【ビデオ】ショット前素振りでやるべきステップ動作

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021.06.27
ohmori

From:大森睦弘
神戸の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は
 

 「ショット前コレだけやれば飛距離UP」
 

というお話をさせていただきます(ビデオ&おまけあり)。
 

ラウンドでショットする前にやるべき
絶大な効果のある動作があります。それは。。。

(続きはビデオにて)

ショット前素振りでやるべきステップ動作

スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] または[なし] をクリックします。

 

(おまけ付き)
今回のメールマガジンの内容をPDFでもご覧になれます。
こちらからクリックしてダウンロードして下さい。

https://g-live.info/click/omrpdf210627/

※印刷してファイルなさる方にはこちらが便利です。

ステップを入れた素振り

ラウンドでショットする前にやるべき
絶大な効果のある動作。

それは、ステップを入れた素振りです。

単に通常のショットのように素振りするのではなく、
脚の動きにステップ動作を入れます。

このショット前のステップによる、
実際のスイングへの絶大な効果について
ここからじっくり見てみましょう。

ステップの方法

では、どんな風にステップすれば良いかというと、
まずは左脚で地面を踏むようにして
少しだけクラブを左に振ります。

その反動を利用して、右脚を振り出し後方へ踏み出して
トップを脚の動きでつくります。

そして、トップに向かう切り返しでは左脚を振り出し方向へ踏み込んで、
ヘッドが一番最後に動くようにして
上半身をしならせて気持ちよく振りぬきます。

すべての動きを脚から先に動いてヘッドが最後についてくるように、
脚のステップを利用すれば体はリラックスできて大きくしなります。

このヘッドに対して下半身が先行して動くことで、
ヘッドと下半身の間に挟まれた上半身の
特に肩甲骨周りがしならせられ始めます。

切り返しからボールヒット直前でのしなりはもちろん、
なんとバックスイングでもしなりを利用して
ヘッドを振ることができます。

右肩をリラックスさせてヘッドを一番最後に動かせば、
右肩甲骨が胸の方向へスライドしてしなります。

そうすると、バックスイングで脚の動きを使い切ったあたりから
右肩甲骨周りがしなり戻ることで、
トップ近くでヘッドの勢いを増します。

トップに向かうヘッドの勢いがあるほど、
ヘッドがトップに向かっている最中に
下半身を先行して真逆の方向へ動かすことによって
上半身を大きくしならせ始めることができます。

ヘッドから一番遠い脚から動くこの順番を守ることで、
自動的に最高にしなやかでパワフルなショットとなります。

私が飛ばしたいとき自然に行うこと

また、ドライバーショットでボールを遠くまで飛ばしたいときはもちろん、
アイアンでもしっかり振ってバックスピンをかけたい場合に
私が自然にやっていることがあります。

それは、大きめのフォワードプレスです。

フォワードプレスは体重を左手の甲にかけるイメージで、
インパクト面をイメージして手元をそれに沿って
振り出し側へ押し込みます。

まさに、大きくハンドファーストをつくるつもりで、
左脇を開けながら手元を振り出し方向へ
真っ直ぐに押し込めば良いです。

左手の甲へ体重をかけようとすることで、
それまで両脚均等で立っていた状態から、
左脚にかなり多くの体重が移動します。

そうすると、右足が少し浮く感じになります。

そこから、右脚をステップ・インする感じで
バックスイングを開始します。

まさに、ショット前の素振りと同じ感覚で
フォワードプレスをします。

この強烈なフォワードプレスはオススメですが、
難しそうならセットアップの最後に右足踵を持ちあげておいて
それをヒールダウンする勢いを利用しても良いです。

ドライバーショットで下半身と上半身の連動性を保って
右足のヒールダウンをできれば、
それだけで30yぐらい飛距離が伸びることもあります。

ショット前素振りでステップ動作を入れて動けば、
実際のショットでも脚が自然にいい感じで動いてくれて
最高の結果がついてきます。

バックスイングの勢いは飛ばしの要

バックスイングの勢いは飛ばしの要です。

飛ばしたいときほど、上半身はリラックスで
下半身は目一杯動かします。

そして、バックスイングでヘッドの勢いを付けておいて、
切り返しでの下半身先行動作で上半身を大きくしならせはじめることで、
楽に遠くまでボールを飛ばすことに直結します。

バックスイングの出だしは丁寧に

しかし、ここで注意しなければならないことがあります。

それは、バックスイングの出だしで、
ヘッドを丁寧にできるだけ低く長く真っ直ぐに
最低1mぐらいは動かすことです。

バックスイングの出だしでヘッドの軌道を精度良く決めることで、
その後のスイング全体の質が決定的なものになります。

まさに、脚から動き始めることで、ヘッドは下半身の動きに対して
遅れてついてくる感じで出だしの速度は遅く、そ
の後急速に加速してトップに向かわせるようにしましょう。

バックスイングでの脚の正しい使い方

そこで、やはり脚の使い方が重要になってきます。

バックスイングの序盤から右脚を伸ばして
右のお尻を右後ろポケット方向へ押し込むようにして、
骨盤をセットアップの前傾角度を維持したまま右にターンさせます。

同時に左脚は左股関節から先の神経をプッツンと切ったイメージで
重りに使えば、左腰は右斜め下に落ちることで
腰の回転をさらに楽にしてくれます。

このときに、腰から首の付け根である体幹を一枚の硬い板のように使えば、
まさに脚の動きに連動して体幹は右にターンしてくれます。

スタンスの幅が広がって肩幅より広くなるドライバーショットぐらいになると、
脚の動きを使い切ると体幹のターンで手元は胸の高さあたりまであがってきます。

そこまでは腕は上に持ちあげるというよりも、脚の動きでクラブが
体の回りをターンして右斜め上にあがってくることを支えるだけの力に
コックを入れる力をプラスする程度です。

そして、脚を使い切ったところからは、
それまで動いてきたヘッドの勢いをじゃましないように
左肩と手首をリラックスさせます。

そうすれば、右肘が曲げさせられることに耐えながらも少し曲がりながら、
クラブはトップのポジションまで勝手にあがってきます。

右へのスウェイに注意

いくらステップを利用するとしても、
右に体重を持ってこようとしないようにしましょう。

左に踏み出してから右にステップするように踏み込むのは、
体重を移動させるというよりも、
右脚でしっかり地面を踏もうとするためです。

下半身の動きで体幹が背骨を中心にして右にターンすれば、
背骨の前側の両腕はもちろん重いお腹や胸などが右を向きます。

それによって、背骨に対して重いものが右に移動しているので、
体重は右に多くかかってきます。

ターンによって体重は自然に移動することに任せるようにしましょう。

また、背骨を中心にターンすることを意識することは、
精度良く楽にターンするために大切です。

骨に対して筋肉などが付いていて、筋肉の収縮で骨が動きます。

そのため、やはり骨を動かすことを意識することが、
正しく筋肉を使うためにも大切になります。

体重は移動させようとはしないけれど、
背骨を中心とする体幹のターンで勝手に移動することに
任せるようにしましょう。

ダウンスイングでの結果としての体重移動

また、ダウンスイングでも体重は移動させようとしないで、
移動しているようにしましょう。

ただし、言葉と感覚の違いが微妙ですので、
少し詳しく見てみましょう。

トップに向かう切り返しで下半身を先行させます。

この下半身先行の最中に左サイドを落としてくることで、
体の重さで左肩甲骨周りを伸ばそうとします。

まさに、つり革にぶら下がるイメージでグリップに引っ掛けた左腕で
左サイドに落ちようとする体重を支えるようにすれば、
スイングの中で最高に体重を使えます。

確かに体の重さで左サイドを落としてきます。
しかし、左に体重を移動させようとするのではなく
左を落とすイメージです。

この違いは実は大きな違いとなります。

左サイドを落として両脚で地面を踏めるように
左脚でも地面を踏もうとするなら、
高い精度でパワーを出せる体勢を整えることができます。

ところが、単に左に移動しようとすると
体重が収まるポジションの精度が悪くなります。

ここで大切なのは、ボールヒットに向かって
両脚で地面に対してパワーを効率良く
伝えることのできる体勢をつくることです。

この感覚が正しく意識されることで、
まさにトップに向かう切り返しでの
下半身先行動作の威力が発揮できます。

ヘッドから一番遠いところから動けばしなりやすい

また、動き始めをヘッドから一番遠い脚から始動することで、
体はしなりやすくなります。

ヘッドに近い手を先に動かしても、体はしなりません。

まさに、ヘッドから遠い脚がポジションを変化させることで、
ヘッドから脚までの長い経路になるほどしなやかになって
しならせやすくなります。

硬さが同じ棒があったとしても、
長くなるほどしなりやすくなります。

それと同じで、できるだけ体を長く使えば、
それだけ体はしなやかに使えることでしなりやすくなります。

しなればしなるほど、小さな力でより多くのエネルギーをじっくり
溜めることができますから、スイングは簡単でパワフルにできます。

まさに、そのヘッドから一番遠い脚を先に動かすことで
体をしならせる感じを出すのが、
今回お話しているステップ素振りです。

ボールを楽に遠くまで精度良く飛ばすために絶対効果的ですから、
どんどんやってみましょう。
 

では、また。
 

<本日のオススメ>

<本日のオススメ>

コロンビア大学教授、マーク・ブローディ氏の
「SGP指標」が日本に上陸したのが2014年…

それとほぼ同時期に発売したのが
ツアープロコーチ石井忍プロの
「ショートゲーム」プログラムです。

そして実は、ブローディ氏の理論と
石井プロの考え方には、
奇しくも相通じるものがありました。

二つに共通する、スコアUPの秘密とは?

https://g-live.info/click/short_hs2106/

「豪華7大特典付き」の特別価格は明日6/28(月)まで
 

The following two tabs change content below.
大森 睦弘

大森 睦弘

大学卒業後、世界でも有数な大手電機メーカーに勤務。社内の中央研究所や外部機関の客員研究員(東京大学)など、研究開発に従事。その類まれな分析力と強靭なメンタルは、ビジネスでの成功だけにとどまらず、スポーツでも発揮。国民体育大会アルペンスキーで優勝など、その競技力と長年の指導実績から、神奈川県アルペンスキーコーチとしても活躍。 その後、会社を早期退職し、ゴルフのインストラクターを養成するコースを卒業。卒業と同時に、コーチとして、プロ、ジュニアや一般の方々へのコーチング、ツアーキャディーなど、幅広い層に対するコーチングを行った。特にメンタルテストで「トップアスリートとして通用するレベル」と診断され、その強いメンタルを作りあげた経験を元に、メンタル面のサポートも行う。 現在、フリーのコーチとして独立。一般の方の本当の気持ちになって、どんなことでもとことん説明するなど、今まで納得できなかったと言われたことにも、やさしく解説することを信条としている。さらに、分析能力の高さを生かしてコーチングの仕事に従事するかたわら「ゴルフでのからだの使い方」をやさしく紐解くことで、ゴルフを普及させる活動を行なっている。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: セットアップ, ビデオ, 再現性, 新着ビデオ, 素振り, 飛距離 | 投稿日: | 投稿者:
大森 睦弘

大森 睦弘 について

大学卒業後、世界でも有数な大手電機メーカーに勤務。社内の中央研究所や外部機関の客員研究員(東京大学)など、研究開発に従事。その類まれな分析力と強靭なメンタルは、ビジネスでの成功だけにとどまらず、スポーツでも発揮。国民体育大会アルペンスキーで優勝など、その競技力と長年の指導実績から、神奈川県アルペンスキーコーチとしても活躍。 その後、会社を早期退職し、ゴルフのインストラクターを養成するコースを卒業。卒業と同時に、コーチとして、プロ、ジュニアや一般の方々へのコーチング、ツアーキャディーなど、幅広い層に対するコーチングを行った。特にメンタルテストで「トップアスリートとして通用するレベル」と診断され、その強いメンタルを作りあげた経験を元に、メンタル面のサポートも行う。 現在、フリーのコーチとして独立。一般の方の本当の気持ちになって、どんなことでもとことん説明するなど、今まで納得できなかったと言われたことにも、やさしく解説することを信条としている。さらに、分析能力の高さを生かしてコーチングの仕事に従事するかたわら「ゴルフでのからだの使い方」をやさしく紐解くことで、ゴルフを普及させる活動を行なっている。

 

Facebookでコメントする

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。