年齢とともにアイアンが下手になってきた…

2018.05.12
mongo

From:モンゴ
千葉の自宅より、、、

お楽しみ様です、モンゴです!

ゴルフ、楽しんでますか~?^^

さて、今日は
 

 「年齢とともにアイアンが下手になってきた…」
 

についてお話しようと思います。
 

モンゴが言うまでもないことですが
アイアンはスコアを作る「要(かなめ)」ですよね。

そのアイアンが下手になったとあっては
まさに一大事。。。じゃあどうしたらいいか?

お悩みをいただいています

> 年齢とともにアイアンが下手になる。
 
 

うーん、なるほどお。。。
 

このように言っていらっしゃるということは
当たり前ですけれど
 

 「もっとゴルフが上手くなりたい!」
 

こう思っているということですよね?
 

何よりまず、そういう向上心を持っていることが
とてもスバラシイと思います~!(о´∀`о)
 
 

さて。

で、このへんの話を始めると。。。
 

話が「クラブのこと」になっちゃうかもですねえ~( ´Д`)
 

もちろん、これは見させていただかないと何ともですが、
 

 ぶっちゃけクラブが
 合わなくなっちゃっている可能性がある

 

のかなと。。。
 

自分を過小評価してほしくない…

これについては、ゴルフパフォーマンスの
徳嵩フィッターも言っていることですが、
 

 「クラブが重くなってきた」
 

あるいは、
 

 「年を取って、軽いクラブにした」
 

でも、

 「軽いクラブにしたら、ゴルフが下手になった」
 

という声を、お客様からいただくことがあります。
 

ズバリ、ハッキリ言います。
 

 みなさん、自分を過小評価しすぎです!(ノд・。)
 

なぜ今、このような流れになったのかは
わからないのですが。。。
 

何かの拍子に、ドライバーの距離が一気に落ちたりすると、
アマチュアの方は軽いクラブをチョイスする傾向があるようです。
 

もちろん、それも決して
100%間違った選択ではないのかもしれません。

実際、ゴルフクラブのショップでも、年齢層が上のゴルファーには
軽いクラブをおすすめすることも多いようです。
 

軽いクラブにしても、
一瞬は飛距離が出るようになるかもしれませんが。。。

が、長くは続かない…(涙)

言ってしまえば、そのような飛距離アップは
「似非(えせ)」なので、続かないのです。
 

そして、恐ろしいことに。。。
 

 「今度は飛距離が以前に戻るどころか、
  むしろだんだん飛距離が落ちてきてしまった。。。」

 「それを直そうとしても、
  何をすればいいのか全くわからない状態に。。。」

 

そんなことすら、起こってくるのです!((((;゚Д゚)))))))
 

つまり、どういうことかというと。。。
 

・軽いクラブにすると、いわゆる手打ちになる

   ↓

・軽いクラブにした最初のうちは「手打ち=飛ぶ」感じがするので、
 無意識に手を使うようになる(←ハイ、ここで勘違い発生。。。涙)

   ↓

・手打ちが進行すると、だんだんそれが通用しなくなり
 じりじりとボールが飛ばなくなってくる。。。

   ↓

・あせってスイングを直すことでなんとかしようとするが
 その頃には正しいスイングの仕方を忘れてしまっている。。。
 (あるいは「何とか手先で」直そうとしてしまう)

   ↓

・ここまで来ると、正しい方向に直そうと思っても直せず
 どんどん負のスパイラルに落ちていく。。。

 

うーん、こうして文字にしてみると
ものすごく残酷な感じがしますが。。。

ですがきっと、起こっているのは
こういったところなのではないでしょうか。
 

なんで、こんなことが言えるかといえば。。。
 

実は、かつてのモンゴもそうだったからです!(;´Д`)
 

研修生の頃、練習場で夕方一人。。。

一生けんめい練習していているにもかかわらず
まあ、びっくりするぐらい当たらない状況だったんです。

まさにドツボ。
シッチャカメッチャカとはこのことです。
 

 「チクショー!!!」ヽ(`⌒´メ)ノ
 

最後の方には、もうその場で叫んでいましたし。。。
 

ですので、もしあなたのアイアンが不調だとしたら
重量が合っていない可能性があります。

なので、まずはフィッティングへどうぞ!
(今、ほんの少しだけ枠があるそうです)

http://g-live.info/click/abcstudio180510/
 

なんだか今日は某フィッターみたいな
メールマガジンになってしまいましたが。。。
 
 

以上、少しでも参考になればうれしいです!

それでは、今日も楽しいゴルフを!
 

<本日のオススメ>

ゴルフライブで人気沸騰の

 「ツアーストライカープロ」

今なら本数限定で
破格の値段で手に入りますが…

残りセットが少なくなっているようなので
お早めにコチラをチェックして下さい。

http://g-live.info/click/tourst1805/

※なくなり次第終了

The following two tabs change content below.
モンゴ

モンゴ

奈良県出身。大学在学中の20歳の時にゴルフの魅力にはまり、研修生に転身。その後プロゴルファーに。世界的なゴルファー、コリン・モンゴメリーにスイングが似ていることから「モンゴ」というあだ名が定着。2014年、小原大二郎プロが設立した100切り専門ゴルフレッスンスタジオの設立に参画。その明るい人柄や性格から、生徒全員を笑顔に変える「太陽のようなレッスンプロ」として、足繁く通うファンが絶えない。得意とするのはショートゲーム。また、メンタルへの造詣も深く、アマチュアに対するメンタルトレーニングの必要性を日々追求している。
カテゴリー: アイアン, ゴルフクラブ, メルマガ, 新着メルマガ, 重量フロー | 投稿日: | 投稿者:
モンゴ

モンゴ について

奈良県出身。大学在学中の20歳の時にゴルフの魅力にはまり、研修生に転身。その後プロゴルファーに。世界的なゴルファー、コリン・モンゴメリーにスイングが似ていることから「モンゴ」というあだ名が定着。2014年、小原大二郎プロが設立した100切り専門ゴルフレッスンスタジオの設立に参画。その明るい人柄や性格から、生徒全員を笑顔に変える「太陽のようなレッスンプロ」として、足繁く通うファンが絶えない。得意とするのはショートゲーム。また、メンタルへの造詣も深く、アマチュアに対するメンタルトレーニングの必要性を日々追求している。

 

Facebookでコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。