、Instagramで「大森」で検索していただけたら私の投稿をたどれます。

      Facebookなら下記のURLになります。
      https://m.facebook.com/glohmorimutsuhiro

      返信
  1. YAYASU

      おはようございます。セットアップで頭の位置を確認したところ、膝と膝の真ん中になっておりました。右膝の上にしたところ、少し違和感がありましたが身になるようにします。有難うございました。
      別件でありますが、お願いがございます。
    ビデオ&おまけで、セットアップからフィニッシュまでの呼吸法をご指導お願いいたします。ビデオにてご指導して頂くことを
    くどくお願いたします。
      先生の体育生理学等は素晴らしいです。

    返信
    1. 大森 睦弘大森 睦弘 投稿作成者

      C1:「セットアップで頭の位置を確認したところ、膝と膝の真ん中になっておりました。右膝の上にしたところ、少し違和感がありましたが身になるようにします」

      逆くの字は案外大切ですから、しっかり慣れるようにしましょう。

      C2:「ビデオ&おまけで、セットアップからフィニッシュまでの呼吸法をご指導お願いいたします。ビデオにてご指導して頂くことをくどくお願い」

      以前、簡単に文章で回答させていただいています。ビデオなどの準備は撮り溜めもあり、すぐにはお送りできませんので、もうしばらくお待ちください。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。