遠心力を使って飛ばすには?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020.07.07
ezure

From:江連忠
宮古島の自宅より、、、

こんにちは、プロゴルファーの江連忠です。
 

さて、今回は、
 

 「遠心力を使って飛ばすには?」
 

というテーマで、お話ししたいと思います。
 

 「遠心力を使って飛ばす」

では実際、どうやればいいのでしょうか。。。?

遠心力に逆らわないためには?

前回は下記の通り、遠心力をテーマにお話しをしました。
 

遠心力に逆らうな!

https://g-live.info/click/200630_nikkan/

 

前回の話を軽くまとめますと、
 

・左ひじが引けてしまうと、
 クラブの動きにブレーキをかけてしまい
 遠心力が使えなくなる

・遠心力が使えていないと
 力を使った割に飛距離もでなくて
 かつ方向性も悪い

・なので、その遠心力に逆らわないように
 スウィングすることが大切

 

という感じです。
 

では具体的にどのようにすれば
遠心力が使えるようになるのでしょうか?
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 

(ちょっと考えてみてください)
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 

遠心力を使えるようになるための方法、
主に二つ、ここでお話ししてみます。

1.クラブや腕を柳の枝のように使う

 「え、江連プロ。柳の枝が風にそよそよと揺れるのは
  遠心力とは結びつかないように感じますが。。。」

 

あなたはそのように感じたかもしれません。
ですがここで、
 

 「(柳の木が)行きたい方向に、気ままに揺れている」
 

という動きに着目してみると。。。
 

この動きを可能にするのは、
柳の枝がやわらかいからに他なりません。

これがもし、硬い枝だったら
強風で折れてしまいます。
 

この「柳のようなしなやかさ」
スウィングに応用してみましょう。

クラブの動きを邪魔しないために、
腕とクラブを柔らかく使います。
 

ひじや手首を柔らかくし、
できるだけソフトにクラブを握って
クラブの重心を感じます。

遠心力を使うには、
この「ひじ」「手首」の感覚が
大前提となるわけです。

2.遠心力を使えるようになる練習

以下のような練習をやってみてください。
 

 ・まずは目を閉じて、
  バランス良くゆっくり大きくスウィング

  目を閉じることで、振ろうという意識から
  振られる感覚に変わると思います。
 

 ・次に、長いもの、重いものをゆっくり振る

  この時に働く遠心力を
  右手の中指、薬指、左手の人差し指、
  および足の裏で感じるようにすると良いでしょう。
 

 ・左腕の力を抜いて左手一本でスウィング

  特に左ひじの引ける人は、
  左腕の力を抜いて左手一本でスウィングして、
  遠心力を感じるのも良いでしょう。
 

遠心力が使えるようになると、
 

 ・ヘッドスピードが上がるだけでなく

 ・クラブの軌道も良くなるので

 ・自然と方向性もアップします
 

クラブが動きたいように動くから、
良い結果が表れるというわけです。
 

ぜひ、お試しください。
 
 

 真剣であることが、唯一のゴルフの楽しみ方。

 ゴルフは人生を豊かにする素晴らしい方法。
 
 

江連忠でした。
 

<本日のオススメ>

もし、あなたが

「ドライバーの球が上がらない」
「ヘッドスピードが40m/sも出ない」
「飛距離がジワジワと落ちてきた」

と、感じているのであれば、

今よりも飛距離を20y以上伸ばすことも可能な
飛ばすことだけに特化したドライバーを手にして、
ゴルフの楽しさを再び感じてください。

コチラをクリック

先着3名限定、次回入荷は未定です
 

The following two tabs change content below.
江連忠

江連忠

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: スイング, スイング理論, メルマガ, 新着メルマガ, 飛距離 | 投稿日: | 投稿者:
江連忠

江連忠 について

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。

 

Facebookでコメントする

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。