【ビデオ】手打ち撲滅!最高のトップを作る

2017.10.15
ohmori

From:大森睦弘
岐阜の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は

 「手打ち撲滅! 最高のトップを作る」

というお話をさせていただきます(ビデオあり)。

その話に入る前に、まずは
「ゴルフの余計な力を連想した瞬間の出来事」
についてのお話をさせてください。

実はそれは、体幹強化を意識したトレーニングを、
私が生まれて始めてやったときのことでした。

体幹とは、骨盤から首の付根である胴体部分のことで、
ゴルフはもちろんさまざまなスポーツで
体幹の重要性が語られています。

現在では、私も体幹トレーニングはいろいろなところで
取り入れてやらせていただいたいます。

ところが、私が体幹トレーニングをやり始めたときに、
ゴルフで余計な力を使うことに関連して、
思わぬことを連想したことがあるのです。

そのゴルフでの不必要な力とは。。。?

と、本題に入る前に

業務連絡が4点あります。

まず1点目。先日からお知らせしています通り、
私の6ヶ月のレッスンコース「大森塾」について。

岐阜のみ、引き続き下記よりお申込みが可能です。
ぜひ一度、ご案内をご確認下さい。

http://g-live.info/click/omrjuku_gen170924/
 

■中部開催:岐阜県(各務原市)

ニッケゴルフ倶楽部 岐阜センター
〒509-0141 岐阜県各務原市鵜沼各務原町8-7

日曜コース
10月22日(日) / 11月19日(日) / 12月17日(日)
01月21日(日) / 02月18日(日) / 03月18日(日)

月曜コース
10月23日(月) / 11月20日(月) / 12月18日(月)
01月22日(月) / 02月19日(月) / 03月19日(月)

火曜コース
10月24日(火) / 11月21日(火) / 12月19日(火)
01月23日(火) / 02月20日(火) / 03月20日(火)
 

ご希望の方は、まずは一度
下記のご案内をご確認下さい。

http://g-live.info/click/omrjuku_gen170924/
 
 

そして2点目。
私のワンデーレッスン、10月のレッスンも募集中です。

すでに残席わずかの日程もございますので、
ご希望の方はお早めにお申込み下さい。
 

大阪(大阪市東淀川区)
10/17(火)のみ
10:00~17:00


http://g-live.info/click/ohmlg171015/
 

岐阜(岐阜県各務原市)
10/22(日)・10/23(月)・10/24(火)
10:00~17:00


http://g-live.info/click/ohmlg171022/
 

初めから半年のレッスンはちょっと。。。という方は、
こちらのレッスンに一回ご来場ください。
 
 

そして3点目。
先ほどのワンデーレッスンとは別バージョンとして、
「半日レッスン」というものを神戸市で開催します。

兵庫(兵庫県神戸市) ※3名限定
10/18(水)
10:00~13:00


http://g-live.info/click/ohmlg171018/

こちらはすべて室内でのレッスンですが、いろいろ工夫を凝らして行っています。
よろしければこちらもご検討下さい。
 
 

そして最後に4点目。
私のウェブセミナーが期間限定で放映中です。

こちらは再放送なのですが、期間限定で視聴無料ですので、
これをお読みの方は、ぜひご登録下さい。

大森睦弘Webセミナー
「15yキャリーをやったらゴルフが楽しくなった」


http://g-live.info/click/the_reborn_op1710/
 
 

今日は盛りだくさんでした。
では、話を戻します。

ゴルフでの「不必要な力」とは?

スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。

 

(おまけ付き)
今回のメールマガジンの内容をPDFでもご覧になれます。
こちらからクリックしてダウンロードして下さい。

http://g-live.info/click/omrpdf171015/

※印刷してファイルなさる方にはこちらが便利です。
 
 

ゴルフでの「不必要な力」とはズバリ、
 

 「バックスイングで体幹を捻りながら
  右肘を体幹の右横に動かそうとする力」

 

です。

実はほとんどの方々がお気づきでないことですが、
ゴルフでは右肘が体幹に対して左右に動くほどスイングが難しくなります。

基本時にパワーと精度を両立させる極意は、
体幹を安定させて、体幹にくっついている手脚を
自由にコントロールして動かすことです。

ゴルフでは初心者のうちから、パワーと精度の両立が
想像以上に高度に要求されるスポーツです。

まさにゴルフは、体幹へのパワー伝達と体幹に対する手脚の独立した使い方が、
飛びとスコアメイクにとって重要となっています。

そして、体幹トレーニングの中の「変形ダイアゴナル」という、
四つん這い姿勢から片腕を横にまっすぐ伸ばして、
反対側の脚を伸ばすという動きがあります。

その「変形ダイアゴナル」を私がはじめてやったときに、
自分の思わぬ代償動作に気づきました。

その代償動作とは、体幹を傾けることで
横に伸ばした腕を水平に保とうとしたことです。

※この詳細の説明はビデオに詳しいです。
 ビデオをご覧になって下さい。

要するに、腕を上にあげて水平に保とうとする筋肉を使う代わりに、
体幹を捻っていたのです。

「変形ダイアゴナル」での体幹トレーニングの効果を出すためには、
体幹は安定させておいて体幹自体は四つん這いのときの形を保ったまま、
手脚を自由に動かします。

このように、体幹トレーニングでは自分自身が思ってもいない
代償動作を行っていることに気付かされます。

そして、思ってもいない間違った動作を行っているケースは
ゴルフのスイングでも多発しています。

それは冒頭でお伝えした、体幹を一枚の硬い板としてターンすべきところを、
体幹を捻りながら体幹に対して右肘を右横に動かすことで
クラブを動かしているケースです。

本来は脚を使ってターンすべきところです。

これは先ほどの体幹トレーニングとは逆の動きですが、
体幹に対しての腕の動きが間違っているのが当たり前のようになっています。

本来、ゴルフの前傾姿勢で脚を使って体幹をターンさせるだけで、
スタンスの幅が広くなるほど手元は高いポジションまであがってきます。

まっすぐに立ってやてみるとわかりますが、
特に右肘は体幹に対して横に動かさなくても、コックを入れて、
右肘が曲げさせられるだけで、最高のトップになります。

バックスイング開始から下半身を使い、
右のお尻を右後ろポケット方向へ押し込むようにして、
右膝を伸ばすことを意識してみましょう。

そうすれば、下半身が正しく動くことで、
右肘が体幹に対して右にずれるという上半身の代償動作が入りにくくなり、
良いバックスイングから最高のトップが完成します。

普段の自分の行動は案外わかっていない

普段の行動は、繰り返し行われていると小脳にプログラムされていて、
ようするに意識に感じない領域で体が動きます。

まさに名選手名コーチにあらずなどと言われることもあるように、
優秀な選手ほど良い動きが小脳プログラムされていて、自動化しています。

基本を繰り返し練習することで、
その基本的な動きは小脳に焼き付けられます。

そして、細かい動きを意識していなくてもできるようになります。

良い選手ほど、正しい動きが自動化されるまで練習しているものです。

その結果、自分自身ではがんばって小脳に定着させてきた
良い動きのことを感じることすらなくなります。

ところが、小脳に焼き付けられるのが良い動きだけならありがたいのですが、
小脳は良い悪いは関係なく記憶してくれます。

悪い動きでも繰り返し行なっているうちに、
意識にはあがらなくなってきて、感じなくなります。

これが、かなり怖いことです。

自分自身が行っている悪い動きを、
感じないまま動作を行うようになるわけですから。

ゴルフでの悪い動きの刷り込みの例

ゴルフでの悪い動きの例としては、
先ほどお話させていただいたバックスイングで体幹を捻って
右肘を体の右横へスライドさせるような動きでクラブを腕で動かすことです。

単に、右肘を腕の力で体の右後ろに動かすことに加え、
体幹もゆるめて、そこに余計な力である捻る力を入れてしまうことが
間違った動きです。

右肘を腕の力で横に動かすということは、
間違っているということは理解し易いことだとは思います。

しかし、体幹を捻ることは、え、何のこと?
と思われる方も少なくないかもしれません。

体幹は硬い板のように使いたいのに、
その体幹を捻ろうとすると、当然ゆるめなければ捻じれません。

そのため、体幹は硬い板ではなく、
へにょへにょのゴムみたいにしなければならなくなります。

そうなると、下半身のパワーを肩甲骨まで正確に
かつ効率良く伝えることができなくなってしまいます。

その他にもたくさん間違った動きが体に刷り込まれています。

そういえば、バックスイングで前腕を右に捻って
フェースを力で開く動きも悪い動きの一つです。

最近の大型ヘッドドライバーを使いこなすためには、
スイング中のフェースの開閉は少ないほど慣性モーメントが大きくなって
安定性のあるヘッドの特性を活かすことができます。

ところが、バックスイングで前腕を右に捻って
フェースを力で開くと、困ったことが起きます。

一旦開いてしまったフェースの向きを、
ダウンスイングで戻そうとしても、
大きなヘッドではなかなかセットアップの向きに戻ってくれません。

そうすると、力で無理やりフェースを閉じようとしてしまいます。

実は逆だったりします。

ウィークなグリップを正しく修正しないまま
前腕を左に捻ることがうまくなると、
ダウンスイングでフェースを力で閉じたいがために、人はおもしろいことを始めます。

それは、バックスイングでフェースを開こうとしてくる動きです。

人は行いたい動作の反対方向の動きを一旦行うことで、
全体の動作が滑らかになります。

フォワードプレスで、手元を一旦、打ち出し方向へ押し込むことで、
バックスイングがスムーズになったり、リズム良くなります。

そのため、ボールヒットでフェースを閉じる動きを行おうとしていると、
自分自身では気づかないうちにバックスイングではフェースを開くようになります。

まだまだいくらでも悪い動きが小脳に刷り込まれたゴルフでの例はたくさんありますが、
もう一つだけ見てみることにします。

トップに向かって腕を上にあげる力を出そうとすることです。

え、上にあげる力を使わなければ
クラブは正しいトップの位置にはあがらないのでは?

と思いますね。

ところが、下半身の動きを使ってヘッドを打ち出し後方へ振り出すようにすれば、
そのヘッドの勢いだけでクラブは最高のトップに収まります。

まさに脚でバックスイングすれば、手の力はほとんどいらないのが良いトップです。

手でクラブをトップに持ってこようとすると、
上半身には余計な力が入ってしまいます。

特に左肩に力が入ります。

そうすると、左肩甲骨が楽に動かなくなり、
トップに向かって左肩甲骨が胸の方向へスライドする動きを妨害してしまいます。

そうなると、トップは浅くなってしまいます。

トップが浅くて低いと飛ばないと感じて、
手の力でクラブを上にあげようとすることになります。

ということで、小脳に刻まれやすい悪い動きについては、
これからも少しずつ見ていくことにしたいと思います。

とりあえず、今日はここまでにします。
 

ちなみに私の「大森塾」では、
こうした「ちょっとしたことでうまくいく」ヒントについても
たくさんご紹介させていただきます。

大阪と岐阜のみ、引き続き下記よりお申込みが可能です。
ぜひ一度、ご案内をご確認下さい。

http://g-live.info/click/omrjuku_gen170924/
 

■近畿開催:大阪府(大阪市東淀川区)

井高野ゴルフセンター
〒533-0001 大阪市東淀川区井高野4-7-85

日曜コース
10月15日(日) / 11月12日(日) / 12月10日(日)
01月14日(日) / 02月11日(日) / 03月11日(日)

月曜コース
10月16日(月) / 11月13日(月) / 12月11日(月)
01月15日(月) / 02月12日(月) / 03月12日(月)

火曜コース
10月17日(火) / 11月14日(火) / 12月12日(火)
01月16日(火) / 02月13日(火) / 03月13日(火)

■中部開催:岐阜県(各務原市)

ニッケゴルフ倶楽部 岐阜センター
〒509-0141 岐阜県各務原市鵜沼各務原町8-7

日曜コース
10月22日(日) / 11月19日(日) / 12月17日(日)
01月21日(日) / 02月18日(日) / 03月18日(日)

月曜コース
10月23日(月) / 11月20日(月) / 12月18日(月)
01月22日(月) / 02月19日(月) / 03月19日(月)

火曜コース
10月24日(火) / 11月21日(火) / 12月19日(火)
01月23日(火) / 02月20日(火) / 03月20日(火)
 

ご希望の方は、まずは一度
下記のご案内をご確認下さい。

http://g-live.info/click/omrjuku_gen170924/
 
 

もし、初めから半年のレッスンはちょっと。。。という方は、
私のワンデーレッスンに一度ご来場ください。

10月のレッスンも募集中です。
すでに残席わずかの日程もございますので、
ご希望の方はお早めにお申込み下さい。
 

大阪(大阪市東淀川区)
10/17(火)のみ
10:00~17:00


http://g-live.info/click/ohmlg171015/
 

岐阜(岐阜県各務原市)
10/22(日)・10/23(月)・10/24(火)
10:00~17:00


http://g-live.info/click/ohmlg171022/
 
 

ワンデーレッスンとは別バージョンとして、
「半日レッスン」というものも神戸市で開催しています。

兵庫(兵庫県神戸市) ※3名限定
10/18(水)
10:00~13:00


http://g-live.info/click/ohmlg171018/

こちらはすべて室内でのレッスンですが、いろいろ工夫を凝らして行っています。
よろしければこちらもご検討下さい。
 

あとは、私のウェブセミナーですね(期間限定で放映中)。

こちらは無料ですので、まだご覧でない方はぜひどうぞ。

大森睦弘Webセミナー
「15yキャリーをやったらゴルフが楽しくなった」


http://g-live.info/click/the_reborn_op1710/
 

これで、今日は本当のおしまいです。

では、また。

The following two tabs change content below.
大森 睦弘

大森 睦弘

大学卒業後、世界でも有数な大手電機メーカーに勤務。社内の中央研究所や外部機関の客員研究員(東京大学)など、研究開発に従事。その類まれな分析力と強靭なメンタルは、ビジネスでの成功だけにとどまらず、スポーツでも発揮。国民体育大会アルペンスキーで優勝など、その競技力と長年の指導実績から、神奈川県アルペンスキーコーチとしても活躍。 その後、会社を早期退職し、ゴルフのインストラクターを養成するコースを卒業。卒業と同時に、コーチとして、プロ、ジュニアや一般の方々へのコーチング、ツアーキャディーなど、幅広い層に対するコーチングを行った。特にメンタルテストで「トップアスリートとして通用するレベル」と診断され、その強いメンタルを作りあげた経験を元に、メンタル面のサポートも行う。 現在、フリーのコーチとして独立。一般の方の本当の気持ちになって、どんなことでもとことん説明するなど、今まで納得できなかったと言われたことにも、やさしく解説することを信条としている。さらに、分析能力の高さを生かしてコーチングの仕事に従事するかたわら「ゴルフでのからだの使い方」をやさしく紐解くことで、ゴルフを普及させる活動を行なっている。
カテゴリー: トップ, ビデオ, 体づくり, 新着ビデオ | 投稿日: | 投稿者:
大森 睦弘

大森 睦弘 について

大学卒業後、世界でも有数な大手電機メーカーに勤務。社内の中央研究所や外部機関の客員研究員(東京大学)など、研究開発に従事。その類まれな分析力と強靭なメンタルは、ビジネスでの成功だけにとどまらず、スポーツでも発揮。国民体育大会アルペンスキーで優勝など、その競技力と長年の指導実績から、神奈川県アルペンスキーコーチとしても活躍。 その後、会社を早期退職し、ゴルフのインストラクターを養成するコースを卒業。卒業と同時に、コーチとして、プロ、ジュニアや一般の方々へのコーチング、ツアーキャディーなど、幅広い層に対するコーチングを行った。特にメンタルテストで「トップアスリートとして通用するレベル」と診断され、その強いメンタルを作りあげた経験を元に、メンタル面のサポートも行う。 現在、フリーのコーチとして独立。一般の方の本当の気持ちになって、どんなことでもとことん説明するなど、今まで納得できなかったと言われたことにも、やさしく解説することを信条としている。さらに、分析能力の高さを生かしてコーチングの仕事に従事するかたわら「ゴルフでのからだの使い方」をやさしく紐解くことで、ゴルフを普及させる活動を行なっている。

 

Facebookでコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。