あなたが球をターゲットに運べない理由…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020.04.21
ezure

From:江連忠
宮古島の自宅より、、、

こんにちは、プロゴルファーの江連忠です。
 

さて、今回は、
 

 「あなたが球をターゲットに運べない理由…」
 

というテーマで、お話ししたいと思います。
 

前回のメールマガジンでは
「腰で狙え!」という話をさせていただきました。
 

そもそも、私が思う理想的なスウィングは。。。

体のパーツすべてが「狙っている」

前回の話はこちらから。
 

「腰で狙え!」と言ってピンと来ない方へ

https://g-live.info/click/200414_nikkan/

 

私が思う理想的なスウィングは
体のパーツすべてが常に、ターゲットを狙っているのです。

そしてそのためには、
腰でターゲットを狙っている感じが
重要になってくるわけです。
 

では、なぜ「腰」なのか?
 

あなたはこの質問に答えられるでしょうか?
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 

 ・

腰は体の重心

腰というのは、体の重心がある場所であり、
また上半身と下半身を繋げる重要な部位でもあります。

なので、この部分でターゲットを狙えるようになると
自然に他のパーツも狙っている感じが出てくるのです。
 

 「ええ、でも江連さん、そんなレベルの高い話。。。」
 

そんなふうに言って、尻込みしないでくださいね。

アマチュアの人だって、
もっと腰がターゲットを狙っている感じを出した方が
絶対にいいんですから。
 

ですがアマチュアの皆さんは
球を打とうという意識が強いため。。。

腰も意識も全部球に向いてしまっているのです。

これでは、球を打つことが出来ても、
球をターゲットに運ぶという感じが出ません。

腰でターゲットを狙えば、球をしっかり捉え、
方向性をアップさせる事につながるのです。

ターゲットをどう意識するか?

では具体的に、どのようにターゲットに
意識を変えていけば良いのか?

そのイメージのしかたを、お伝えします。
 

まず意識は、腰全体でも、股関節でも、
腰の側面でも問題ありません。
 

 「意識しやすい部分でターゲットを捉える」
 

という構えをしてください。
具体的には、こんな方法です。
 

 方法1)

 アドレスでは、左の腰とターゲットを
 均等に意識します
 

 方法2)

 左のお尻を少しターゲットに向け、
 左腰・球・ターゲットを結んだ三角形をイメージします

  ※ここでクローズスタンスにする必要はありません。
   スクエアでも股関節で調節すれば、
   左のお尻はターゲットに向きます
 

 方法3)

 野球のバットで、一本足から
 思い切り踏み込む素振りをします
 

 方法4)

 ボールを縦1列に並べて、
 歩きながら連打して打っていく

 

いずれも腰でターゲットを狙う事を
体に覚えさせていきます。

これが出来て初めて、ダウンスウィングでも
腰でターゲットが狙えるようになるでしょう。
 

ぜひ、お試しください。

追伸:今こそスウィングの基本を身に付けたいなら

 「常に平常心で、力みのないスウィングを身につけたい。。。」

あなたがそう思っているのであれば、
下記の私の人気プログラムは
ぜひ見ていただきたい内容です。

人気プログラムのため
このメルマガ読者限定でご案内している関係で、
「人数限定」でのご案内となっていますが。。。

ご興味のある方は、どうぞお早めに
コチラから申し込んでおいて下さい。

コチラをクリック

本数限定。先着順で特典あり
 
 

 真剣であることが、唯一のゴルフの楽しみ方。

 ゴルフは人生を豊かにする素晴らしい方法。
 
 

江連忠でした。
 

The following two tabs change content below.
江連忠

江連忠

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: メルマガ, 新着メルマガ, 方向性 | 投稿日: | 投稿者:
江連忠

江連忠 について

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。

 

Facebookでコメントする

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。