スライス撲滅にはグリップエンドでスイング矯正!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021.10.18
img1

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます。
小原大二郎です。

本日はスライスボールで
お悩みの方に向けてアドバイスをさせていただきます。

スライスボールが出てしまいますと

大きく曲がってしまって林に入ってしまったり、
OBに入ってしまったり。

またはスライスボールが出ることによって
飛距離をロスしてしまいますよね。

せっかくのベストシーズンが到来しますので、

ぜひ今年はスライスボールを矯正していただき、

よりゴルフを楽しみながら、
スコアアップに繋げていただきたいと思います。

まず、なぜスライスボールが出てしまうのかといいますと…

原因はアウトサイドインになります。

クラブを振り上げて
振り下ろす際の軌道が、

クラブが前側に降りてきてしまいますと
スライスボールになってしまいます。

ですので、このクラブの軌道を
正しくインサイドからクラブを下すことが
できるようになっていけば、

スライスボールを
改善することができます。

スライス改善には…

そこで今回はこのインサイドから
クラブ下すためにとても重要なポイントを
一つご紹介したいと思います。

それがグリップエンドの向きです。

このグリップエンドの向きというのは、
2つチェックしてほしいポイントがあります。

まず1つ目は、

構えて振り上げていたいった時の
トップの位置でのグリップエンドの向きが

飛球線後方を指しているということが
重要なポイントになります。

トップの位置でグリップエンドが
飛球線後方指すことによって、

クラブヘッドの位置が
正しいポジションに来ることができます。

そして2つ目のポイントは、

クラブを振り下ろしていただく際にも
グリップエンドは飛球線後方を指していること。

グリップエンドの向きが
飛球線後方を指し続けるように下すことによって、

クラブヘッドが後ろ側から降りてくる
いわゆるインサイドからクラブが下りてくるようになります。

アウトサイドインによるスライス

アウトサイドになってしまう方は
まずトップの位置でグリップエンドが
下に向いているような状態になりますと

クラブヘッドは当然前側にいきますので
アウトサイドになってしまいます。

またはトップまでは正しい位置に来ているけれども
下ろしてくる時にグリップエンドが下に向いてしまう。

そのような状態ですと、
クラブヘッドが前側にきてしまって
アウトサイドになってしまいます。

ですので、まずは振り上げた時の
グリップエンドの向き。

そしてダウンスイングに入ったときの
グリップエンドの向き。

この2つのポイントで
チェックしていただきたいと思います。

グリップエンドでスイング矯正

そこでこの2つのポイントを
チェックしていただくのに

効果的な練習方法をご紹介したいと思います。

だいたいクリップの一番短いところを握って、
クラブを短く握ってください。

この状態で構えていただいてバックスイング、
そしてダウンスイングからフォロー。

このような状態で素振りの練習をしてみてください。

短く握ることによって、
グリップエンドがどこを指しているかというのが
非常に実感しやすくなりますので、

この状態でまずトップで飛球線後方指しているか。
そしてダウンスイングに入った時も飛球線後方を指し続けているか。

各ポイントでチェックしながら
素振りを行ってください。

こうすることによって正しいグリップエンドの向きで
軌道をコントロールすることができるようになってきます。

本日は、アウトサイドインによるスライスで
お悩みの方に向けてアドバイスをさせていただきました。

グリップエンドの向きを
正しくコントロールすることによって、

スライスは必ず改善されていきますので
ぜひ参考にしてみてくださいね。


<本日のおすすめ>

最強のコース戦略を導き出す
パーソナルキャディシステムが搭載された

世界最高峰のゴルフウォッチ
『GARMIN Approach S62』

ピンまでの距離はもちろん、
ハザードや林など障害物の正確な距離、
全体のコースレイアウトを一瞬で表示。

最高性能のGPS機能で
ピンが見えない時でもピン方向を正確に表示。

正確なコース情報とその場のシチュエーションを
すべて加味した上で最適なクラブを推奨。

最強にズルい世界最高峰の機能で
ゴルフを変えるだけでなく、

健康管理機能搭載で
心拍数測定、睡眠ログ、歩数計測、トレーニング機能

健康維持日常生活の質をも向上させる

ゴルフ特化型スマートウォッチ
【GARMIN Approach S62】

先着100台限定の特別特典付きも
残りわずかとなりました。

このゴルフウォッチで、
秋のゴルフを楽しんでくださいね。

https://g-live.info/click/garmin_hs2110/

The following two tabs change content below.
小原 大二郎

小原 大二郎

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: メルマガ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
小原 大二郎

小原 大二郎 について

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。

 

Facebookでコメントする

スライス撲滅にはグリップエンドでスイング矯正!」への1件のフィードバック

  1. レオン

    グリップエンドがトップの時に飛球線後方を指すのは分かりますが、ダウンの時は地面又はボール近くを指してインパクト後に飛球線後方を指すのではないでしょうか?

    返信

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。