ショットが変わるポイント第1位[#22]

2018.01.06
kameko

From:亀子充温

新年
明けまして
おめでとうございます。
今年も僕のメルマガの視聴を宜しくお願い致します。

s-スクリーンショット 2018-01-05 0.13.08

さて
去年の日本オープン
太一郎のキャディーをした時の話です。
その初日、同じ組だった峻輔(薗田プロ)のティーショットが右に左に大暴れ

僕は、それを観て太一郎に
『峻輔アドレス、肩が開き過ぎじゃねーか?』と言うと・・・

太一郎
『そうッスね、あんなにプレーンが綺麗なのに勿体無いッス』

初日の峻輔は、1トリプルボギー・6ボギーの9オーバー、ブービーの成績でホールアウト

その日の15時過ぎ、太一郎との練習を終えて僕がクラブハウスに戻ると・・・・
クラブケースを引き摺りながら峻輔が
『お疲れ様です。帰りま~す。』と言い残しゴルフ場を去りました。

今年初のメルマガは
ゴルフの基本中の基本
【アドレス】から始めます。

何故、初歩的なアドレスから始めるのか?
それは、3月彼岸過ぎのゴルフシーズンに向けて僕のメルマガ視聴者の方々に
基本的な知識とアドレスを身に付けて貰いたいと切に願うからです。

僕がお勧めするアドレスの手順は
①胸を張って、骨盤を立てて直立
②股を内側に締めながら肩幅+10cmほどで足を開く
③背筋を伸ばしたまま股関節から前傾させる
④両手を重力に任せダラリと下ろす
⑤下ろした手の位置でグリップを握る

s-スクリーンショット 2018-01-05 0.25.07

【前傾角度について】
★前傾角度の良し悪しは、各々に骨格や筋肉量が異なるので人により様々です。
深い前傾が合う人や浅い前傾が合う人が居ます。

前傾角度は、シックリくる角度を模索するしかありません。
僕の経験では・・・
手先が器用で爪先重心を好む方は、前傾角度が深い傾向が多く・・・
野球で例えれば・・・・ヒット量産型のイチロー選手タイプ

パワフルで踵重心を好む方は、前傾角度が浅い傾向が多く・・・
野球で例えれば・・・・ホームラン量産型の松井秀喜選手タイプ
結論は・・・
貴方がショットしやすい前傾角度であれば良いのです。

★前傾角度がシックリ来ない方の前傾角度の見付け方は・・・
①直立した状態で肩幅くらいに足を開き上半身は、リラックス
②そして、ジャンプして着地と同時に膝を少し曲げ&前傾させながら肩幅+10cmほどに足を開いて着地
貴方の前から強風が吹いても耐えられるイメージで・・・
ドッシリした前傾に構えられます。

【アドレスの姿勢で重要なポイント】
①胸を張りリラックスしてドッシリ構えられている事
★スタンス幅は、肩幅+約10cm前後が理想です。
狭すぎると体重移動がしづらく・広すぎるとスエーし過ぎて力強いインパクト姿勢がズレ易くミート率が下がります。
★膝は、内に入れスキーのボーゲンスタイルの様に股を締めて下さい。
股が開くと膝が流れインパクトゾーンが乱れます。

②背筋が伸びて股関節から前傾出来ている事
★前傾姿勢をとるには両踵を上げて少し高い椅子にお尻を乗っけるイメージ
★背骨(脊椎)は、スイング軸に成るので背筋は、なるだけピンと伸ばして下さい。

③腕を自重のまま下ろした位置でグリップ出来ている事
★グリップは、貴方にシックリくるグリップで構いませんが、両手共に中指~小指でグリップを握り自然に腋が締まる様にして下さい。
★腕の自重に任せる事は、余分な力みを無くす=リラックスと共に貴方の身長に見合った極限の縦振りにする為です。
*参考メルマガ
グリッピングについては・・・昨年9月2日9月9日
骨盤の向きについては・・・9月23日
僕のメルマガを参考にして下さい。

この①〜③の3つがポイントです。

今日は、今年初めてのメルマガなので・・・ゴルフの基本中の基本のアドレスをアップしました。

プロでも毎日の練習でほんの少しずつアドレスがズレてしまう事があります。

スコアにお悩みの方は、是非、新年に当たり初心に帰りご自分の【アドレスチェック】をしてみて下さい。

<<参考フォト>>
下記写真のアドレスの各部位の位置や姿勢を参考にして下さい。

ドライバーアドレス(岩田プロ)
s-スクリーンショット 2018-01-05 1.05.26

7番アイアンアドレス(関研修生)
s-スクリーンショット 2018-01-05 1.02.45

<本日のオススメ>
飛距離アップのプレゼント:
社外秘、飛ばしのスッキリ体験
なぜ、これで250yの飛距離を取り戻せたのか?

飛距離が落ちたと感じる方はクリック

http://g-live.info/click/jsnk20180104/

The following two tabs change content below.
亀子充温

亀子充温

ゴルフウェアブランド『BLOODSHIFT』デザイナー&オーナー、そしてキャディー 1962年2月8日 愛知県碧南市出身 地元の高校を卒業後、電電公社などに勤めるもやりたい仕事を求め、文化服装学院に入学、デザイン科を卒業後、芸能関係の舞台衣装制作やアパレルメーカーに勤務しデザインと型紙を追求、その後、独立しアパレルメーカー(有)エントリーを立ち上げ様々なアパレルブランドのデザイン・型紙・生産を担当 ゴルフは、19歳で始め、愉快な仲間とレジャー的なゴルフを楽しむ、しかし、30歳代半ばでゴルフにのめり込み練習に練習とラウンドを重ねる。その当時、お洒落で機能的なゴルフウェアが世間には少なく、自分用のゴルフウェアをデザインし自作着用する。その後、何人かのプロゴルファーと知り合い2007年ゴルフウェアブランド【BLOODSHIFT】を立ち上げプロ達にウェア支給を開始、同時に『一緒に闘いたい』意識に目覚め各ツアーでのキャディーも始める。初キャディー経験と同時にプロ達との練習にも帯同しスイング・アプローチ・パッティングなどの研究を始め、プロ達へのアドバイスも行う。キャディー経験は、男子ツアー、女子ツアー・男子アジアンツアーなどで70試合を超え、現在は、レッスン・練習器具開発も行う。【キャディー担当プロ】清田太一郎・岩田寛・江連忠・北田瑠衣など・・・ ベストスコア・・72(カレドニアンGC) 思い出に残るスコア・・75(セントアンドリュース・オールドコース)
カテゴリー: アドレス, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
亀子充温

亀子充温 について

ゴルフウェアブランド『BLOODSHIFT』デザイナー&オーナー、そしてキャディー 1962年2月8日 愛知県碧南市出身 地元の高校を卒業後、電電公社などに勤めるもやりたい仕事を求め、文化服装学院に入学、デザイン科を卒業後、芸能関係の舞台衣装制作やアパレルメーカーに勤務しデザインと型紙を追求、その後、独立しアパレルメーカー(有)エントリーを立ち上げ様々なアパレルブランドのデザイン・型紙・生産を担当 ゴルフは、19歳で始め、愉快な仲間とレジャー的なゴルフを楽しむ、しかし、30歳代半ばでゴルフにのめり込み練習に練習とラウンドを重ねる。その当時、お洒落で機能的なゴルフウェアが世間には少なく、自分用のゴルフウェアをデザインし自作着用する。その後、何人かのプロゴルファーと知り合い2007年ゴルフウェアブランド【BLOODSHIFT】を立ち上げプロ達にウェア支給を開始、同時に『一緒に闘いたい』意識に目覚め各ツアーでのキャディーも始める。初キャディー経験と同時にプロ達との練習にも帯同しスイング・アプローチ・パッティングなどの研究を始め、プロ達へのアドバイスも行う。キャディー経験は、男子ツアー、女子ツアー・男子アジアンツアーなどで70試合を超え、現在は、レッスン・練習器具開発も行う。【キャディー担当プロ】清田太一郎・岩田寛・江連忠・北田瑠衣など・・・ ベストスコア・・72(カレドニアンGC) 思い出に残るスコア・・75(セントアンドリュース・オールドコース)

 

Facebookでコメントする

ショットが変わるポイント第1位[#22]」への1件のフィードバック

  1. 酒井 正樹

    いつも解りやすいご指導ありがとうございます。質問ですが、クラブ別のボールの位置ってありますか?それとも全て同じ位置になりますか?宜しくお願い致します。

    返信

酒井 正樹 にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。