なぜ、シャフトの価格はあんなに違うのか

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022.01.13
tokutake2

From:徳嵩力一
千葉のクラブ工房より、、、

こんにちは。プロクラブフィッターの
徳嵩力一(とくたけ・かついち)です。
 

今日なんですが、あなたに
 

 「なぜ、シャフトの価格はあんなに違うのか」
 

という話をさせていただきます。
 

以前のメールマガジンを受けて、
このようなご質問をいただきました。

シャフトの価格が大幅に違う…

> 飛距離向上を狙ってます。
>
> スイング改造からクラブ選び、
> クラブフィッティングなど色々な方法があるでしょう。
>
> それら何れにも関係するシャフト選びに
> いつも疑問があります。
>
> それはシャフトの価格が大幅に違うことです。
>
> 同じ硬さと同じキックポイントのシャフトを
> ロボット・スイング・アームに装着して試打すると、
> 高価なシャフトは安価なシャフトに比べて
> ヘッドスピード(飛距離)は違うのでしょうか?
>
> 高価なシャフトが良く飛ぶと言われますが、
> 理由は何故でしょうか?

 

ご質問をいただきまして、どうもありがとうございます。
 

もちろんシャフトに関しては
値段の高いものは、そのモノ自体の性能も高い、
という部分はあると思います。
 

ですが、自分たちが主に扱っている
いわゆる「地クラブ」(地シャフト)というジャンルの
製品に関して言えることは。。。
 

 「個体の管理」が行き届いている
 

という点が大きいのだと思います。
 

これについては、以前にもメールマガジンで
何度かお話ししたことがありますが、
 

地クラブって精度が高い?低い?
2021.10.14

https://g-live.info/click/211014_nikkan/

 

個体の管理が行き届いているからこそ、
ゴルフクラブで商品ごとに存在する「公差」を管理して
お客様に一番最適なクラブを提供することが可能なわけです。
 

今一度「公差」について復習…

 こうさ【公差】

 貨幣・度量衡器・工業製品などで、
 標準の重さ・大きさなどからこの程度はずれていても
 仕方がないとして、公式に許容されている限界。

 

繰り返しになりますが
いわゆる大手量販店で売っているクラブの場合、
 

 ・ロフトの公差が「プラスマイナス1度」に設定されていれば
  「10度のドライバー」の中にも「11度」のものがあったり
  「9度」のものも存在する

 ・有名大手メーカーの純正シャフトも
  重量が「プラスマイナス2~3グラム」の公差があるものが
  ショップの店頭で普通に販売されている

 

ゴルフクラブの場合は、精密機械などと違って
公差の範囲がかなり甘くなっています。
 

地クラブメーカーというのはたいてい
製品の一つひとつを検査・検品しているので
そうした公差を逆手に取って
 

 「仕様書キッチリのクラブをください」

 「敢えて、ちょっと長めのものをください」

 「他のものより少し重めのもので、お願いします」
 

といったリクエストを出したり、
 

 「今回のこのセットは、同じお客様がお使いになるので
  ロフト、重量、流れを合わせて出荷してください」

 

といったことを事前に伝えることで、
よりお客様にマッチしたクラブをお届けできる。。。
 

こうしたことが可能なのが最大のメリットであり、
一つひとつの検品を経ていることで
値段が割高になる理由、ということになります。

突き抜けた結果が欲しいならば

一方、いわゆる既存のクラブメーカーさんですと、
そうしたところまでは要求することができません。

そうすると、
 

 ・どのクラブも「そこそこ」に近い状態は得られるけれど

 ・逆に言えば、そこでは突き抜けた結果も生まれにくい
 

ということになります。

あたかも洋服で言ったら
 

 ・Sサイズ

 ・Mサイズ

 ・Lサイズ
 

といった、あくまで大雑把なサイズだけで
合ったものを選ぶようなイメージと言えば
なんとなく伝わるでしょうか。
 

地クラブは、そこがより細かく別れている感じで
自分に合わないものを手に入れてしまうと、
その結果は大きく異なってしまいます。
 

だからこそ、フィッターに相談しながら購入することで
失敗が少なく、求める結果を得ることができるというわけですね。

実際、自分たちが扱う地クラブについては
「ちょっと、高くないですか?」
みたいなことをおっしゃる方もいらっしゃいます。

ですが、ここまでお話ししたメリットを考えると
それを補って余りあるものが
得られる可能性もあるということになります。

フィッティング募集停止中

ということで、ゴルフパフォーマンスのフィッティングを
ご紹介したいところなんですが、

ですが現在、フィッティングのご紹介できる枠の
ご用意がないという状況が続いています。

またご案内できる枠がありましたら、
この場でもご紹介いたします。申し訳ございません。

追伸:「TKパター」のご案内見ましたか?

このたびご案内があった、私のTKパターですが。。。

詳細はコチラをクリック!
 

 ・製造工程を一切省くことなく

 ・質の高い、他にはないヘッド形状を実現し

 ・構えやすいパターヘッド、
  かつ、パターの錯覚を起こすこともない
 

そんな、他にはないパターに仕上がっています。
 

なくなり次第終了となりますので、
ご興味のある方は、お早めにどうぞ。

詳細はコチラをクリック!

本数限定
 

それでは、また次回。

徳嵩力一
 

The following two tabs change content below.
徳嵩 力一

徳嵩 力一

高校・大学とゴルフ部に在籍。大学卒業後、クラブデザイナーの第一人者である故竹林隆光氏が設立、代表を務めた 株式会社コンセプト(現、株式会社フォーティーン)に入社。当時ゴルフクラブを数値で表して、クラブ設計を行う、中空アイアンの発明、 タラコ元祖UTなど革新的なクラブ設計で著名だった竹林氏の元でクラブ理論、フィッティングを学び、3,000名以上にフィッティングを行う。 また、プロゴルフツアーにも参加し、選手のフィッティング、セッティングの提案に従事。有名ツアープロも多くフィッティングしてきた。 在籍時代に競技出場中の小原プロと出会い、小原プロのクラブフィッティングを担当。その後、小原プロのスタジオ、フォースワンカスタムフィッティングの代表としてアマチュアゴルファーのベストスコア達成に貢献中。これまでにクラブに費やした金額は軽く1,000万を超えるほどのクラブ博士。古今東西あらゆるクラブに精通する生きるゴルフクラブ辞典。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: ゴルフクラブ, ゴルフパフォーマンス, フィッティング, メルマガ, 地クラブ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
徳嵩 力一

徳嵩 力一 について

高校・大学とゴルフ部に在籍。大学卒業後、クラブデザイナーの第一人者である故竹林隆光氏が設立、代表を務めた 株式会社コンセプト(現、株式会社フォーティーン)に入社。当時ゴルフクラブを数値で表して、クラブ設計を行う、中空アイアンの発明、 タラコ元祖UTなど革新的なクラブ設計で著名だった竹林氏の元でクラブ理論、フィッティングを学び、3,000名以上にフィッティングを行う。 また、プロゴルフツアーにも参加し、選手のフィッティング、セッティングの提案に従事。有名ツアープロも多くフィッティングしてきた。 在籍時代に競技出場中の小原プロと出会い、小原プロのクラブフィッティングを担当。その後、小原プロのスタジオ、フォースワンカスタムフィッティングの代表としてアマチュアゴルファーのベストスコア達成に貢献中。これまでにクラブに費やした金額は軽く1,000万を超えるほどのクラブ博士。古今東西あらゆるクラブに精通する生きるゴルフクラブ辞典。

 

Facebookでコメントする

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。