フルスイングすると芯に当たらない…(泣)

2015.04.04
mongo

From:モンゴ
千葉の自宅より、、、

お楽しみ様です、モンゴです!

ゴルフ、楽しんでますか~?^^

さて、今回は

 「フルスイングすると芯に当たらない…」

そんなあなたのためのメルマガレッスンです!

ということで、
まずはこんな質問をいただきましたよ~^^

練習場では当たるのに…

> ゴルフ練習場ではボールが飛んでも、
> ゴルフ場ではボールにちゃんと当てる事も出来なくて
> ショックを受けました。
>
> 右肘が開いてしまうのと、
> フルスイングするとタイミングがずれてしまい
> 芯に当てることが出来ていません。

なあるほどお。。。
でもですね、この質問者さんなんですが、

 「すばらしい~!」

 (*^∇^)//(*^∇^)//パチパチヾ(^∇^*)ヾ(^∇^*)

まず、この時点でご自身で

「右肘が開いてしまうのと、
 フルスイングするとタイミングがずれてしまい」

このように原因がわかっているのは、
本当にすばらしいです。

こうやってご自身で原因を分析できている人は、
ハッキリ言って直りも早いです!( ̄^ ̄)キッパリ!

モンゴが日々のレッスンで生徒さんにお伝えしているのは

 「どうなってそんなミスが出ているのか?」

という、ミスの原因を知ることなんです。

そのために映像を見ていただくのが一番早いんですけど、
はじめは見てもよくわからないという人も多いんです。

でも、この方はそれが分かっていらっしゃる。
まずはそこに、自信を持ってほしいですね!

まずは右肘を直しましょう

ということで、
右肘が開いて当たらないとわかっているんですから、、、

まずやってほしいのは右肘を直すことですね。
(当たり前すぎ? 笑)

で、オーソドックスな方法としては、
20センチぐらいのボールを左右の腕にはさんで打つ練習ですね。

ボールの大きさは20センチぐらいがいいですね。
小さすぎても大きすぎてもダメです。

そのボールを肘のあたり、
両ひじの間に挟んでスイング練習をしてみましょう。

で、この練習をやるときに、一つだけポイントがあります!

この練習、かなりオーソドックスな練習なんで
やったことがある人も多いと思うんですが、

ある一点を間違っていて、
いい練習が出来ていない人が多いんです。

それは何かといいますと。。。

ボールをつぶしすぎないこと!

えーと、ボールを落とさないように落とさないようにと、
はさんでいるボールをつぶしすぎている人、結構多いんですね。

「絶対に落とさないぞ」と思って、
つぶして打ってしまうわけですね。

ですので決してつぶしすぎずに、
うまくはさめるところにはさんで、
両肘の三角形の中に入れるようにスイングして下さい。

どうしてつぶしすぎてしまうとよくないかというと、
簡単に言うと、インサイドに引きすぎてしまって、
いわゆるインサイドアウトにクラブが出やすくなるからなんですね。

そして、フルスイングするとタイミングがずれるとおっしゃっていますが、
実はこの右肘が大きく関係していると思います。

つまり、手打ちになってタイミングがずれてしまうんですね。

なんで手打ちが出るかというと、
右肘が開いてしまうことで、無意識にいい位置に戻さないと
いけなくなるわけです。

で、開いたひじを戻そうとするけれど、
速い動きだと戻しすぎたり戻らなかったりして、
スイングの再現性がなくなってきてしまいます。

なんとかアジャストしようとして、動いて右に行ったり左に行ったりして、
ダフリトップが出てしまうわけです。

人間ってすごいでしょう?
こうやって、無意識に戻そうとするんです!(驚)

でも、センスはよいと思うので、
ボールの練習を続けることで、必ずいい方向に行くと思います♪

以上、少しでも参考になればうれしいです!

それでは、今日も楽しいゴルフを!

モンゴより

<本日のオススメ>
ゴルフライブ新コーチのプログラム
『ゴルフを100倍簡単にするレッスン講座』が公開です!

「自由なゴルフ」をモットーに、
難しく考えることをやめて
スムーズなスイングに!

http://g-live.info/click/hamai150331/
※4/6(月)までの期間限定です。

The following two tabs change content below.
モンゴ

モンゴ

奈良県出身。大学在学中の20歳の時にゴルフの魅力にはまり、研修生に転身。その後プロゴルファーに。世界的なゴルファー、コリン・モンゴメリーにスイングが似ていることから「モンゴ」というあだ名が定着。2014年、小原大二郎プロが設立した100切り専門ゴルフレッスンスタジオの設立に参画。その明るい人柄や性格から、生徒全員を笑顔に変える「太陽のようなレッスンプロ」として、足繁く通うファンが絶えない。得意とするのはショートゲーム。また、メンタルへの造詣も深く、アマチュアに対するメンタルトレーニングの必要性を日々追求している。
カテゴリー: スイング, ダフリ, トップ, ミート率, メルマガ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
モンゴ

モンゴ について

奈良県出身。大学在学中の20歳の時にゴルフの魅力にはまり、研修生に転身。その後プロゴルファーに。世界的なゴルファー、コリン・モンゴメリーにスイングが似ていることから「モンゴ」というあだ名が定着。2014年、小原大二郎プロが設立した100切り専門ゴルフレッスンスタジオの設立に参画。その明るい人柄や性格から、生徒全員を笑顔に変える「太陽のようなレッスンプロ」として、足繁く通うファンが絶えない。得意とするのはショートゲーム。また、メンタルへの造詣も深く、アマチュアに対するメンタルトレーニングの必要性を日々追求している。

 

Facebookでコメントする

フルスイングすると芯に当たらない…(泣)」への5件のフィードバック

  1. マークン

    モンゴプロ、フフフ!昨日TVを見ていたら、自信を持つにはその前に2分間でかい態度をすればいいということを言っていた、色々プレゼンをしていたが要するに態度は精神に大いに影響するんですって、おじいさんも威張って次回にジャ○○やってみよ~

    返信
  2. よっしー

    モンゴプロお楽しみ様です。

    そう言えば小原プロの7日間シングルプログラムを購入した時に青いボールも一緒に送られて来て全く使っていません。。

    自分は左肘のひけからは既に脱出していますが、素振り練習の時にでも、チェックの意味でもボールを使ってみます。

    私的にはどうやって肘のひけから脱出したかと言いますと、左腕ですね。

    左腕一本でウェッジからドライバーまで腰から腰、肩から肩でミート良く打てるまでやる。
    肘が引けていたら絶対に失敗しますからね。

    両腕で打つ時も、とりあえずは左腕メインに意識して右腕は添える程度で練習していました。

    返信
    1. モンゴモンゴ 投稿作成者

      よっしーさん、いつもありがとうございます!青いボールを是非使ってくださいね^o^あとは、よっしーさんの仰る通り、左腕一本だけの練習も効果的ですね!素晴らしいです!こちらも定期的に練習してくださいね(*^_^*)

      返信
  3. マークン

    質問のコメントに丸をあげてるのでうれしくなって読まさせていただきました。ボールは鋏みはよく言われますけどあんまり面白くないのでやらないですがこれからはお聞きしたコツを頭に時々いやしばしば確認したいと思います。自分はトップするのが多く池谷さんの多いところではOBになってしまってタラレバでは良かったのに、あーあと涙する日が多いです。
     トップから振りに行かず形をキープしてタイミングを崩さずかつ上げようとしないでスイングしたいと思っています、しかし真っ直ぐに300ヤードほど?飛ばしたいという悪魔がすぐ後ろで背後霊なのです、実は肩に手を置いてるのが分かるんですよ、なんか少し重いのです、除霊の呪文はないでしょうか?
     私だってトップすることなんかは夢にも思わず誠心誠意、誰よりもメイチ飛ばしたいとすごく真面目に思っている老い先短い年寄りヘボゴルファーなのです。また機会があれば楽してスコアを良くする門外不出の呪文を披露してください。無いと思うけど、それは常日頃の正しい練習に尽きるでは体がついていかないのです。なんとゴルフは難しく面白いのでしょう。

    返信
    1. モンゴモンゴ 投稿作成者

      マークンさん
      コメントありがとうございます!ボール挟み練習で、涙する日々とお別れしましょう!残念ながら楽してスコアを良くする方法はありませんが、楽しくスコアを良くする方法は知っております^o^ゴルフ限定の除霊?も出来ますので機会がありましたら是非お会いしましょう(^○^)

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。