質問:年を取ってアプローチが下手になった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021.02.25
tokutake

From:徳嵩力一
千葉のクラブ工房より、、、

こんにちは。プロクラブフィッターの
徳嵩力一(とくたけ・かついち)です。
 

今日なんですが、あなたに
 

 「年を取ってアプローチが下手になった方へ」
 

という話をさせていただきます。
 

このような、単刀直入なご質問をいただきました。
 

> 年を取ってきて、
> 特にアプローチがうまくいかなくなっています。

 

これについては。。。

フィッターの立場から

まず、自分のところに質問をいただいている
という前提に立てば、
 

 「フィッターとしての観点から、
  どんなアプローチのクラブを選んだらいいのか?」

 

についての回答になるとは思いますので、
その前提でお答えしますと。。。
 

その際にはまず、今使っているクラブが
 

 ・今の同じアイアンとセット物の
  ウェッジを使っているのか

 ・もしくは、アイアンセットとは違う
  単品で売っているウェッジを使っているのか

 

たとえばこうしたことによっても、
回答のしかたが少し異なってくるかと思います。

基本的にまず、アイアンと同じセットのものを
使っている場合に気をつけていただきたいのが、
 

 手でひょいとあげてしまうというミスが多く出る
 

ということです。

アイアンと続いているウェッジには基本的に
そのアイアンと同じシャフトが付いています。

そうした場合、ウェッジのショートゲームで
アプローチの動きの時に、クラブが少し軽く
感じてしまうことが少なくありません。

そうすると、この場にいらっしゃるあなたには
何度もお伝えしていることですが、
アプローチが安定しにくくなるわけです。

ウェッジはワンランク重いシャフトが吉

ですので自分たちがフィッティングを
させていただく際、ウェッジに関しては
 

 他のクラブよりも、他のアイアンよりも
 ワンランクほど重たいシャフトをご提案

 

するようにしています。

そうすると、ショートゲームにも
対応しやすくなるからです。
 

また、先ほども少しお話しした
アイアンのセットとは違う単品のウェッジを
入れている場合ですと、

今度はアイアンとのギャップがありすぎることで
うまくいかないということもあり得ます。

ですのではやはり、
ウェッジは必ず他のクラブに対して
「ワンランクだけ重いもの」にしています。
 

 たとえば、90グラムのアイアンシャフトを
 使っている人であれば、100グラムを入れる

 

といった具合に、シャフト重量を調整します。
 

このへんの重さの流れを意識していただくことで、
上手くいくことが少なくないかなと思っています。

ウェッジのヘッド形状、気にしてますか?

次に注目すべきは、ウェッジのヘッドの形状です。

現在、単品で売られているウェッジというのは
大体がいわゆる「出っ歯型」と言われるものです。
 

 出っ歯型:
 クラブヘッドのリーディングエッジが
 シャフトの軸より前に来ているもの

 

特にショートゲームの場合は
シャフトがほとんどしならないので、
そこの歯の出方で早くボールに当たることで。。。

自分の考えるインパクトと
少しずれてしまったりするのです。
 

逆に、出っ歯型ではなく「グースネック」の
ウェッジを使っている場合は、
 

 グース型:
 クラブヘッドのリーディングエッジが
 シャフトの軸よりも後ろに引っ込んでいる形状のもの

 

逆にグース型を使っている場合に
(出っ歯型とは逆に)ヘッドが遅れてしまう、
ということもあります。
 

年齢うんぬんというところとは別になりますが、
こうしたヘッドの形状については
思ったよりも気にしていない方が少なくありません。
 

ですのでこうしたところも、あなたのゴルフと
マッチしているかを知っておくことが

アプローチの成功率を上げることを考えるうえで
重要であると、自分たちは考えています。

フィッティングのご案内

ということで、
 

 「あなたにマッチした最高の一本を提供する」
 

というコンセプトで、
あなたに最適のクラブをご提案させていただく

チーム徳嵩が提供する
「ゴルフパフォーマンスのフィッティング」…
 

引き続き、人数限定で募集をしています。

詳細はコチラをクリック!
 

このフィッティングでは、
 

 ・あなたのクラブに対する疑問、悩みをお聞きして

 ・あなたの現状を診断・分析して

 ・その解消する適切な方法、そしてクラブをご提案
 

完全マンツーマンのため枠数が限られているのですが、

メルマガ読者様に限り、下記にて
若干の空き枠をご用意することが可能です。
 

繰り返しになりますが、
ゴルフパフォーマンスのフィッティングは有料で、
かつ、ゴルフクラブのご提案もさせていただきますが。。。

必ず購入していただく必要は全くありませんので
どうぞご安心してご来場ください。

この機会にぜひ、下記よりお申込み下さい。

詳細はコチラをクリック!

追伸

ということで、今日の話の一部は
以下の「ラジオ」の中でお話ししています。

最近はちょっとした「ラジオ風」にしていますので、
どうぞお楽しみください。
(音が小さいと感じる方はボリュームを上げてお聞き下さい)
 


スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] または[なし] をクリックします。

 

それでは、また次回。

徳嵩力一
 

<本日のオススメ>

小原大二郎のビジネスゾーンの真髄

 『ザ・ビジネスゾーン書籍』

ゴルフクラブとは「車の両輪」とも言える
そのエッセンスが、一冊の本になりました。

Amazonや、書店では手に入りません。
詳細は、こちらをクリック!

詳細はコチラをクリック

特典「300y飛ぶドライブゾーンの秘密」付き
 

The following two tabs change content below.
徳嵩 力一

徳嵩 力一

高校・大学とゴルフ部に在籍。大学卒業後、クラブデザイナーの第一人者である故竹林隆光氏が設立、代表を務めた 株式会社コンセプト(現、株式会社フォーティーン)に入社。当時ゴルフクラブを数値で表して、クラブ設計を行う、中空アイアンの発明、 タラコ元祖UTなど革新的なクラブ設計で著名だった竹林氏の元でクラブ理論、フィッティングを学び、3,000名以上にフィッティングを行う。 また、プロゴルフツアーにも参加し、選手のフィッティング、セッティングの提案に従事。有名ツアープロも多くフィッティングしてきた。 在籍時代に競技出場中の小原プロと出会い、小原プロのクラブフィッティングを担当。その後、小原プロのスタジオ、フォースワンカスタムフィッティングの代表としてアマチュアゴルファーのベストスコア達成に貢献中。これまでにクラブに費やした金額は軽く1,000万を超えるほどのクラブ博士。古今東西あらゆるクラブに精通する生きるゴルフクラブ辞典。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: アプローチ, ウエッジ, ゴルフクラブ, メルマガ, 新着メルマガ, 道具, 重量フロー | 投稿日: | 投稿者:
徳嵩 力一

徳嵩 力一 について

高校・大学とゴルフ部に在籍。大学卒業後、クラブデザイナーの第一人者である故竹林隆光氏が設立、代表を務めた 株式会社コンセプト(現、株式会社フォーティーン)に入社。当時ゴルフクラブを数値で表して、クラブ設計を行う、中空アイアンの発明、 タラコ元祖UTなど革新的なクラブ設計で著名だった竹林氏の元でクラブ理論、フィッティングを学び、3,000名以上にフィッティングを行う。 また、プロゴルフツアーにも参加し、選手のフィッティング、セッティングの提案に従事。有名ツアープロも多くフィッティングしてきた。 在籍時代に競技出場中の小原プロと出会い、小原プロのクラブフィッティングを担当。その後、小原プロのスタジオ、フォースワンカスタムフィッティングの代表としてアマチュアゴルファーのベストスコア達成に貢献中。これまでにクラブに費やした金額は軽く1,000万を超えるほどのクラブ博士。古今東西あらゆるクラブに精通する生きるゴルフクラブ辞典。

 

Facebookでコメントする

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。