スクエアなインパクトを身につけたい方へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021.04.06
ezure

From:江連忠
宮古島の自宅より、、、

こんにちは、プロゴルファーの江連忠です。
 

さて、今回は、
 

 「スクエアなインパクトを身につけたい方へ」
 

というテーマで、お話ししたいと思います。
 

スクエアなインパクトが
なかなか身につかないとお悩みの方には。。。

実際に上田桃子プロなども練習に取り入れている
こんなドリルがオススメです。

それは一体、どのようなドリルか?

短いシャフトのクラブを使ったドリル

今回ご紹介するのは、
フェースコントロールを身につけるのに
最適な練習ドリルです。

どのように行うかと言うと、
短いシャフトのクラブを使ったドリルです。
 

ズバリ、この短いシャフトのクラブで打つ場合、
体重移動が足りなければ、真っ直ぐ飛びません。

ですので、フェース面のコントロールを覚えるには
この短いアイアンで打つ練習が最適です。
 

クラブの準備としては、
 

 ・6番アイアンのヘッドに

 ・25インチの短いシャフトを入れて

 ・総重量は480グラムぐらい(重くします)
 

こうしたクラブを、準備していただきます。

手打ちの人は、ボールが当たらない

このクラブで打つための準備として
もう一つ用意していただきたいのが、
 

 ・地面にブロックなどを置いて

 ・さらにその上にマットを乗せて

 ・地上30センチくらいの位置でボールを打てるように
  いつもとは別のティアップでセットする

 

こうした用意をしてみて下さい。
 

 「え、なんだ。
  単に短いクラブで打つだけじゃないか」

 

あなたはそんなふうに思うかもしれません。
 

ですがコレ、まともにボールに当てるのは
意外と難しいです。

あるいは、たとえボールが当たったとしても
真っ直ぐ飛ばないはずです。
 

さあ、それは一体、なぜでしょうか???
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 

(このへん、ちゃんと理解していますか?)
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 

はい、その答えは。。。

手先でごまかすことができないから

まあ、質問をした時点で
すでに答えは出ていたも同然ですが。。。

手打ちの場合ですと、なかなか当たりません。
どういうことか?
 

ここで、普通のクラブと、この短いクラブは
何が違うのかを理解しておきましょう。
 

普通のクラブは、フェースが開いたり被ったりしても、
シャフトがある程度長いので、
インパクトまでに手先でいくらでもごまかすことができます。
 

ですがシャフトが短いと、その調整ができずに
そのまま当たってしまいます。

そのため、まともにボールに当てるのが難しく、
たとえボールが当たったとしても
思うように真っ直ぐ飛びません。
 

そういうわけで、フェース面のコントロールを覚えるのに
短いクラブが最適、というわけです。
 

先ほどもやり方で説明した
「地上から30センチ上」の特別なティアップで
打てるようになったら。。。

最終的には地面にティアップして打てることを、
目指してみることをオススメします。

ここまでできるようになると、今までと違い
ボールが真っ直ぐ飛んでくれることに
きっと驚くことでしょう。
 

ぜひ、お試しください。
 
 

 真剣であることが、唯一のゴルフの楽しみ方。

 ゴルフは人生を豊かにする素晴らしい方法。
 
 

江連忠でした。
 

<本日のオススメ>

その性能と品質は実証済み。

ご案内のたびに
毎回大きな反響をいただく
フェアウェイウッド“トライメタル”…

メーカーからの「生産終了」の
連絡を受け、その後の根強い交渉の末
今回、本数限定で入手ができました。

前回も一瞬でなくなってしまい
次回入荷の予定もないので、
このチャンスを見逃さないでください。

詳細はコチラをクリック

27セット限定。お早めに
 

The following two tabs change content below.
江連忠

江連忠

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: クラブヘッド, ドリル, メルマガ, 手打ち, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
江連忠

江連忠 について

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。

 

Facebookでコメントする

スクエアなインパクトを身につけたい方へ」への1件のフィードバック

  1. まことも

    江連プロこんにちは。
    いつも真剣に読ませていただいております。
    さて、今回ご紹介しただきました練習方法ですが
    江連プロご考案の「ワンハンドグリップアイアン」で
    行なってもokでしょうか?
    ご教示くださいますようよろしくお願いいたします。

    返信

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。