上手くなる人ならない人、その差はコレ…

2020.03.10
ezure

From:江連忠
宮古島の自宅より、、、

こんにちは、プロゴルファーの江連忠です。
 

さて、今回は、
 

 「上手くなる人ならない人、その差はコレ…」
 

というテーマで、お話ししたいと思います。

今日のタイトル。。。
ズバリ、なかなかゴルフがうまくならない人というのは、

自分の感覚をつかもうという努力をしない

うまくならない人のもう一つの特徴として、
 

 「(打った)その時にしか考えない」
 

というのもあるのですが、
それよりも一番大きいのはやはり
 

 「自分の感覚をつかもうという努力をしない」
 

ことだと思っています。
 

どういうことかを説明する前に、あなたに質問です。
 

そもそも「感覚」というのは、どこにあるのでしょうか?
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 
 (どうでしょうか。。。?)
 
 ・
 

 ・
 

 ・
 

はい、では答えは

感覚は、自分の中にある

当たり前の答えだと思ったかもしれません。。。
 

そもそも感覚というのは、ヘッドにはありませんし
シャフトにもありません。
 

自分の中にしか、ないわけです。
 

ですが多くの方が、
いざボールを前にしてスイングをすると。。。
 

シャフトで、あるいはヘッドで
打ってしまうわけです。
 

そして、ミスが出ます。
 

一方、上手い人というのは、目などから入ってきた情報と、
そこから作られるイメージによって、
身体が勝手に反応します。

それはつまり、ボールから一番遠いところ
(簡単に言えば脳)が、コントロールしていると言えます。
 

そういう意味で言えば、
 

 「ボールを見ている人で上手い人は、あんまりいない」
 

という図式が成り立つとも言えます。
 

これはあくまで僕の感覚ですが
思うようにスコアという結果が出ないゴルファーの方は。。。
 

アドレス時にだいたい「9:1ぐらい」で
ボールばかりを見ているのではないでしょうか。

上手い人は、音が見える、色が見える

一方、上手い人というのは逆に
打ちたい球筋や、止めたい場所などを
イメージとしてちゃんと「見て」います。

プロゴルファーたちというのは、
そのイメージを見ている時に
 

 ・シューン、シューンという弾道やそのスピード

 ・あるいは「パシャーン」や「カツーン」といった
  その弾道によって生まれる音までもが

 

そんな、本来なら見えないものが
「見えて」しまっているのです。
 

ということで、ゴルフが上手くなるためには
頭の整理や心の整理も大事なんですが、

一番大切なのは、見えるものであれ
見えないものであれ「見る」ということなのです。
 

特に、何していいのかわからないという人ほど
この「見る」ということを怠っているので。。。
 

打ちたい方向をしっかり見ながら、
そこに打ちたい球筋や、止めたい場所を
見るしかないのだと思います。

最初はわからなかったとしても、
そういう努力をすることで
あなたのゴルフは確実に変わると思います。

追伸:特別なビデオ… 明日削除します

今日お話しした内容は、
こちらのビデオで伝えていることを
ダイジェスト的にまとめたものになります。

コチラをクリック

ちょっと内容的オフレコトークも満載で
あまり長いこと公開にしておきたくないので、
明日には削除します。

どうぞお早めに、見ておいて下さい。

ちなみにビデオは、私の今の本拠地である
宮古島で撮影されました。

コチラをクリック
 
 

 真剣であることが、唯一のゴルフの楽しみ方。

 ゴルフは人生を豊かにする素晴らしい方法。
 
 

江連忠でした。
 

The following two tabs change content below.
江連忠

江連忠

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。
カテゴリー: スイング, スコアアップ, プロツアー, メルマガ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
江連忠

江連忠 について

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。

 

Facebookでコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。