ノンテイクバックストローク[#45]

2018.06.16
kameko

From:亀子充温

皆さん、こんにちは!!

梅雨でゴルフの予定も入れ辛い時期ですね・・・

さて、先週につづきパッティングについて語ります。

僕が時々、教えているアマチュアの方々で100を切れない人のパター数を聞くと・・・
1ラウンドのパット数が約40~45打前後です。

その方々のパッティングのNGなところは・・・
第一の原因・・距離感が合わない
第二の原因・・ラインが読めない
第三の原因・・読んだラインに打ち出せない
大まかにこの3つです。

第二の原因・・『ラインが読めない』は、経験とセンスと平衡感覚(空間認知能力)の問題なので・・・いつかの機会に

そして、もう一つ重要な事がアドレスでの構えと腕の使い方です。
僕が考える理想のそれは・・・

(1)歩幅は、肩幅程度で股関節を立てて構える
*バーに置いてある高い椅子に腰掛ける様にして骨盤を立てて下さい。
(2)自然に両腋が締まった腕使いで構える
*他のクラブと同じ要領で(下記の写真を参考に・・・)
*グリッピング後の両腕は、伸ばしても・少し曲げても・どちらでもお好きな方で構いません。

★1:両肘と両手の平を上に向ける
s-2017-08-30 16.11.26

★2:両肘と両手の平を上に向けたまま、両小指をくっ付ける
s-2017-08-30 16.12.09

★3:両肘を上に向けたまま、両手の平の向きをターゲットラインとスクエアにする
   手の平の向きはとても大事な要素です。必ず行って下さい。
s-2017-08-30 16.13.04

(3)両手の平の向きをターゲットラインにスクエアにしたままグリッピングする
お試しください。

さてさて
1ラウンドのスコアが105
パット数が42の場合
パット数を6打縮めれば99で100切り達成です。
では、42のパット数を分析すると・・・
仮定の話ですが・・・
18ホール×2パット=36パット+6パット=42パットなのです。
となると6ホールで3パットを無くせば良いのです。

3パットの原因で一番多いのが・・・
ファーストパットのミスです。
例えば
10mのパッティングで・・・
1〜2m以上ショート、または1〜2m以上オーバー
もしくは、ラインを間違えて右に1〜2m以上、または、左へ1〜2m以上外れてしまう・・・
パッティングが苦手な方は、この1~2mを外して3パットになりがちです。

先日のミズノオープンで梅にアドバイスをしに行った時
パッティンググリーンで沢山のプロ達のパッティング練習を観てきました。

プロ達は、ストロークに悩みます。
左に引っ掻けたり、右に押し出したり・・・自分が読んだラインに打ち出せない事を悩みます。

僕は、プロ達に【ノンテイクバックストローク練習】をススメています。

梅の練習の時も
ルイちゃんのキャディーの時も
江連さんのキャディーの時も
勿論、太一郎のキャディーの時も
この【ノンテイクバックストローク練習】を取り入れて貰いました。

何故、【ノンテイクバックストローク練習】が良いのか??

パッティングの際、テイクバックを気にする方が多いのですが・・・それは始動を重視するからです。
始動がしっくり来ないと・・・ミスパッとする様な気になるからです。
僕は、逆にフォローを大事にと考えています。

フォローが大きく真っ直ぐに、フェイスもスクエアにストローク出来れば方向性は狂いません!!
逆に、フォローが大きく真っ直ぐに、フェイスもスクエアにストローク出来れば・・・
テイクバック (始動)は、自ずと真っ直ぐ後ろに引けているのです。

【ノンテイクバックストローク練習】を取り入れてみて下さい。
必ずストロークとフェイスの方向性が改善されます。

こんな感じの練習で・・・

この練習をする時の注意点
*振り子ストローク
*パラレルストローク
貴方がやり易いストロークで練習してください。
s-2018-06-12 21.55.04

s-2018-06-12 21.55.26

毎度の様な言葉で恐縮ですが・・・
『1Wでの250ヤードも10cmのパットも同じ1打です』
そして、パッティングは、各ホールの締めでもあります。
1日5分で構いません・地道な努力をしてくださいませ!!


<飛ばせる人と飛ばせない人の違い>
なぜ、同じくらいのゴルフ歴で
高いドライバーも買い、
背丈も同じくらいなのに

飛ばせるゴルファーがいる一方で、
飛ばせないゴルファーがいるのか?

答えは、ベン・ホーガンにありました

http://g-live.info/click/hog_ezu180531/

The following two tabs change content below.
亀子充温

亀子充温

ゴルフウェアブランド『BLOODSHIFT』デザイナー&オーナー、そしてキャディー 1962年2月8日 愛知県碧南市出身 地元の高校を卒業後、電電公社などに勤めるもやりたい仕事を求め、文化服装学院に入学、デザイン科を卒業後、芸能関係の舞台衣装制作やアパレルメーカーに勤務しデザインと型紙を追求、その後、独立しアパレルメーカー(有)エントリーを立ち上げ様々なアパレルブランドのデザイン・型紙・生産を担当 ゴルフは、19歳で始め、愉快な仲間とレジャー的なゴルフを楽しむ、しかし、30歳代半ばでゴルフにのめり込み練習に練習とラウンドを重ねる。その当時、お洒落で機能的なゴルフウェアが世間には少なく、自分用のゴルフウェアをデザインし自作着用する。その後、何人かのプロゴルファーと知り合い2007年ゴルフウェアブランド【BLOODSHIFT】を立ち上げプロ達にウェア支給を開始、同時に『一緒に闘いたい』意識に目覚め各ツアーでのキャディーも始める。初キャディー経験と同時にプロ達との練習にも帯同しスイング・アプローチ・パッティングなどの研究を始め、プロ達へのアドバイスも行う。キャディー経験は、男子ツアー、女子ツアー・男子アジアンツアーなどで70試合を超え、現在は、レッスン・練習器具開発も行う。【キャディー担当プロ】清田太一郎・岩田寛・江連忠・北田瑠衣など・・・ ベストスコア・・72(カレドニアンGC) 思い出に残るスコア・・75(セントアンドリュース・オールドコース)
カテゴリー: 夕刊メルマガ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
亀子充温

亀子充温 について

ゴルフウェアブランド『BLOODSHIFT』デザイナー&オーナー、そしてキャディー 1962年2月8日 愛知県碧南市出身 地元の高校を卒業後、電電公社などに勤めるもやりたい仕事を求め、文化服装学院に入学、デザイン科を卒業後、芸能関係の舞台衣装制作やアパレルメーカーに勤務しデザインと型紙を追求、その後、独立しアパレルメーカー(有)エントリーを立ち上げ様々なアパレルブランドのデザイン・型紙・生産を担当 ゴルフは、19歳で始め、愉快な仲間とレジャー的なゴルフを楽しむ、しかし、30歳代半ばでゴルフにのめり込み練習に練習とラウンドを重ねる。その当時、お洒落で機能的なゴルフウェアが世間には少なく、自分用のゴルフウェアをデザインし自作着用する。その後、何人かのプロゴルファーと知り合い2007年ゴルフウェアブランド【BLOODSHIFT】を立ち上げプロ達にウェア支給を開始、同時に『一緒に闘いたい』意識に目覚め各ツアーでのキャディーも始める。初キャディー経験と同時にプロ達との練習にも帯同しスイング・アプローチ・パッティングなどの研究を始め、プロ達へのアドバイスも行う。キャディー経験は、男子ツアー、女子ツアー・男子アジアンツアーなどで70試合を超え、現在は、レッスン・練習器具開発も行う。【キャディー担当プロ】清田太一郎・岩田寛・江連忠・北田瑠衣など・・・ ベストスコア・・72(カレドニアンGC) 思い出に残るスコア・・75(セントアンドリュース・オールドコース)

 

Facebookでコメントする

ノンテイクバックストローク[#45]」への2件のフィードバック

  1. みさこ

    正に昨日のラウンドでは、スコア 110。パット数が49でした。どうしても距離感をつかめませんでした。パーオンしても一打目のパットが寄せられなくて、3パットの連続 4パットも…どんどん自信が無くなったところでした。写真付きの練習の仕方、ありがとうございます! 毎日やってみます。

    返信
  2. 花田佐紀夫

    パットの二つのタイプがよくわかりました。私は振り子のようです。意識して練習します。
    パター選びにも関係するように聴いたことがありますので参考になります。有難うございました。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。