【ビデオ】えっ、右脚を蹴るとスライス誘発?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021.06.13
ohmori

From:大森睦弘
神戸の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は
 

 「えっ、右脚を蹴るとスライス誘発?」
 

というお話をさせていただきます(ビデオ&おまけあり)。
 

ダウンスイング開始で、いきなり右脚を使って
腰を回そうとしていませんか?

それではズバリ、スライスの大きな要因になります。
どういうことか?

(続きはビデオにて)

右脚を蹴るとスライス誘発

スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] または[なし] をクリックします。

 

(おまけ付き)
今回のメールマガジンの内容をPDFでもご覧になれます。
こちらからクリックしてダウンロードして下さい。

https://g-live.info/click/omrpdf210613/

※印刷してファイルなさる方にはこちらが便利です。

下半身を使おうとして無駄な動きを増産

ダウンスイング開始でいきなり右脚を使って腰を回そうとすると、
いわゆるアウトサイド・インの軌道を誘発して
スライスの原因になります。

もちろん、トップから上半身で振りにいこうとすることは論外だとしても、
実は、下半身を使おうとして逆に無駄な動きを増産してしまう原因が
この「腰を回そうとすること」なのです。

腰を回すってそんなに悪いこと?

脚を使って腰を回そうとすることは、
悪いことじゃないでしょと思っていませんか。

もしそう思っているなら、
今日から即刻考えをあらためましょう。

下半身から動こうとしていきなり腰をまわそうとしていては、
良いことはひとつもありません。

腰を回そうとする傾向は、
ダウンスイングの序盤とボールヒット直前の2回あります。

今回はダウンスイング序盤で右脚を使って
腰を回そうとすることに焦点を絞って、
その問題点をじっくり見てみましょう。

腰の水平回転の要因

ダウンスイング開始で腰をいきなり回そうとすると、
水平に回そうとするものです。

そして、腰の水平回転では、右膝が体の正面方向へ出る
右膝外回りの形になります。

右膝外回りとはダウンスイングで右の膝が体の正面方向へ出てきて、
振り出し後方から見て両腿の間に隙間が見えることです。

誰でも腰を水平に回そうとすると右脚で地面を水平に蹴って
右腰を体の正面方向へ動かそうとして、
右膝が体の正面方向へ出る動きを誘発します。

また、トップの体勢では背骨を中心に右にターンしていると
背骨の前側の重いお腹が右を向いて右脚に多くの体重が乗り、
左脚は地についていません。

そのため、右脚でしかパワーを出せない状況です。

右脚だけでなんとか腰を回そうと伸ばす動きをすると、
右腰は下に落ちにくく水平に回すしかないとも言えます。

腰の水平回転での問題

本来は上半身のそれまでの前傾角度は
あまり変えないほうが、スイングは簡単です。

それにもかかわらず腰を水平にターンさせていては、
前傾の保持のために上半身を横に曲げる難しいコントロールになります。

さらに、右膝外回りでは地面に対して横方向への力を出すことになるため、
コントロール性が悪くなるばかりか大きなパワーを発揮できません。

もっと悪いことに、トップからいきなり腰が左にターンすることで、
手元がボール方向へ出ます。

腰を右脚の動きで水平に回すパワーは小さいとはいえ、
出だしの回転速度は重さで腰が回るよりも速くなります。

そして、インパクト面に対して手元が浮いた形となり、
インパクト面に手元とヘッドが乗るタイミングが遅れて
ボールヒットに向います。

その結果、ボールヒットというヘッドスピード が高速になったところで、
ヘッドをボール方向へ持って行く操作が必要となります。

そうなると、当然スイングは難しくなることはもちろんですが、
まさにヘッドの軌道はアウトから入ることで
ボールにスライス回転がかかる大きな要因となります。

それを防ごうとすると、手元が浮いているにもかかわらず、
ヘッドだけを下に落としてきます。

これはまさに、ヘッドを開く動作になります。

そうすると、ヘッドは軌道に対して開くことで、
ボールヒット近辺で急激に前腕を左に捻って
ヘッドを閉じる動きを行うことになります。

そして、ヘッドがインパクトの軌道よりも下に出れば出るほど、
軌道はフック回転がかかる状態なのに
ヘッドが軌道に対して開いて入ってきます。

そうなると、前腕の捻り具合で右にも左にも行く可能性のある、
コントロールが不能と言うかかなり難しいスイングになります。

ダウンスイング序盤での脚の動き

そこで、手元をダウンスイング序盤で
できるだけ素早くインパクト面に乗せて、
スライスの根本要因を排除するための脚の動きを見てみましょう。

それは、下半身でパワーを地面に対してしっかり伝えることができる体勢を、
トップに向かう切り返しからダウンスイング序盤でつくることです。

そうすることで、手元とヘッドが下に落ちてくる時間を確保できて、
ダウンスイングの早い段階で手元もヘッドも
インパクトの面に乗せることができます。

さらに、ボールヒットに向かって脚で地面を蹴る体勢が整い、
結果として下半身のパワーを最高に発揮できます。

また、この両脚で地面を踏める体勢に入るためには
それほど力を使う必要はなく、重力が仕事をしてくれます。

バックスイングでは体のターンで背骨の前側の重い内臓や両腕、
トータールでは何十キロもある重さの部分が
右斜め上にあがってきています。

それを、ただ単に下に落としてセットアップのポジションに戻そうとすれば、
腰から上は自然にゆったりと左にターンしてきます。

重力が加勢してくれて、腰は勝手にセットアップのポジションまで
戻ってくれることを信じましょう。

アウトサイド・インとスライスの関係

ヘッドの軌道がインパクトの面に対して外からボールに入ってきて、
ボールヒットしたらインパクト面の内側へ入ることを
アウトサイド・インの軌道と言います。

ボールが右に曲がるスライス回転が入る要因としては、
ヘッドの軌道に対してフェースが右を向いてヒットすることと、
ヘッドのヒール寄りにヒットすることが主なものです。

アウトサイド・イン軌道だと、
ボールヒットでヘッドがターゲットを向けていたとしても、
軌道に対してフェースが右を向いていることでスライス回転がかかります。

ヒールヒットでは、ヘッドとボールがあたかもギアの関係のようになって、
当たり負けでヘッドが左に回転することで
ボールにはスライス回転である右回転がかかります。

しかし、あまりにもヘッドのトウ寄りすぎるとギア効果どころか、
まさにヘッドが当たり負けで大きく右を向いてまさにスライスとなります。

重力を感じるためには

ところで、筋肉は力を入れると0.4秒はゼロになりません。

そのため、バックスイング終盤で腕を上に持ちあげる力が入るほど、
トップから重力で下に落ちにくくなります。

バックスイング開始ではヘッドから一番遠い脚から動いて、
脚の動きでヘッドに勢いをつけてその勢いを利用しましょう。

そして、トップ近くでは上半身ではできるだけ
余計な力を入れなくても良いようにすることで、
まさにニュートラルな状態にできることで重力を感じることができます。

上半身で振りにいくことも問題

また、トップからいきなり上半身の自ら出そうとする力で
目一杯クラブを振ろうとすると、腕や肩に力が入り
重力は感じられず腕とクラブは下に落ちてくれません。

そして、手元はボール方向へ出るので、
インパクトの面に対しては手元が浮くことになります。

さらに、上半身の動きの反作用で下半身の動きは邪魔されてしまい、
下半身は両脚で地面を踏める体勢をつくる正しい動きが
できなくなってしまいます。

下半身は両脚で地面を踏める体勢を作る正しい動きができなくなると、
手元を下に落とす余裕もなくなります。

まずは、トップに向かう切り返しからダウンスイング序盤では
いきなり腰を回そうとしないで、両股関節を一旦入れて
両脚で地面に対してパワーをかけやすい体勢を整えましょう。

切り返しで下半身を先行動作させることで
上半身でクラブを振り回そうとしなくなれば、
腕とクラブは重力で下に落ちることができて良い「間」がつくられます。

ボールヒットに向かっての右脚

ついでながら、ボールヒットに向かって
腰を回そうと頑張る場合の問題を見てみます。

ボールヒットに向かって上半身がリリースされて
クラブが左に振られる反作用で、下半身が右回転させられる力に
右脚で耐えることが右脚で最大のパワーを発揮させる動きです。

ところが、自ら出そうとする右脚の力で腰を回そうとすると、
このボールヒットというパワーが最大に必要なときに
限界までの力を出せません。

ダウンスイング序盤で、無理に力を出して
何かしようとする必要はありません。

そして、ボールヒットではまだまだヘッドを強く押せる体勢であることで、
当たり負けが少なくヘッドスピードの割に
ボール初速が速くなってボールは遠くまで飛びます。

そのためにも、切り返しで両脚で地面を踏もうとするとか、
左膝をセットアップのところに戻そうとすることに意識を集めて、
右脚は押されたら押し返すだけにしましょう。

また、ボールヒットに向かっては
両腿をキュッと締めながら左脚で地面を縦に蹴り、
同時に左サイドに大きなスペースをつくろうとしましょう。

太ももの骨である大腿骨は
骨盤に下から真っ直ぐに付いているわけではなく、
Lの字になって横から付いています。

そのため、腿を内側へ締める動きを行わないと脚は外に倒れてしまい、
脚を縦に蹴る股関節を伸ばす動きを行う大きな筋肉である
大殿筋を使えません。

逆に、腿を締めることで、大殿筋が勝手に動いて
脚を伸ばして地面に対して強い圧力をかける動きができます。

両腿をキュッと締めながら左脚をしっかり縦に蹴って
左のお尻を左後ろポケット方向へ押し込むことを意識すれば、
腰は鋭く左へターンしてくれます。

振り出し後方から見ていてスイング中に両腿の間に隙間が見えると、
腿を内側に引き締める内転筋群を使っていないことにもなります。

そうすると、お尻の大きな筋肉である大殿筋を使えず、
脚を伸ばす力を出しきれません。

結果として、フィニッシュでおへそが振り出し方向を向く
腰のフルターンができず、途中で止まってしまいます。

そのため下半身が動けなかった代償動作として、
上半身がしゃしゃり出てきます。

それが原因でボールヒットに向かって上半身の前傾角度が起きあがったり、
​お尻がセットアップよりも体の正面方向へ動いてしまうことにもなります。

これでは体全体がセットアップのときよりもボール方向へシフトしていることになるので
シャンクになりやすいばかりか、ボールを清々と打ち抜くことはできません。

右脚は自ら出そうとする力で蹴りにいかないで、
押されたらをの力を100%押し返すことに専念することが、
スライス防止のみならず遠くまでボールを飛ばす要となります。
 

では、また。
 

<本日のオススメ>

笹生優花プロ全米オープン優勝記念!

PGAツアー、全米女子オープンで
笹生優花プロが見事に畑岡奈紗プロとの
日本人プレーオフを制し海外メジャーを制覇…

私たちゴルフライブとしても
このゴルフ界の快挙を応援する意味で
新しいキャンペーンをご用意しました。

ですがごめんなさい。
これはキャンペーンというよりむしろ、
あなたへのお願いに近いかもしれません。

具体的にどんなお願いをしたいのか?
それはコチラをご覧下さい…

詳細はコチラをクリック

期間限定ですのでお早めに
 

The following two tabs change content below.
大森 睦弘

大森 睦弘

大学卒業後、世界でも有数な大手電機メーカーに勤務。社内の中央研究所や外部機関の客員研究員(東京大学)など、研究開発に従事。その類まれな分析力と強靭なメンタルは、ビジネスでの成功だけにとどまらず、スポーツでも発揮。国民体育大会アルペンスキーで優勝など、その競技力と長年の指導実績から、神奈川県アルペンスキーコーチとしても活躍。 その後、会社を早期退職し、ゴルフのインストラクターを養成するコースを卒業。卒業と同時に、コーチとして、プロ、ジュニアや一般の方々へのコーチング、ツアーキャディーなど、幅広い層に対するコーチングを行った。特にメンタルテストで「トップアスリートとして通用するレベル」と診断され、その強いメンタルを作りあげた経験を元に、メンタル面のサポートも行う。 現在、フリーのコーチとして独立。一般の方の本当の気持ちになって、どんなことでもとことん説明するなど、今まで納得できなかったと言われたことにも、やさしく解説することを信条としている。さらに、分析能力の高さを生かしてコーチングの仕事に従事するかたわら「ゴルフでのからだの使い方」をやさしく紐解くことで、ゴルフを普及させる活動を行なっている。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: スライス, ビデオ, 下半身, 新着ビデオ | 投稿日: | 投稿者:
大森 睦弘

大森 睦弘 について

大学卒業後、世界でも有数な大手電機メーカーに勤務。社内の中央研究所や外部機関の客員研究員(東京大学)など、研究開発に従事。その類まれな分析力と強靭なメンタルは、ビジネスでの成功だけにとどまらず、スポーツでも発揮。国民体育大会アルペンスキーで優勝など、その競技力と長年の指導実績から、神奈川県アルペンスキーコーチとしても活躍。 その後、会社を早期退職し、ゴルフのインストラクターを養成するコースを卒業。卒業と同時に、コーチとして、プロ、ジュニアや一般の方々へのコーチング、ツアーキャディーなど、幅広い層に対するコーチングを行った。特にメンタルテストで「トップアスリートとして通用するレベル」と診断され、その強いメンタルを作りあげた経験を元に、メンタル面のサポートも行う。 現在、フリーのコーチとして独立。一般の方の本当の気持ちになって、どんなことでもとことん説明するなど、今まで納得できなかったと言われたことにも、やさしく解説することを信条としている。さらに、分析能力の高さを生かしてコーチングの仕事に従事するかたわら「ゴルフでのからだの使い方」をやさしく紐解くことで、ゴルフを普及させる活動を行なっている。

 

Facebookでコメントする

【ビデオ】えっ、右脚を蹴るとスライス誘発?」への5件のフィードバック

  1. ftr463

    今回も有益な気付きを与えていただきありがとうございます。
    下半身は目一杯動かすものだと思っているものの最近ショットが安定しないのは何故かなと感じておりました。
    何となく下半身が動きすぎ(右足の蹴る動作が膝をくっつけるようになっている)が原因かなと思い、アドレスからフォローまで両足でしっかり地面を(母指球の後ろ辺りで)踏むようにべた足のイメージに変えたところショットが安定してきたので今回のレッスン内容はとても有難いです。次回のレッスンにも期待しています。

    返信
    1. 大森 睦弘大森 睦弘 投稿作成者

      全部ベタ足ではありません。ここが重要です。ボールヒットに向かっては一旦両脚で地面を踏んで下半身でパワーを出せる体勢が整ったら、今度は左脚でしっかり地面を蹴って腰をターンさせましょう。

      返信
      1. ftr463

        どうもありがとうございます。
        「左足でしっかり地面を蹴る」ですが、母指球の少し後ろ辺りで地面を強く押すようなイメージでよろしいのでしょうか。

        返信
        1. 大森 睦弘大森 睦弘 投稿作成者

          Q:「”左足でしっかり地面を蹴る”ですが、母指球の少し後ろ辺りで地面を強く押すようなイメージでよいか?」

          はい、まさに走るときに脚を伸ばして地面に圧を加えたり、自転車のペダルと漕ぐときにペダルに足を乗せるとき踏むあたりでしっかり地面を捉えて、脚をできるだけ長く使えるようにしましょう。

          返信
          1. ftr463

            どうもありがとうございます。
            自分のものにできるよう練習します。

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。