コースに出るとどこを向いてるか分からない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2018.10.30
ezure

From:江連忠
神戸の自宅より、、、

こんにちは、プロゴルファーの江連忠です。
 

ゴルフについてはよく
「ゴルフは静止したボールを打つから難しい」
などと言われます。

ですが多くのアマチュアゴルファーにとって、
止まったボールを打つのが難しいと感じてしまうのは。。。

球筋(=目標)に対してではなく、
ボールに対して身構えてしまうためです。

どういうことか?

こんな質問をいただきました

今日のタイトルにもあるような
こんな質問がありました。
 

 「私の悩みは、コースに出ると
  どこを向いているのかわからなくなることです。

  そのために、ナイスショットをしたときに、
  球がピンと全然違う方向に飛んだり、
  それが怖くて振り切れなくなり、
  余計に曲がってしまうなどというミスが出ます。

  どうしたら、目標に対して正しく立てるのでしょうか。

  また、その他にも、アドレスにおける注意点などが
  あったら教えてください。」

 

 「コースに出るとどこを向いてるか分からない」
 

意外と多くの方から頂く質問です。

これについての解決方法の一つとして、
私がよくおすすめしているのは、
 

 「球筋に対して素振り&ワッグルする」
 

というものです。

これを行うことで、
体の向きは大きくズレなくなります。

「ボールに対して構える」がダメな理由

「ボールに対して構える」ことをしてしまうと、
 

 「止まっているボールに
  ヘッドを当てるために、構える」

 

ということになります。
こういう構えをしてしまうと
 

 ・どこを向いているのかわからなくなったり

 ・体の向きと正しいスウィングプレーンがズレてしまうために、
  なかなか自分の飛球をイメージできなかったり

 

といったことが、起こってしまうのです。
 

また、ボールだけを凝視すると、
筋肉は過度に緊張します。

そのことで体が思うように動かなければ、
クラブが正しい軌道を描くこともありません。

そうすうと当然のことながら
球筋はバラバラになり、まさに
 

 「どこに飛ぶかはボールに聞いてくれ状態」
 

になってしまいます。
 

これがまさに、以前にもここでご紹介した
「流れがないアドレス」の正体です。
 

 目をつぶって打ってみて下さい
 ↓
 http://g-live.info/click/180918_yuukan/

アマチュアゴルファーは目標を見る回数が少ない

練習場などでアマチュアゴルファーの方を拝見すると、
セットアップから始動までの間に、
目標を見る回数が非常に少ないことに気づかされます。

こうした現象はつまり、目標や球筋よりも
ボールに対する意識がそれだけ強いという証拠です。

ボールを目標に正確に運ぼうとするのであれば、
 

 ・目標に対して正しく立ち

 ・少なくともボールを見るより先に、目標をしっかり見て

 ・そこにボールを運ぶための球筋をイメージし

 ・その球が出るように素振りをし

 ・ワッグルをしてから、アドレスに入る
 

ことが大切です。またあるいは、
 

 ・目標を見ながら球を打つ練習

 ・目をつぶって素振りをする練習

 ・目をつぶって球を打つ練習
 

なども効果的です。

こういう練習をしていくことで、
アドレス時の体の向きが大きく狂うこともなくなるはずです。
 

もちろん、おそらく目をつぶると
球に当たらない人の方が多いと思い ます。

まずは、テレビやネット動画などでプロのセットアップを見て、
球筋に対して構えるクセをつけるようにしましょう。
 

以上を踏まえて、冒頭にもあげた
 

 「球筋をイメージして、素振りやワッグル」
 

ぜひ、お試し下さい。

追伸:「ザ・スウィング理論 アドレス~インパクト編」

私の教材

 「ザ・スウィング理論アドレス~インパクト編」

が期間限定のご案内中とのことです。

今だけのプレゼントも付いているようなので、
ぜひお試し下さい。

http://g-live.info/click/edsw_1810/

明日10/31(水)までです
 
 

 真剣であることが、唯一のゴルフの楽しみ方。

 ゴルフは人生を豊かにする素晴らしい方法。
 
 

江連忠でした。
 

The following two tabs change content below.
江連忠

江連忠

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: セットアップ, メルマガ, ワッグル, 新着メルマガ, 方向性 | 投稿日: | 投稿者:
江連忠

江連忠 について

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。

 

Facebookでコメントする

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。