カテゴリー別アーカイブ: スイング理論

【ビデオ】ボールが捕まり真っ直ぐ飛ぶ方法

2015.10.26
古賀さん写真koga

From:古賀公治
尼崎テクノランドより、、、

こんにちは、ティーチングプロの古賀公治です。

今日はあなたに、

 「ボールが捕まり真っ直ぐ飛ぶ方法」

について、ビデオでお話ししようと思います。

「背中で打つ」という感覚が言われることがありますが、
それでもあくまで大切なのは、クラブの動きだということです。

そして、そのクラブが正しく動くためには、
この肘の動きというのが非常に重要になるということです。

この肘の動きができるようになれば、
ボールがしっかり捕まって、まっすぐ飛ぶようになります。

その具体的な方法にについてぜひ、
ビデオを見ながら理解してみてください。

(続きは動画での解説となります)
続きを読む

「技」手首のヒンジ、実は左肩甲骨だった

2015.10.18
ohmori

From:大森睦弘
神戸の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は

 「技・手首のヒンジ、実は左肩甲骨だった」

というお話をさせていただきます。

ヒンジという用語について、今まで時々お話してきています。

しかし、今回はその確信にせまる、体で打つための
源泉と言いますか、ちょっと観点を変えてお話します。

というわけで、まず手始めに。。。
続きを読む

自然にサマになってしまうスイングの作り方

2015.10.05
koga

From:古賀公治
尼崎テクノランドより、、、

こんにちは、ティーチングプロの古賀公治です。

今日はあなたに、

 「自然にサマになってしまうスイングの作り方」

についてお話ししようと思います。

あなたも薄々感づいているかもしれませんが、
ゴルフスイングというのは、無理やり何とかしようとしても
なかなか思い通りにはならないことが多いのです。

何らかの無理を重ねること無く、
自然とカッコがつくスイングの作り方。。。

今日はそんな話をさせていただきます。
続きを読む

初心者必読・絶対やってはいけない練習とは

2015.09.28
koga

From:古賀公治
尼崎テクノランドより、、、

こんにちは、ティーチングプロの古賀公治です。

今日はあなたに、

 「初心者がやってはいけない練習」

についてお話ししようと思います。

 「え、自分は初心者じゃないしな。。。」

そのように思っている人でも、初心を忘れないように
ぜひともご一読いただきたい内容です。

また、ある程度ゴルフをやってきて、
ビギナーに教えるような機会がある方にも、
ぜひお読みいただきたいと思います。
続きを読む

【ビデオ】タイガー&マルちゃん手首の秘密

2015.09.21
koga

From:古賀公治
尼崎テクノランドより、、、

こんにちは、ティーチングプロの古賀公治です。

今日はあなたに、

 「タイガー・ウッズ、丸山茂樹もやっているスイングの秘密」

と題して、ビデオでお話ししようと思います。

多くのレッスン書やレッスンプロは、
フォローの手首の動きについて解説されていることが
ほとんどないのではないかと思います。

ただ「手首を固めろ」としか言われていない気がしますので、
この場を借りて、解説させていただきます。

(続きは動画での解説となります)
続きを読む

【ビデオ】流行りの左一軸、ココだけの話…

2015.06.22
koga

From:古賀公治
尼崎テクノランドより、、、

こんにちは、ティーチングプロの古賀公治です。

今日はあなたに、

 「流行りの左一軸、ココだけの話…」

と題して、ビデオでお話ししようと思います。

この左一軸打法は「スタックアンドチルト」
とも呼ばれています。

でも実は、同じ左一軸打法でも
少し幅があることを、あなたはご存知でしたか?

今日はそんな話も交えながら、
日本人に合うかどうかなんていう話も交えて、
お話ししたいと思います。

(今日は動画での解説となります!)
続きを読む

片手シングルになる人の練習法

2015.05.26
小原obara

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます、小原大二郎です。

今日は40歳で片手シングル目前のSさんについての話です。

2年前はスコア140台(!)で回っていたSさんがシングルになれてしまった秘訣を公開します。
これを読むだけで、あなたのマインドは大きく変わるかもしれません。

Sさんはとても忙しくお仕事をされている方で、

「Sさん、そんなに多忙で練習なんてできるんだろうか?」

と、ずっと思っていました。

人柄もとてもよく、温厚、仕事もよくできる方です。
年齢も私と近いので、いいお付き合いをさせてもらっています。

最近、Sさんにこんな質問をして、驚きました。

小原 「いつもどのくらい練習してるんですか? 結構時間取ってますよねー?」

Sさん「えーっと、でも、毎日10~15分ぐらいの練習しかしていませんよ!」

小原 「えっ? 本当?」

それなのに、この前は78で回ったそうです。
もう「片手シングル」目前まで来ています。

2年でスコアが半分?

実は私がお付き合いさせていただく前には、
酷いときは140なんていう、とんでもないスコアで回ることもあったそうです。

それが、お付き合いを始めて半年で100切り、
それから1年半でシングルに。

もう片手シングルも目前です。

正直、私の教えている人はシングルになる人は決して珍しくありません。

ですが、140を叩くような方がシングルになれたというのは、
よっぽど特殊な練習をしているのではないかと思っていました。

ですが、Sさんから返ってきた答えは、その回答でした。

1日10~15分で片手シングル。
しかも驚いたことに「まだまだうまくなれる」と思っているそうです。

同じゴルフでもなぜこんなに「差」つくのか?

Sさんがやっている練習は、何も特別な練習はありません。
きっとあなたもやったことのある練習をやっているだけです。

でも、結果にこれだけの差がある、、、

なぜかとSさんにさらに深く話を聞いてみると、

・練習メニューを決めて、他のことはやらない
・短い時間でもいいから、毎日の練習を休まない

これがキーワードでした。

練習メニューは、日々の練習で確実にこなしていく。
そして、他のことは一切やらない。

一般にあれもこれもと練習したくなりがちですが、
Sさんはできることしかしないというスタンスでここまで来たそうです。

できることをやれば、結果が出ることのいい例ですね。

継続させる仕組み

あなたも聞いたことがあるかもしれませんが、
人は「21日」続けてようやく習慣になるのだそうです。

そして、習慣になると、今度は逆に、
らないと気持ち悪くなります。歯磨きとかと一緒ですね。

このSさんのように「習慣」のレールに乗せるまでに、
その21日間に、通常よりも気を使うことが大切だと思います。

繰り返しになりますが、Sさんがやっているのはオーソドックスな練習ばかりで、
特殊な練習方法しているわけでもありません。

もともと運動神経がいい、ゴルフのセンスがいいというわけでもありません。
だって、以前に140を叩いたこともあるぐらいですからね。

Sさんのようにうまくいく人もいれば、
一般的なゴルファーのように、うまくいかずに悩んでいる。なぜだろうか…。

それはやり方の違いです。

当たり前のことを、当たり前でない
「習慣化」という仕組みでこなしているのです。

ダイヤモンドは自分の中に埋もれている

あなたは「原石」です。

ありふれた練習でも、その練習を習慣化することで、
圧倒的に勝つことができます。

多くの人は「パパッとスコアアップできる方法ないかな??」と、
視線を外に向けています。

でもそれは時として間違っていることが多いようです。

実はプロでさえ、奇抜な練習などはそれほどしておらず、
ありふれた練習を根気よく続けていることが多いようです。

「なにかいい練習方法ないのかな」と探す前に、

・やる必要のない練習をしていないか?
・自分の練習は習慣化されているのか?

といったことを見直してみることをオススメします。

参考にしてみてくださいね。

またメールします。

小原大二郎

<本日のオススメ>
全面スイートスポットの新型パターが再入荷!
限定50本のみの再提供です。

http://g-live.info/click/cure150522/

※ゴルフライブが国内独占販売

【ビデオ】手でクラブを下ろしてしまう人へ

2015.05.11
koga

From:古賀公治
尼崎テクノランドより、、、

こんにちは、ティーチングプロの古賀公治です。

今日はあなたに

 「ハーフウェイダウンからの動きの繋がりを理解する」

について、ビデオでお話ししようと思います。

短い2分程度のビデオで、何気ない練習なのですが、
ゴルフ動きの繋がりをしっかり理解できる
最良のドリルとなっています。

この動きがきちんと出来ていなくて、
ゴルフが上手くなっている人は、おそらく誰もいないでしょう。

流行り廃り(はやりすたり)のない
ゴルフの本質をご覧になってみてください。

(今日は特別に動画を用意しています!)
続きを読む

【ビデオ】たったトンカチ一本で100切り!?

2015.04.20
koga

From:古賀公治
尼崎テクノランドより、、、

こんにちは、ティーチングプロの古賀公治です。

今日、あなたにお話ししたいのは、

 「トンカチ一本で100切り」

についてです。

え、何を言っているのかとお思いでしょうが、
トンカチが一本あるだけで、
あなたに理想のスイングを実現する方法です。

ご覧になれば「何だ、こんなことか」と
お思いになるかもしれません。

ですが私にとっては非常に目からウロコで、
手首の動き、そしてハーフウェイダウンから
インパクトに向かう動きについてがよくわかるドリルです。

スイングの形だけを意識して手で下ろしていて
理想のインパクトに結びつかないという人に
非常に有効なドリルになっています。

ぜひ、しっかりご覧くださいませ。
続きを読む

左に高く飛ぶのは危険信号!?

2015.04.11
森田mongo

From:モンゴ
千葉の自宅より、、、

お楽しみ様です、モンゴです!

ゴルフ、楽しんでますか~?^^

さて、今回は

「ボールが左に高く飛ぶことが多い、、、」

そんなあなたのためのメルマガレッスンです!

風の抵抗を受けづらく、飛距離をロスしない高さで
真っすぐ飛んでいってほしいのに、
左に高く飛んで行く、、、

これは実は重大なミスで、
この球を直せないと
全てのゴルフスイングに影響が出ちゃいます。

ゴルフの実力を全体的に上げたいあなた!
今日言うことを、心に留めておいてほしいです!

もしかして、手元で無理してない?

>練習場では納得のゆくドライバーが打てるのですが、
>コースへ行くと タイミングが力みと共に合わなくなり、
>左45度高 弾道ですっ飛んでいって、OBになってしまいます。
>打ち急ぎをなくすにはどうすればいいんでしょう?

>タイミングの取り方を教えて欲しいです。
>79才 60台はHC12でした。

お、恐ろしい球がでますね、、、。

79歳ですかぁ、、、。
それぐらいの年齢になると、飛距離がちょっと
落ちてきてしまうんですよね~

そうなってくると、

「がんばって飛距離をだすぞ!(-“-)」

と考えて(もしくは無意識に思っちゃって)、
器用に打とうとし始めて、、、

「手元を上手くコントロールして飛ばそう!(-“-)」

と考えちゃう傾向にあるように思います^^;
(もちろん、皆が皆そうではないのですが)

腕に意識を集中してスイングをすると、
本来動かしてはならない手元が動いてしまい、

さっきの質問にもあったように、振り遅れたり、
身体が左に突っ込んで、アウトサイドインの軌道が
強くなりすぎてしまいます。

そして左にとんでっちゃって、
OBになるわけですね、、、(泣)

バックスイングで左足のかかとを、、、、

というわけで、質問にあったように、
左に高く飛んで行くのは、
要は手打ちのせいなんです。

やはり、スイングに悩む人の多くは、
手元が悪さをしています。

下半身をどっしりと安定させて、
下半身を回して打たないと、真っすぐ飛距離の出るボールは
打てません!

でも、

「下半身で打つという感覚がわからない、、、」

そういう方もいらっしゃるでしょう。
そんな方のために、下半身を意識して
良いタイミングで打てるようになる

超簡単ドリルをお伝えします!\(^o^)/

それは、テイクバックで左かかとを上げる
というもの!

テイクバックで左かかとを上げて、
だいたいトップにいく直前くらいで
上げていたかかとを強く踏み込んでスイングする!

これをすると、下半身を使わざるを得なくなりますよね?(^^)

おまけに、スイングのタイミングも良くなるという
おまけ付きです♪

これを「ゆっくり」、
下半身が上半身より先に動くイメージで
繰り返してみてください。

まずは「ゆっくり」、
身体で覚えこむのが大事です。

いっそ、もう飛距離は求めない!

歳をとって、飛距離を伸ばそうと考えると、
無意識のうちに、動かすのが楽な
手元に頼ってしまいます(汗)

しかしそれだと、
不安定で再現性のないスイングしか
できなくなります(TдT)

遠くに打ちたいという意識が、
そういう悪夢を招いてしまうので、

いっそのこと、無理に飛距離を求めるのを
止めてしまうのも手だと思います!

飛距離を伸ばそうと無理をするより、
あなたが今、打てるだけの飛距離を
せめてロスしないように、

下半身からスイングすることを
心がけてプレーしてみてはどうでしょうか?

モンゴより

追伸:
小原プロが
打数を減らしてスコアを上げる、アプローチの方法を
大公開してるらしいですよ~

ぜひ、どうぞ!

http://g-live.info/click/approach150106/