キビシ~ッ!だから○○してチョウダィ!

2016.06.04
mongo

From:モンゴ
千葉の自宅より、、、

お楽しみ様です、モンゴです!

ゴルフ、楽しんでますか~?^^

さて、今日は

 「コースレッスンで改めて確信した、ゴルフ上達の極意」

についてお話しようと思います。

にしても、冒頭から変なタイトルでスミマセン。
(関西の方は、このタイトルに反応なさったかもしれません! 笑)

実は先週、先々週と、久しぶりに千葉のスタジオ
「スマイラック」のコースレッスンに行って、
ちょっと思い出したことがありまして。。。

久しぶりの千葉スマイラック!

この春から神田の「ゴルフパフォーマンス」に移って、
久しぶりのスマイラックでのコースレッスンでした。

ちょっと人が足りないということで、
急遽、応援に行くことになりました。

コースレッスンにいらっしゃる会員さんとは
数カ月ぶりに再会することができました。

みなさん数ヶ月が過ぎ、上達されているのが感じられて、
モンゴとしてもとてもうれしかったです。

でも、会員さんにお話を聞いてみますと、

 「モンゴさん。。。でも、
  まだスコアにそれが結びついてないんですよ。」

とのこと。。。(泣)

でもですね、モンゴがはたから見ていても、
その違いは一目瞭然でした。

簡単に言うと、今までは大ケガするような大きいミスが
小さいミスで済んでいることが、見ていてわかったことです。
具体的には、

・通い始めた当初は「そのスイングが出たらOB。。。」
 だったのが、今はOBには行かずに林やラフで留まっていたり

・ミスが出たら、しばらくは同じミスが続いていたのが、
 2~3球打ったら修正ができてしまっていたり

といった具合です。

「キビシ~ッ!」だったのが。。。

確かに表面のスコアには反映されていないかもしれませんが、
明らかに「大きいミス」が「小さいミス」になっていたんですね。

大きいミスが出ていた頃ならもう

 「キビシ~ッ!」(←財津一郎風)

っていう感じだったんですが、
今ではそういう感じではありませんでした。

でも、今ではそれが食い止められているのは、突き詰めると

 「グリップ」と「アドレス」

結局は、ここに行き着くんだと思います。

もちろん、スイングの動きに由来するミスも
あるんはあります。

ですが、その行けない動きを呼びこんでいる根本的な原因は、
グリップとアドレス、やっぱりここです。

僕らも、ゴルフを始めた頃はそうだったんですが、
そこのチェックを飛ばしてしまうんですね。

そしておそらく、習ってない頃、スタジオに通っていない頃は
そこに原因があることを、そもそもわからなかったはずです。

だからここで敢えて、声を大にして言いたいいのが

「グリップとアドレス、チェックしてチョウダィ!」

っていうことです!(同じく財津一郎風。。。笑)

根本のミス、原因が分からないミスを動きで見てしまうと、
原因を見誤ることが多いです。

たとえば、スライスが出てしまったとします。

 「スライスが出たから、アウトサイドインで入っているんだ」

ええ。それは確かに、そうかもしれません。

ですが、元がアウト・インの動きになるアドレスになっていたら、
スイングの動きを一生けんめい直したとしても、
結局また同じアウトサイドインのスイングが出てしまいます。

構え(グリップとアドレス)自体が、
アウトインになる構えだからです。

グリップやアドレスは、動きが無いので地味で、
気をつけようという意識が薄くなりがちです。

でも、そこをそこを注意してやれば、がまんしてやれば、
根本がわかって、今より一段上に行けるのに。。。

もったいないんです!

でもその点、スマイラックの会員さんは、
そのへんのアドレスの問題が一掃されていました。

おまけに、スゴイなと思ったのは、
会員さんのお一人がスライスが出てミスをした時に、

 「今、何が悪かったんですかね。。。?」

と、それとなくモンゴが聞いてみたんです。
そうしたら、

 「グリップはOKでしたが、アドレスのここが悪くて、
  だからスライスが出ちゃったんですかねえ。。。?」

そんなふうに答えてくれました。

「そのと~り!!!」

(またもや財津一郎風。しつこい。。。苦笑)

この会員さんについては、見ていく順番がわかっているからこそ、
そのような受け答えが出来たわけですね。

ここまで来ると、自分で根本の原因がわかっています。
このレベルになってくると、自分でプライベートでゴルフに行っても

 「ココが悪いから、こう構えよう」

といった具合に、根本の原因に自分でアクセスして、
ミスを自分で直せるようになります。

モンゴもいろいろなところで何度も言っていますが、
スコアのいい人、上手な人は、ミスが出た時の対処が本当に上手です。

やっぱりゴルフって、習ってる習ってないは
こういうところに出るんだと、モンゴは思います。

先週、先々週と見させていただいた会員のみなさんへ。

拝見して、着実な進歩は見ていてもわかるので、
あとはシンプルにやるだけです。

今の変化は目に見えない、小さい変化かもしれませんが、
一発の大きいミスに心を奪われることさえなければ、
すぐに目標は達成できるはずですよ~(∩´∀`)∩ワーイ

以上、少しでも参考になればうれしいです!

それでは、今日も楽しいゴルフを!
 


<本日のオススメ>

70歳からでもできる!
全額返金保証付きの70歳で250y飛ばせる
「マスタードライブプログラム」

この年齢や筋力に関係なく
飛距離をアップさせられる3つのポイントとは?

http://g-live.info/click/msd1606/

※期間限定割引キャンペーン中です。

 

Facebookでコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>