体の軸を安定させるには腰のここをチェック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021.09.29
mizugaki-150x150

From:ガッツパー水柿
東京の自宅より、、、

 
こんにちは。ガッツパー水柿です。

 
明日で一部都市の緊急事態宣言の期間が終了となり、
徐々に日常が戻りつつありますね。

 
とはいえまだまだ感染対策は必須ですし、
寒くなってきたのでより一層
体調管理に気を配るようにしている今日この頃です。

 
ゴルファーもこのタイミングで
練習やラウンドに行こうという方が多く、
久々のラウンドを楽しみにしている方も多いようです。

 
そこで、今日は多くのゴルファーが経験のある
ラウンド時のダフリ対策についてのお悩み解決ドリルをご紹介します。

 

腰の回転は「水平」をチェック

ティーショットがうまくフェアウェイに乗り、
このままセカンドもリズムに乗るぞ!
つい力んでしまいダフリ・・・なんて経験はありませんか?

 
飛ばそうとするあまり、軸が傾いたりぶれると
一気にダフリの危険は高まります。

ではどうすればその軸を安定させられるか。

 
そのポイントは、
「腰が水平に回転しているか」です。

 
この動画を参考に、
可能ならまずは鏡の前で腰の回転をチェックし、
そのあとで実際に打って実践してみてください。

 


スマホの方、動画が見れない方はこちら

 

腰の回転ひとつで、
軸の安定感とインパクトのミート率が
大きく変わってきます。

 
ついつい飛ばすことだけに
夢中になってしまう場面こそ、
軸と腰の回転を意識してみてください!

 
是非この方法で
ダフリに対する不安をなくし
ラウンド攻略にお役立てください!

 
ガッツパー水柿
 
 

 
<本日のオススメ>

自宅でパター練習をして腕を磨いている方に
うれしいニュースです。

 
自宅のパターマットの練習の幅を広げてくれる大人気パターマット
In Birdie smart+(インバーディ スマートプラス)
再入荷しました。

 
簡単に従来のパターマットとの違いを挙げると、

・カップまでの距離1.8~20mまでの広範囲を練習可能

・アプリ連動によりゲーム感覚で楽しむモードも搭載。

・各距離ごとにパッティングの記録を自動でしてくれるので、
 自分のパッティングの精度を把握し、練習の効果を可視化。

・カップに落ちず感受部に跳ね返る方式なので、静かでボールも勝手に戻ってくる

 
このような利点があります。

 
自宅で練習するなら、これほどパターの距離感を鍛えるのに最適なアイテムはありません。

 
いつも販売開始からすぐになくなってしまてちるので、
自宅練習でスコアアップを目指している方は、お早めに確認してください。

詳細はこちら

https://g-live.info/product/inbirdie/2109/



 

 

The following two tabs change content below.
ガッツパー 水柿

ガッツパー 水柿

水柿雅貴(みずがき まさたか) 茨城県出身 身長168cm、飛距離は280y。 15歳でゴルフを始め、名門水城高校に入学。 高校卒業と共にスプリングフィルズゴルフクラブで研修生としてプロゴルファーを目指し、多くの試合経験を積む一方、研修生仲間にスイングアドバイスをしている中で、ゴルフを教えることの楽しさを知り、2012年にPGAティーチングプロの資格を取得。 2015年小原大二郎氏に師事し、ゴルフスイング・レッスン理論を学び、ゴルフパフォーマンスの一員となる。 現在はゴルフパフォーマンス神田店にて、「真剣に、分かりやすく、丁寧に」をモットーに年間延べ1,000人以上のゴルファーにレッスンをしている。 初心者の方から競技志向の方まで、「理論的でわかりやすいレッスン」と定評があり、小柄な体格ながら効率的に飛ばす飛距離アップ指導や「ガッツパー水柿」の異名を持ち、リカバリーショットの技術指導により、多くの生徒から支持を得ている。 ※ガッツパーとは通常ならボギー以上濃厚な厳しい状況で、巧みなテクニックでパーを拾った時などに使われる言葉。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: 100切り, 90切り, スライス, メルマガ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
ガッツパー 水柿

ガッツパー 水柿 について

水柿雅貴(みずがき まさたか) 茨城県出身 身長168cm、飛距離は280y。 15歳でゴルフを始め、名門水城高校に入学。 高校卒業と共にスプリングフィルズゴルフクラブで研修生としてプロゴルファーを目指し、多くの試合経験を積む一方、研修生仲間にスイングアドバイスをしている中で、ゴルフを教えることの楽しさを知り、2012年にPGAティーチングプロの資格を取得。 2015年小原大二郎氏に師事し、ゴルフスイング・レッスン理論を学び、ゴルフパフォーマンスの一員となる。 現在はゴルフパフォーマンス神田店にて、「真剣に、分かりやすく、丁寧に」をモットーに年間延べ1,000人以上のゴルファーにレッスンをしている。 初心者の方から競技志向の方まで、「理論的でわかりやすいレッスン」と定評があり、小柄な体格ながら効率的に飛ばす飛距離アップ指導や「ガッツパー水柿」の異名を持ち、リカバリーショットの技術指導により、多くの生徒から支持を得ている。 ※ガッツパーとは通常ならボギー以上濃厚な厳しい状況で、巧みなテクニックでパーを拾った時などに使われる言葉。

 

Facebookでコメントする

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。