【ビデオ】ボールヒット劇的改善ティー上通過素振り

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020.04.19
ohmori

From:大森睦弘
岐阜の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は
 

 「ボールヒット劇的改善ティー上通過素振り」
 

というお話をさせていただきます(ビデオ&おまけあり)。
 

私がゴルフを始めた頃にレッスンプロの友達から教えてもらった、
今でもそのときの情景が目に浮かぶ驚きのドリルがあります。

それは「ティー上通過素振り」です。

何気なく練習場でこんなのラウンド前にやってみると
良いよと言われて、やってみたのでした。
すると。。。

(続きはビデオにて)

ボールヒット劇的改善ティー上通過素振り

スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] または[なし] をクリックします。

 

(おまけ付き)
今回のメールマガジンの内容をPDFでもご覧になれます。
こちらからクリックしてダウンロードして下さい。

https://g-live.info/click/omrpdf200419/

※印刷してファイルなさる方にはこちらが便利です。

実際にやってみたら

そして、次のラウンドの直前に
落ちている木の枝を5cmぐらい出して地面に刺して、
10回その枝の上を通過させる素振りをやってみました。

そうしたらビックリしたことに、
絶大な効果がなんと18ホールも続いたのです。

ショットは曲がらないし、今までにない驚きの飛距離が出て
最高のラウンドとなりました。

その頃は3番アイアンなんて難しいクラブを入れていたのですが、
ボールも適切にバックスピンであがって、
最初のホールのロングホールでも楽々の2オンには驚きました。

「ティー上通過素振り」のやり方は、次のようになります。

(1)地面に約5cm出るように刺したティーや枝などを、
   ボールと思ってセットアップ

(2)本当にボールを打つ感じでスイングしながら、
   ティーなどにヒットさせないでその上をヘッドが通過するように
   絶対に自分からは振りにいかない

(3)注意点:
   ボールに見立てたティーなどに向かうダウンスイングで、
   上半身を起きあがらせない

これを目一杯振ったフルショットのイメージで10回連続成功できたら、
18ホールその魔法は効果を発揮します。

まずは、騙されたと思って、練習場でやってみましょう。

壁すり抜け素振りの感覚に近い

実は、以前にお伝えした
「ボールヒットの本当の感覚を体験する壁すり抜け素振り」の感覚に
「ティー上通過素振り」はかなり近いものになります。

「壁すり抜け素振り」では、クラブが当たっても問題ない
ネットなどの前で真っ直ぐに立った状態でクラブを振りながら
ネットなどにヘッドを当てないドリルでした。

まさに、自らは絶対に力でリリースしないことを
体験するためのドリルです。

「ティー上通過素振り」でも同じで、普通に振ったら
ヘッドがボールなりティーなどに当たってしまう状況のなかで、
当てないようにリリースを抑えることになります。

「ティー上通過素振り」のコツ

そして、「壁すり抜け素振り」と同様のコツが、
「ティー上通過素振り」にもあてはまります。

それは、ティーなどに向かう直前で左脚で地面を蹴るときに、
上半身全体を力で固めることです。

ヒトの筋肉には長さに反応するセンサーがあり、
筋肉が伸ばされるとそのセンサーが反応します。

そして、伸ばされたことに反応した信号は脊髄に到達して、
脊髄からは伸ばされた筋肉を縮める信号が発信されます。

この信号は「伸張反射」と呼ばれます。

筋肉が伸ばされるスピードが速いほど
「伸張反射」も大きな信号になり、
対応する筋肉をより強く収縮させようとします。

この動きは、大脳が関係していないので
力を出している感じがしません。

そして、神経の伝達速度を見ると、ざっとした分類になりますが
大脳からの運動神経伝達速度 15〜40m/sに対して、
伸張反射伝達速度 70〜120m/sとなっています。

これは伸ばされている筋肉が「伸張反射」で
収縮しようとする場合は、自ら縮めようとするよりも
2倍以上ぐらい高速に伝わることを示しています。

さらに筋肉が伸ばされている最中に縮もうとする
「伸張性収縮」では、短くしながら縮もうとする
「短縮性収縮」よりも倍以上のパワーを出せます。

まさに軽く振ったのに飛んだと言う、
誰でも一度や二度は経験のある何とも気持ち良いショットのときが
「伸張反射」に誘発された「伸張性収縮」動作です。

クラブを脚で目一杯振ると、ティーなどに当たる直前の
脚の動きでの体幹の加速で上半身の特に左肩甲骨周りには
「伸張反射」が発生してクラブをリリースさせます。

そこで、上半身全体をティーなどに当たる直前だけ
固めようとすることで、ティーなどの直前での
体幹の鋭い回転の加速でも上半身がしなりません。

その結果、「伸張反射」が発生しないでリリースが抑えられます。

そして、実際のショットではボールヒット直前に
上半身を力で固めることをやめるだけで、
「伸張反射」の恩恵を存分に味合うことができます。

起きあがり防止対策

起きあがっていたのでは、
「ティー上通過素振り」の恩恵に預かることはできません。

起きあがり防止対策としては、頭を下に落とすというか、
むしろ右下へ落とすようにします。

ボールヒットに向かってヘッドがグングン加速して
速度が急激に速くなることで、
遠心力が急増することに耐える体勢をつくるイメージです。

ヘッドスピードと遠心力は相関関係が強いので、
遠心力に対応しやすい体勢を整えるだけで
ヘッドスピードはアップします。

トップに向かう切り返しから両股関節を入れて
両脚で地面を踏もうとすることで上半身全体が少し下に落ちると、
その後頭も落としやすくなります。

右膝外回りに注意

ところで、ダウンスイング序盤で脚を使おうとすると、
いきなり腰を回そうとしてしまう悪い動きを
やってしまいやすいものです。

トップでは右脚でしか立っていないので、
その状態で腰を回そうとすると右脚だけで
腰を水平に回そうとしてしまいます。

そうすると、右膝がボール方向へ出ながら
右脚を左に送ろうとする右膝外回りになります。

右膝外回りでは腰は水平に回ろうとするため、
骨盤から上の前傾角度を維持するためには
腰から首の付け根である体幹を右に曲げなければなりません。

また、右膝外回りでは両腿の間が開いて、内転筋群が緩みます。

内転筋群が緩んでいては、脚を縦に伸ばすパワーをしっかり出せません。

腿の骨である大腿骨はLの字になって、骨盤の横から付いているため、
腿の内側を締めておかなければ脚は横に開こうとしてしまうからです。

そのため、脚を縦に精度良く蹴ってパワーを発揮するためには、
まずは内転筋群を締めておかなければなりません。

右膝外回りでは体幹を曲げる難しいコントロールが必要になるばかりか、
脚を縦に使うパワーが発揮できないという二重のマイナス要因となります。

アイアンショットでの変化

ところで、アイアンショットで番手が長くなっても思ったように
飛距離が伸びなという悩みがありませんか。

そんな場合は、すくい打ちになっています。

すくい打ちではリリースが早く、
右手甲側へ折れるヒンジがボールヒット前に解けています。

そのため、ヘッドは加速ではなく減速しながら
上昇軌道でロフトが大きくなりながら
ボールにヒットすることになります。

そうすると、ボールに当たり負けして
フェースの向きが変化しやすいことに加え、
ヘッドスピードに対するボール初速であるミート率も悪くなります。

そして、実質ロフトが大きくなるために、
番手なりの飛距離が出なくなります。

そこで、「ティー上通過素振り」で自らは力でリリースしないことを
体験すれば、すくい打ちの程度が緩和されて
長いアイアンほど番手なりの飛距離になってきます。

ドライバーショットでの変化

「ティー上通過素振り」でミート率が劇的に良くなることで、
アイアン同様飛距離が伸びて方向性も良くなります。

特に加速しながらのボールヒットで、
ヘッドにボールが乗るというかヘッドの上でボールが潰れるとか
ボールが柔らかく感じるようにもなります。

まさに気持ちよくボールに当たる感じが、
今まで経験のないレベルで体験できます。

単にヘッドスピードが速ければ良いのではなく、
ヘッドが加速しながらボールヒットすることの気持ちよさを体験できたら
ゴルフは気持ち良くてますます楽しくなります。

もし、それまでしなりを使ったスイングができていないとしたら、
「ティー上通過素振り」を正しくできると、
別世界を感じることができます。

今までのショットでのスイングのイメージとは
まったく別の動きを体験することになります。

追伸:こうしたドリルでスイングの基礎を作るなら…

そして、私が提唱するスイングスキルの初歩、
サンド・ウェッジで15yキャリーさせる
「SW15yC」練習をイチから学びたいなら。。。

私が監修した「ショット基礎アプローチ」(SW15yC)
下記のプログラムで身につけていただけます。

詳細はコチラをクリック!

今回、この「ショット基礎アプローチ」(SW15yC)の
入門プログラムを、このメールマガジンをお読みのあなただけに
特別価格(70%OFF)でご提供いたします。

今までのやり方で上手く行かなかったという人は一度、
私のこの考え方の根本に触れていただくことで。。。

あなたの限界を超える、さらなる上の力を
引き出していただきたいと考えています。

なお、ここからなら「最安値」で手に入りますので、
まだ一度もご覧になったことのないあなたは
ぜひ下記をチェックしておいて下さい。

詳細はコチラをクリック!

本案内は、予告なく終了することがありますので、ご注意下さい
 

では、また。
 

The following two tabs change content below.
大森 睦弘

大森 睦弘

大学卒業後、世界でも有数な大手電機メーカーに勤務。社内の中央研究所や外部機関の客員研究員(東京大学)など、研究開発に従事。その類まれな分析力と強靭なメンタルは、ビジネスでの成功だけにとどまらず、スポーツでも発揮。国民体育大会アルペンスキーで優勝など、その競技力と長年の指導実績から、神奈川県アルペンスキーコーチとしても活躍。 その後、会社を早期退職し、ゴルフのインストラクターを養成するコースを卒業。卒業と同時に、コーチとして、プロ、ジュニアや一般の方々へのコーチング、ツアーキャディーなど、幅広い層に対するコーチングを行った。特にメンタルテストで「トップアスリートとして通用するレベル」と診断され、その強いメンタルを作りあげた経験を元に、メンタル面のサポートも行う。 現在、フリーのコーチとして独立。一般の方の本当の気持ちになって、どんなことでもとことん説明するなど、今まで納得できなかったと言われたことにも、やさしく解説することを信条としている。さらに、分析能力の高さを生かしてコーチングの仕事に従事するかたわら「ゴルフでのからだの使い方」をやさしく紐解くことで、ゴルフを普及させる活動を行なっている。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: アイアン, ドライバー, ドリル, ビデオ, 伸張短縮サイクル, 新着ビデオ | 投稿日: | 投稿者:
大森 睦弘

大森 睦弘 について

大学卒業後、世界でも有数な大手電機メーカーに勤務。社内の中央研究所や外部機関の客員研究員(東京大学)など、研究開発に従事。その類まれな分析力と強靭なメンタルは、ビジネスでの成功だけにとどまらず、スポーツでも発揮。国民体育大会アルペンスキーで優勝など、その競技力と長年の指導実績から、神奈川県アルペンスキーコーチとしても活躍。 その後、会社を早期退職し、ゴルフのインストラクターを養成するコースを卒業。卒業と同時に、コーチとして、プロ、ジュニアや一般の方々へのコーチング、ツアーキャディーなど、幅広い層に対するコーチングを行った。特にメンタルテストで「トップアスリートとして通用するレベル」と診断され、その強いメンタルを作りあげた経験を元に、メンタル面のサポートも行う。 現在、フリーのコーチとして独立。一般の方の本当の気持ちになって、どんなことでもとことん説明するなど、今まで納得できなかったと言われたことにも、やさしく解説することを信条としている。さらに、分析能力の高さを生かしてコーチングの仕事に従事するかたわら「ゴルフでのからだの使い方」をやさしく紐解くことで、ゴルフを普及させる活動を行なっている。

 

Facebookでコメントする

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。