【LINE】傾斜地でミスヒットしないためには

2019.10.02
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、



こんばんは、小原です。

今週もLINE友だち限定の
Weekly動画レッスンを
はじめていきたいと思います。

今日のテーマは、

苦手な人が多いであろう
「傾斜地での打ち方」です。



傾斜と言えば
・つま先下がりの傾斜
・つま先上がりの傾斜
・左足上がりの傾斜
・左足下がりの傾斜

がありますが、
今日ご紹介するのは
『左足下がりの傾斜』

実はこの傾斜が
一番難しいと言われています。

しかし、
今日の動画でお話している
ワンポイントさえ抑えれば

かなり安定してショットを
打てるようになるでしょう。



せっかく良いペースで
コースを周っているのに
傾斜地でミスヒットしてしまったら
勿体ないですからね。

このワンポイントは
練習を繰り返す、
というより「覚えておく」ものです。

ぜひ次のラウンドで
左足下がりの傾斜に出会したら
思い出して実践してみて下さい。




最初に上げた4つの傾斜は、

・つま先上がり  ・左足上がり
・つま先下がり  ・左足下がり

というグループに分けられます。



つま先上がり、つま先下がりは
全く別の話になってしまいますが、

今回のアドバイスの左足下がりと
その逆のパターンである左足上がりは
アドレスまでは同じです。

たとえ傾斜が左足上がりだとしても
地面と垂直になるようにアドレスして下さい。

それだけでも安定感が増すと思います。



また今度、別の機会があれば
今日詳しく紹介できなかった
つま先上がり、つま先下がり、左足上がりの
傾斜についてもご紹介します。



小原大二郎


 


追伸:

今日のワンポイントアドバイスは
いかがでしたか?

あなたは日頃から、
傾斜に垂直に立ち、
スイング出来ていましたか?

傾斜に垂直に立つことで
感覚は違ってしまいますが、
いつも練習しているビジネスゾーンが
活かせるスイングができるようになります。

ぜひ傾斜地でも変に強張ることなく、
日頃からのビジネスゾーンの練習成果を
存分に発揮してくださいね。

そして、
まだビジネスゾーンの練習を
開始していない方は、、、

間違ったスイングで
変な癖をつけてしまう前に、
この本をお手にとってください。


詳しくはこちら »

The following two tabs change content below.
小原 大二郎

小原 大二郎

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。
カテゴリー: 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
小原 大二郎

小原 大二郎 について

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。

 

Facebookでコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。