[お悩み] トップの位置が安定せずミスが多い

2018.08.04
mongo

From:モンゴ
千葉の自宅より、、、

お楽しみ様です、モンゴです!

ゴルフ、楽しんでますか~?^^
 

さて、今日は「トップの位置が安定しない」について。

これによってミスが出ている方、
意外と多いですよねえ。。。(T_T)

実はモンゴもそうでした。
そう、典型的な。。。

オーバースイングでした…

以前にもココでお話ししたことがあるかもしれませんが、
典型的なオーバースイングでした。

なのでトップの位置が安定せず、
ボールを曲げたりのミスが多かったです。。。(ノд・。)

なので、その気持ちはとーってもよくわかります!
 

はい、それでは復習です。

そもそも、バックスイングが大きくなると
なぜミスショットが多くなるのか。。。???
 

 ・
 
 ・
 
 ・
 
 ・
 
 ・
 
 (はーい、考える時間ですよ~)
 
 ・
 
 ・
 
 ・
 
 ・
 
 ・
 

はい、では正解です!

無意識に緩んでしまう

ハッキリ言って、これにはいろいろな理由が
あるとは思うんですが、代表的なところでは
 

 ・バックスイングが大きくなると、
  無意識のうちに「上げすぎだ」と判断してしまう

   ↓

 ・そのため、クラブを落とすときに
  身体や手の力加減を緩めてしまう
  (これも無意識のうちに起こります!)

   ↓

 ・結果、ミスショットになってしまう
 

が多いかもしれません!
 

そもそも、オーバースイングの人というのは
手打ちになっていることが多いんです。
 

 (モンゴも実際、そうでしたし。。。)
 

そもそも、軌道がずれてのミスというのは
その元となるのは「手で上げている」というのが
ほとんどなので。。。
 

で、モンゴはその「手打ち&オーバースイング」を
どうやって克服したかというと。。。

「アドレス!」

うーん、やっぱりココに行き着いちゃいます。。。
 

ってか、ここはやっぱり「キホンのキ」なので
外すわけにはいかないんですよねえ~( ´Д`)
 

手打ちは、大元をたどっていくと
「手を使うアドレスになっている」ことがほとんどです。
 

 ・股関節から前傾させているか?

 ・膝のライン、腰(股関節)のライン、肩のラインの
  3つのラインがきちんと維持できているか?

 ・重心の位置は足の拇指球(ぼしきゅう)にあるか?
 

まずはアドレスで、これらを確認してください!
 

この場で何度も繰り返しになりますが。。。
 

手で上げる動作を直せたところで
その瞬間はうまくいくのかもしれませんが、
結局次の日になったら戻っていることがほとんどです!

手打ちの主な原因は「肩の回転不足」なわけですが、
その肩の回転が確保されないアドレスになっていれば。。。

全ては無駄になってしまいます。(;´Д`)
 

ということで、本当に繰り返しになってしまいますが
 

 「動きを動きで直してはいけない!」
 

どうか改めて、コレを肝に銘じていただけたら、
モンゴはとーっても嬉しいです。(*^_^*)
 

以上、少しでも参考になればうれしいです!

それでは、今日も楽しいゴルフを!
 

<本日のオススメ>

「なんですか、これ?」

初めてこの練習器具を見た時、
みんな同じことを言いました。

なぜなら… どう見てもセンスが一切感じられない、
とっても変な形をしていたからです。

ですがテストをしてみたところ、
この練習器具は、これまでのどの練習器具よりも
ゴルファー本位に開発されていたのです…

http://g-live.info/click/kogafure180802/

※本数限定。なくなり次第終了

The following two tabs change content below.
モンゴ

モンゴ

奈良県出身。大学在学中の20歳の時にゴルフの魅力にはまり、研修生に転身。その後プロゴルファーに。世界的なゴルファー、コリン・モンゴメリーにスイングが似ていることから「モンゴ」というあだ名が定着。2014年、小原大二郎プロが設立した100切り専門ゴルフレッスンスタジオの設立に参画。その明るい人柄や性格から、生徒全員を笑顔に変える「太陽のようなレッスンプロ」として、足繁く通うファンが絶えない。得意とするのはショートゲーム。また、メンタルへの造詣も深く、アマチュアに対するメンタルトレーニングの必要性を日々追求している。
カテゴリー: アドレス, オーバースイング, トップ, メルマガ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
モンゴ

モンゴ について

奈良県出身。大学在学中の20歳の時にゴルフの魅力にはまり、研修生に転身。その後プロゴルファーに。世界的なゴルファー、コリン・モンゴメリーにスイングが似ていることから「モンゴ」というあだ名が定着。2014年、小原大二郎プロが設立した100切り専門ゴルフレッスンスタジオの設立に参画。その明るい人柄や性格から、生徒全員を笑顔に変える「太陽のようなレッスンプロ」として、足繁く通うファンが絶えない。得意とするのはショートゲーム。また、メンタルへの造詣も深く、アマチュアに対するメンタルトレーニングの必要性を日々追求している。

 

Facebookでコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。