ダフりとトップの繰返しから抜け出したい…

2017.12.09
mongo

From:モンゴ
千葉の自宅より、、、

お楽しみ様です、モンゴです!

ゴルフ、楽しんでますか~?^^

さて、今日は

 「ダフりとトップの繰返しから抜け出したい…」

についてお話しようと思います。

ダフリっていたかと思えば、
今度はトップしてしまって。。。

ずっと無間地獄(むけんじごく)状態で
苦しんでいらっしゃる方、少なくありません。

今日の話は、
「ミスショットが消えないので何とかしたい!」
という方には必見の内容です。

早速ですが、こんなお悩みをいただきました!

> ダフりとトップの繰り返しです。
> 飛ばそうとして力んでいるなと感じていますが、
> 自重できません。

 

なあるほどお。。。

「自重できない」というのは。。。
うーん、困りましたねえ。(´・ω・`)
 

まあ、究極的な話で言えば、
「自分を制するのは自分しかいない!」なので。。。

そこは何とかできないかなと思うのですが、
きっとその制し方がわからないということだと
モンゴは解釈しました。
 

なのでそんなあなたに、
とーってもオススメなのが。。。
 

 「スイングの幅をコントロールできること!」
 

スイングの幅がコントロールできるのなら、
スイングのスピードもコントロールできるようになります!

振り幅のコントロールをまず第一に考えて練習を続けると、
スピードを落とさざるを得ない事態に出会います。

モンゴもそうでした…

ただ、このように言うと
スイングそのものを緩めてしまう人も多いのですが。。。

スイングのスピードを落とすのと、緩むのとは違うので
そこのところは気を付けてくださいね。(*^_^*)
 

おそらくこの質問者様の場合、今まではきっと
力まかせに振り切っていただけだったはずなんです。

それでも、ある程度は振り幅をコントロールできたとしても
ミスが出ているときはきっと、
それがうまく機能していないのだと思います。
 

なんでこんなことを言えるかというと。。。
 

何を隠そう、モンゴもそうだったからです!(;´Д`)
 

もう、何とか飛ばそうとして、
とにかく振り切っていたんです。。。
(力んでもいたと思います)

たとえば、30ヤードぐらいのアプローチでも
振り幅は整えていましたけど、インパクトの瞬間に
MAXの力で打ってしまっていました。

もうそれがクセになっているので、
クラブを持ったら、いつでもMAXのパワーに。。。

まさに「自重出来てない状態」でした。( T_T)

ボールは、逃げない

これはたとえとしてふさわしいかはわからないのですが。。。

車とかでも、ビュンと出したかったら
思いっきりアクセルを踏めばよいわけなんですが、
でもその分、コントロールは利かなくなりますよね?

車もゴルフも、スピードはゆっくりあげていく方が
コントロールも利くし、いいわけで。。。
 

これはよくお客様にもお伝えしていることなんですが
 

 「別にボールは、逃げはしませんよ」
 

それなのに、ビュンビュン振ってもしょうがないですよね!

「彼」はそこにいて、あなたを待ってくれています。
その場所に、適切に迎えに行けばいいだけなので。
 

しかも、これができるようになると
ダフリやトップが減ることはもちろんのこと、
さらにいいことがあります。それは。。。
 

 「微妙な距離感のコントロールができてくる!」
 

たとえばグリーン周りの微妙な距離、
「70ヤード」ぐらいの距離の時って
 

 「何のクラブで打てばいいの?」

 「どれぐらいの振り幅でいけばいいの?」
 

みたいな迷いが出ませんか?

もちろん、振り幅でコントロールすればいいんですが、
それだけでは限界があります。

そこにプラスして、スイングのスピードという面でも
コントロールができるようになれば。。。

ゴルフに深みが出てきます。違いがわかってきます!
 

2017-1209_1
 

 「♪ダバダー ダーバー ダバダー ダバダー 、 ダバダー ダバダー ダーーー」
 

すみません、ふざけすぎました。。。(-_-;)/(+_+;)\(-_-;)
 
 

「違いがわかる男」「ネスカフェ」はさておき、
とにかくゆっくり振ってみるのが
ミスを遠ざける第一歩だということを。。。

今日はしっかり頭に刻んておいてください!
 
 

以上、少しでも参考になればうれしいです!

それでは、今日も楽しいゴルフを!
 

<本日のオススメ>

大森睦弘コーチのウェブセミナー
「力みを取ったら飛んじゃった!」

ご要望にお応えして、期間限定での放映が決定!
公開が終了する前にコチラから登録しておいてください。
期間限定の無料ビデオです。

無料ウェブセミナーを見る

http://g-live.info/click/new_datsu_rikimi_op1712/

※期間限定です。週末のうちにどうぞ

The following two tabs change content below.
モンゴ

モンゴ

奈良県出身。大学在学中の20歳の時にゴルフの魅力にはまり、研修生に転身。その後プロゴルファーに。世界的なゴルファー、コリン・モンゴメリーにスイングが似ていることから「モンゴ」というあだ名が定着。2014年、小原大二郎プロが設立した100切り専門ゴルフレッスンスタジオの設立に参画。その明るい人柄や性格から、生徒全員を笑顔に変える「太陽のようなレッスンプロ」として、足繁く通うファンが絶えない。得意とするのはショートゲーム。また、メンタルへの造詣も深く、アマチュアに対するメンタルトレーニングの必要性を日々追求している。
カテゴリー: スイング, ダフリ, トップ, メルマガ, 再現性, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
モンゴ

モンゴ について

奈良県出身。大学在学中の20歳の時にゴルフの魅力にはまり、研修生に転身。その後プロゴルファーに。世界的なゴルファー、コリン・モンゴメリーにスイングが似ていることから「モンゴ」というあだ名が定着。2014年、小原大二郎プロが設立した100切り専門ゴルフレッスンスタジオの設立に参画。その明るい人柄や性格から、生徒全員を笑顔に変える「太陽のようなレッスンプロ」として、足繁く通うファンが絶えない。得意とするのはショートゲーム。また、メンタルへの造詣も深く、アマチュアに対するメンタルトレーニングの必要性を日々追求している。

 

Facebookでコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。