前傾角度が浅くて飛ばないのを直したい?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021.09.14
ezure

From:江連忠
宮古島の自宅より、、、

こんにちは、プロゴルファーの江連忠です。
 

さて、今回は、
 

 「前傾角度が浅くて飛ばないのを直したい?」
 

というテーマで、お話ししたいと思います。
 

突然ですが、ここで一つ質問です。

そもそも、前傾が浅くなると飛ばなくなるのですが、
それは一体、どうしてでしょうか?

(↓答えはコチラ)

前傾が浅くなる=エネルギーが上に逃げている

冒頭の質問に対する答えとしては。。。
 

前傾が浅くなるということは、エネルギーが上に、上にと
逃げてしまっている、ということが言えます。

手で(手打ちで)エネルギーを出してしまうから飛ばないのに、
そこからさらに、その手のエネルギーが上に逃げてしまえば。。。
 

余計に飛ばないという結果になるのは(厳しい言い方ですが)
当たり前といえば当たり前、というわけです。
 

おそらくこれをお読みのあなたもご承知の通り、
ゴルフというのは、前傾姿勢がポイントになります。
 

ですがアマチュアゴルファーの多くの方が
アドレスでできた前傾角度を
スウィング中に崩してしまっています。

プロの中でも、スウィング中に前傾が深くなる人はいますが、
浅くなる人というのはまずいないのです。
 

しかしアマチュアの方というのは反対に、
インパクトで上体が起き上がってしまい、
前傾角度が浅くなりがちです。

ここがプロとアマの大きな違いの一つであると言えます。

アマチュアゴルファーの球がプロに比べて
結果飛ばないのは、この前傾角度にあるというわけです。

前傾角度を崩さないドリル

そういうわけで、ここでは前傾角度を崩さないドリルを
お勧めしたいと思っていますが。。。
 

実は今回のこのドリル、過去にもご紹介しているはずです。
 

さあ、前傾を崩さないようにするドリルとは
一体何のドリルか、あなたはわかりますか?
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 

 (前傾を崩さないためのドリルです)
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 

 (ヒント:クラブを2本、使います)
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 

はい、答えは。。。

答え:杖つきドリル

はい、やり方はこうです。
 

 1.球を打つためのアイアンを一本、
   それから補助に使う別のクラブを
   さらにもう一本、用意してください。

 2.前傾姿勢を取ったら、補助に使うほうのクラブを
   杖のように立てて、左手一本で上から支えます。

 3.左手で支えているクラブと自分の間を通過するように、
   右手一本でスウィング(素振り)してみましょう。

 

このドリルは、以下の頭を動かさないためのドリルでも
ご紹介していましたが、
 

スウィングでどうしても頭が動いてしまう…

https://g-live.info/click/200908_nikkan/

 

前傾を前後に傾けないように、崩さないようにといった
体の使い方を覚えるのにも役に立ちます。

前傾を崩さない体の使い方を覚えると
エネルギー効率が良くなり、飛距離アップが望めます。
 

日頃から伸び上がって打っている人というのは、
このドリルをやると手前をダフってしまうのですが。。。

それは体重移動が足りていないことに起因しています。

左にしっかり体重移動できれば、低重心になり、
ダフらずにクリーンヒットにつながるでしょう。
 

また手打ちの癖がある人は、このドリルをやると
左手で立てたクラブに当たってしまう可能性があります。

もし、当たってしまうようなら、
最初はハーフスウィングから始めると良いでしょう。

立てたクラブが大きく傾かずに、体重移動もできてダフらなくなったら
徐々にスウィングを大きくしていきましょう。
 

 ・インパクトゾーンで前傾は変えない!

 ・ダフりの癖を徹底的に直す!
 

非常に地味な練習ではありますが、
前傾角度を意識できる、間違いなく良い練習です。
 

ぜひ、お試しください。
 
 

 真剣であることが、唯一のゴルフの楽しみ方。

 ゴルフは人生を豊かにする素晴らしい方法。
 
 

江連忠でした。
 

<本日のオススメ>

小原プロも「一番上達する」と本音を漏らす

 7日間シングルプログラムアドバンス

今回限りの限定追加特典として…

この7日間シングルプログラムアドバンスの
オンラインコンテンツ版(WEB視聴版)を
お申し込みの方にもれなくプレゼントいたします。

詳細はコチラをクリック!

詳細はコチラをクリック

本日9/14(火)まで。お早めに
 

The following two tabs change content below.
江連忠

江連忠

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: インパクト, ドリル, メルマガ, 新着メルマガ, 飛距離 | 投稿日: | 投稿者:
江連忠

江連忠 について

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。

 

Facebookでコメントする

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。