アドレス時の左ひざ…どれだけ曲げる?

2019.05.07
ezure

From:江連忠
神戸の自宅より、、、

こんにちは、プロゴルファーの江連忠です。
 

今回は、
 

 「アドレス時の左ひざ…どれだけ曲げる?」
 

というテーマで、お話ししたいと思います。
 

このような質問をいただきました。
 

 「私はアドレスの時に突っ立ちすぎると言われます。

  ゴルフ仲間からは

  『もう少し両ひざを曲げて構えたほうがいい』

  と言われたのですが。。。」
 

はい、とても難しい質問なんですが、
まずはじめに知っておいていただきたいのは、

質問の全文

> 私はアドレスの時に突っ立ちすぎると言われます。
>
> ゴルフ仲間からは
>
> 「もう少し両ひざを曲げて構えたほうがいい」
>
> と言われたのですが、曲げすぎると動きにくくなるし
> その度合いがわかりません。
>
> アドレスの時、ひざはどのくらい曲げたらよいのか
> 教えて下さい。

 

とても難しい質問なんですが、
まずはじめに知っておいていただきたいのは、
 

 ・ひざというのはスウィング中、
  自然に曲がったり伸びたりする

 ・しかし、決して自分の意志で曲げたり、
  伸ばしたりするものではない

 

ということです。
 

アドレスの際の適正なひざの角度は人によって様々で
自分に合ったひざの角度を見つけることが、とても大切です。

そして、自分に合ったポジションであれば
実は極端な話、それが突っ立っているように見えようが
問題はないのです。

では、自分に合ったポジションはどこか?

その話に入る前に、まず
ひざの役割を再確認してみましょう。
 

ひざ(関節)は、
 

 ・スウィング中に発生した衝撃を
  クッションとなって受け止める

 ・体のエネルギーをクラブ、ボールに
  効率よく伝える

 

こうした役割を果たしています。
 

この根本的な役割を見落としていて、
適切なヒザのポジションが見つけられずにいる
アマチュアの方が多いと感じます。

それを前提として、私の考える
理想的なヒザのベストポジションの見つけ方ですが。。。

膝の角度がキープしやすいポジション

ポジションの見つけ方の手順は、
 

 1.ややヒザを曲げる

 2.スクワットの要領で、腕を前後に大きく振る

 3.真横から見てヒザの高さが変わらない位置を見つける
 

この動作を、ヒザの角度をいろいろと変えながら
試してみてください。
 

そうすると、ヒザを曲げすぎても、伸ばしすぎても、
ヒザのポジションが安定しないことに気づくと思います。
 

そうやって、真横から見て
ヒザの高さが変わらないポジションを見つけてみましょう。

理想的なヒザの角度で構えると、
誰かに体を押されてもバランスを保つことができます。
 

あるいは、アドレスのスタンスで立った状態で、
軽くジャンプしてみるのもよいやり方です。

着地した時のヒザの形、角度は、
クッションとなって受け止める
理想に近いものになっているはずです。
 

このようにして、自分に合ったひざの角度が見つかったら
あとは伸び伸びとスウィングを楽しんで下さい。
 

他の人に何を言われても、もうこれで大丈夫です。
 

簡単にできるので、ぜひお試しください。

追伸:このメルマガ読者限定のご案内
(特別セミナー開催)

実は今月、ゴルフライブで私のセミナーを開催します。

 「江連忠のベン・ホーガン・スウィングセミナー」

一部の方だけにご案内しているのですが
このメールマガジンの読者限定で特別にご案内します。

席数が残り少ないようですので
今のうちに、下記よりチェックしておいて下さい。

コチラをクリック
 
 

 真剣であることが、唯一のゴルフの楽しみ方。

 ゴルフは人生を豊かにする素晴らしい方法。
 
 

江連忠でした。
 

<本日のオススメ>

現在、大森睦弘コーチが公開している
ゴルフが勝手にうまくなる
「サイエンスハック」では…

あなたの脳を活性化しコントロールして
無意識のうちにゴルフが上達する方法を
公開しています。

なぜ、脳がクリアに働いていれば
多少のスイングの乱れがあったとしても
取り返すことができるのか?

コチラをクリック

期間限定。明日5/8(水)で終了

The following two tabs change content below.
江連忠

江連忠

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。
カテゴリー: アドレス, セットアップ, メルマガ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
江連忠

江連忠 について

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。

 

Facebookでコメントする

アドレス時の左ひざ…どれだけ曲げる?」への1件のフィードバック

  1. YAYASU

     アドレス時の膝のこと、悩んでおりスッキリしました。有難うございました。

     もう一つ悩んでおります。3Wのみ苦手です。ご指導をお願します。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。