即効スライス矯正法!スライスが出ない飛ばし方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021.09.20
img1

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます。
小原大二郎です。

今回はボールが右へ曲がってしまう
スライスボールに悩んでいる方に
アドバイスをさせていただきたいとおもいます。

スライスボールに悩んでいる方の多くは
クラブを振り下ろしてくる際に

切り返しからダウンスイングの時に
左腰が引けてしまう動き

つまり踵方向に逃げるような
スピンアウトという動きになってしまっている方が
非常に多くいらっしゃいます。

このスピンアウトになってしまうと
クラブの軌道がアウトサイドインになりやすく

フォローでは左肘が引けて
クラブフェースが開いた状態になってしまったり、

アウトサイドイン軌道が強くなると
ボールが左方向にまっすぐ飛び出すような

プルボールというボールが
出やすくなってしまいます。

本日はそんなスピンアウトを矯正するための
練習方法を紹介していきたいとおもいます。

方向性が安定



通常のアドレスではターゲットラインに対して
両足をスクエアに平行に構えていきますが、

本日ご紹介させていただく練習方法では
このスクエアな状態から右足を一歩引いて

両足のラインが閉じた状態
つまり、クローズドスタンスという
アドレスでスイングを行っていきます。

クローズスタンスとは、
スタンスラインがターゲットに対して
右向きになっていて、

左足が右足よりも
前に出ているスタンスになります。

そうすることでダウンスイングで
左の土踏まずまた股関節に壁を感じて、

しっかりと左体重を
受け止められた状態を体感できます。

クローズスタンス



クローズスタンスで打つと、
クラブヘッドが内側から外側を通る
「インサイドアウト」の軌道になり、

スライス回転が軽減して
フックが出やすくなります。

まず、ターゲットラインに対して
両足を平行に構えていきます。

そしてその状況から
右足を一歩引いてください。

左足が前に出ている状況になりますね。

そしてダウンスイング以降は
左サイドの土踏まずに

体重をぐっとのせるような意識を持って
スイングを行っていきます。

このクローズスタンスでスイングを行っていくと
左側にかなり壁を感じて、

腿のあたりに圧力を感じることができます。

慣れてきたら…



足を閉じたクローズドスタンスで
しっかりと抵抗を感じながら、

左に体重が乗ったインパクトが
できるようになってきたら

段々と下げた右足を左足のラインに合わせるよう
1センチずつ右足を合わせていきながら打ち、

最終的には両足をそろえた
スクエアな状態でもしっかりと
体重が左に寄って、腰が引けない状態で
インパクトができるになれば、

クラブをアウトサイドインに引く動きが
少しずつ改善されていくはずです。

アウトサイドインのスライスに悩んでいる方、

またはボールが左左に飛び出してしまう
プルボールで悩んでいる方は、

是非この練習方法を試してみてくださいね。


<本日のおすすめ>

「あなたの飛距離を伸ばす、
今までにない高弾道を実現するFW」

「飛距離」「直進性」「扱いやすさ」

これらを兼ね備えた
入手困難の希少なフェアウェイウッド

『FREIHEIT THE-G チタンFW』

新製法で作られた
この理想のフェアウェイウッドは
ドライバー顔負けのショットを実現。

今までフェアウェイウッドに
苦手意識をお持ちだった方でも
簡単に打って飛ばせる秘密が詰め込まれています…

ただし、あまりの希少性から、
ご用意できたのは先着20名様限定となります。

残すところあと僅か。

どうか完売してしまう前に
今すぐ詳細をご確認くださいね。

https://g-live.info/click/freiheit2109/

※完売次第、ご案内は終了となります。
 先着20名様限定ですので、どうぞお早めに。

The following two tabs change content below.
小原 大二郎

小原 大二郎

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: メルマガ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
小原 大二郎

小原 大二郎 について

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。

 

Facebookでコメントする

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。