「インパクト大事ですよね」それホント?

2018.04.14
mongo

From:モンゴ
千葉の自宅より、、、

お楽しみ様です、モンゴです!

ゴルフ、楽しんでますか~?^^

さて、今日は
 

 「『インパクト大事ですよね』それホント?」
 

についてお話しようと思います。

タイトルがワケがわからないかもしれませんが。。。

今日はモンゴにとって
かなりの「ぶっちゃけトーク」になるかもです。。。

実は以前、お客様とこんなやりとりあったんです。

初めて来店されたお客様と

そのお客様は、ゴルフパフォーマンスに
初めて来店された方でした。

もちろん、全く初めての方でも
ゴルフパフォーマンスでは「ビジネスゾーン」を
メインにしたレッスンなので。。。

インパクトの重要性から始まって
このハーフスイングを続けることが
いかに大切かということをお伝えしています。

あ、このへんのインパクトの重要性については、
これをお読みのあなたなら「釈迦に説法」かもしれませんので、
ここでは省略しますよ~(о´∀`о)
 

で、そうしたインパクトの話を一通りさせていただいた上で
そのお客さまは一言、こうおっしゃったんです。。。
 

 「インパクト、大事ですよね」
 

いや、コレ。
普段だったらフツーに「流してしまう」んです。
 

その時も、流してしまうことはできたんですが。。。
 

なぜかその日は、ちょっとあまりに忙しかったのと
そのお客様の言い方が
 

 「うーん、あまりに軽いな。。。」
 

と思ってしまい、
ついこんな質問をお客様にぶつけてしまったんです。

「じゃあ、やってみてください」

 

 「じゃあ、せっかくレッスンに来ていただいているので
  ●●さん(お客様の名前)の考える、いいインパクトの形っていうのを、
  ちょっとやってみていただけますか?」

 

はい、普段だったら、初めていらした方に
そんな「無茶振り」をしたりはしません!(本当です)

でもなんかその日のそのお客さまには
「ちゃんと伝えなければ!」という思いが、
ムクムクと湧き上がって来てしまったんです。。。(;´Д`)
 

で、理想のインパクトの形を
その場でクラブを持ってやっていただいたんですが。。。

案の定というか、ちゃんとしたインパクトの形
(少なくとも、私たちゴルフパフォーマンスが伝えている形)を
再現することは、できなかったんですね。
 

今回の話では「インパクト」だったんですが、
別にこれは、インパクトの話に限ったことではありません。
たとえば、
 

 「ちゃんと当てなきゃ」
 

という言葉。
 

そもそも「ちゃんと当てる」って、
何をどうやったら「ちゃんと当たる」なんでしょうか?
 

これ、ものすごーくあいまいな言葉だということに
お気づきになったでしょうか???

自分の言葉で言えるかどうか?

こうした、ちょっと考えてみると
あいまいな言葉というものに対して
 

 「自分の(自分なりの)イメージあるいは言葉」
 

を持っている人は、とても強いんです!
 

それなりの成果を出しているプロたちであれば、
こうしたイメージ、あるいは言葉を持っています。

きちんと論理的に言葉で説明できるプロであれば、
 

 「アイアンだったら、下から2本めの溝を
  ボールにぶつければいいんだよ」

 

というふうに伝えるでしょう。
(それがすぐにできるかどうかは別として、ですよ)
 

あるいは、そうした言語化が
あまり得意でないプロというのもいます。
(むしろそういうプロの方が多いかもしれません! 笑)

言語化できるかどうか、得意かどうかは
ある意味その人の個性ですから。。。

ですがだからといって、できないプロでも
その「ちゃんと当てる」ということに対しては、
鮮明なビジュアルイメージはちゃーんと持っています。

明確なイメージがあるから、何度やっても同じ形、
同じ動きを再現できるというわけですね。

そして身体で表現できるかどうか?

ですが。。。
 

アマチュアゴルファーのみなさんは
言語化にしろ、ビジュアルイメージにしろ
そのどちらもがあいまいです。
 

先ほどのハンドファーストであれば、
 

 「左足の土踏まずに体重が乗って。。。」

 「前傾角度は。。。」
 

そうしたことを知識としては何となく分かっていても。。。

それをきちんと再現できるかどうかは別です。
 

大人のゴルファーの方が
ゴルフの上達を望むのであれば
 

 ・知識として言語化されたものを

 ・きちんと理解して知った上で

 ・それを身体を使って、表現することができるか?
 

もしあなたがそれを「大事だ」と思っているのなら。。。

上記の点がきちんとできているかどうかに
今一度こだわってみることを、強くオススメします!
 

以上、少しでも参考になればうれしいです!

それでは、今日も楽しいゴルフを!
 

The following two tabs change content below.
モンゴ

モンゴ

奈良県出身。大学在学中の20歳の時にゴルフの魅力にはまり、研修生に転身。その後プロゴルファーに。世界的なゴルファー、コリン・モンゴメリーにスイングが似ていることから「モンゴ」というあだ名が定着。2014年、小原大二郎プロが設立した100切り専門ゴルフレッスンスタジオの設立に参画。その明るい人柄や性格から、生徒全員を笑顔に変える「太陽のようなレッスンプロ」として、足繁く通うファンが絶えない。得意とするのはショートゲーム。また、メンタルへの造詣も深く、アマチュアに対するメンタルトレーニングの必要性を日々追求している。
カテゴリー: インパクト, スイング理論, ビジネスゾーン, メルマガ, 上達テクニック, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
モンゴ

モンゴ について

奈良県出身。大学在学中の20歳の時にゴルフの魅力にはまり、研修生に転身。その後プロゴルファーに。世界的なゴルファー、コリン・モンゴメリーにスイングが似ていることから「モンゴ」というあだ名が定着。2014年、小原大二郎プロが設立した100切り専門ゴルフレッスンスタジオの設立に参画。その明るい人柄や性格から、生徒全員を笑顔に変える「太陽のようなレッスンプロ」として、足繁く通うファンが絶えない。得意とするのはショートゲーム。また、メンタルへの造詣も深く、アマチュアに対するメンタルトレーニングの必要性を日々追求している。

 

Facebookでコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。