ちょっとした隙間時間で飛距離アップに…!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021.03.29
img1

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます。
小原大二郎です。

今日は朝から夕方まで通しでレッスン会があるので、
いつもより気合が入っています。。

最近は日が昇るのも早くなって、
寒すぎるなんてことも少なくなったので、

朝活がはかどります。

レッスンプロとして
長年ゴルフ漬けの日々で、
朝もへっちゃらだと思われますが…

やはり冬の寒い朝は
なかなか起き上がれなかったりします(笑)

冬の早朝って全然真っ暗だったりしますしね。

このぐらいの時期になれば、
朝早く起きたとしても日が昇り始めているので、

太陽が目覚ましとなり、
朝日を浴びると一気に体がやる気を出します。

日光にはビタミンDを作り出す効果があり、

ビタミンDはカルシウムの吸収を助ける働きをしてくれる為
健康で強い骨を作る為には欠かせない要素だったりします。

はたまた免疫機能を調節する働きがあったり、

目が覚めるし健康にいいしで良いこと尽くめなんです。

朝いい気持ちで目が覚めると、
その日のラウンドも一層気合が入りますよね。

なかなか思うような飛距離が出せない?



飛距離アップで重要な動きは何かと言われれば
下半身リードですよね

下半身リードが重要
だということは多くの方がご存知だと思いますが、

どうしてもスイング中に
下半身リードを意識しても

「上手く飛距離に結び付けられない」

という方多くいらっしゃいます。

もしかしたら、
今日のレッスン会でも同じような悩みを抱えられている方も

いらっしゃるかもしれませんね。

それはなぜなのかといいますと…

フィジカル的な問題がある、という場合があります。

今から私が紹介するエクササイズぜひ行ってみてください

これができるようになれば、
フィジカル的な準備はできているということですので、

下半身リードを意識することで
下半身のパワーをボールに伝えて

飛距離につなげていくことが
できるようになります。

反対に言えば、

飛距離アップに取り組んでいるのに、
なかなか成果につながっていかない場合、

ぜひ今から紹介するエクササイズを続けて行ってみてください。

これから紹介するエクササイズをマスターしていただくと、
自然と下半身リードを行っていただくためのベースが身につきます。

隙間時間に飛距離アップ!



まず最初に胸に手を当てます

そして胸に手を当てたら、
まず最初は下半身はまったく動かさず、

上半身だけを回転させてください。

鏡で自分の姿を確認しながら、
しっかりと骨盤を正面に向けたまま
上半身だけを回転させます。

下半身が一緒に動いてしまわないよう、
上半身だけを動かすよう意識してください。

そしてこれができるようになったら
今度は上半身は動かさず、

下半身だけを独立して回転させてみてください。

この上半身と下半身を
独立させて動かすエクササイズ。

この動きをフィジカル的にマスターできると
スイング中に始動で上半身が捻転されて
バックスイングしていきます。

そしてダウンスイングから
切り返していくときに

下半身から切り返し上半身が連動して
ボールにパワーを伝えていくという

一連の正しい飛距離の出るスイング動作というものが
行えるようになっていきます。

最後に…



飛距離の伸びに悩んでいる場合は
まずはクラブを振る前に、

このエクササイズが正しく行えるかどうか、
ということ重要になりますので

下半身を固定し、上半身だけを動かす。
上半身を固定し、下半身だけ動かす。

ちょっとしたスペースで、ほんの少しの時間で、
簡単にご自宅の鏡の前やお仕事の休憩中で行うこともできますので

ちょっとした隙間時間を使って
繰り返し繰り返し反復練習することで

週末の練習のクオリティーを上げてくれます。

隙間時間に体をほぐすという意味でも、
ぜひ継続的に行っていただけますと効果的ですので

繰り返し行なっていただき、
フィジカル面から飛距離アップに繋げていってくださいね。



〈本日のおすすめ〉
医師もが認める理論に基づき
ゴルファーの悩みを解決するための
「秘密兵器」を開発。

・飛距離が20~30ヤードアップ
・腰、肩、肘、首、股関節、膝、脚回りの痛みの悩みから解放
・ゴルフスイング中、アドレス中の痛みゼロ
・ラウンドの翌日、さらには翌々日の疲れの軽減
・身体に負担のかからない自然なスイング
・以前よりも軽やかな足取りでできるゴルフ生活

常識では考えられない「奇跡」の連続に
あなたは思わず手に入れられずにはいられない。

ゴルファー人生が変わる
「秘密兵器」がこちらで公開されています。

ただし今回ご用意できたのは
30個限定となっております。

気になる方はどうぞお早めに…

https://g-live.info/click/s_pillow2103/


The following two tabs change content below.
小原 大二郎

小原 大二郎

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: メルマガ, 新着メルマガ, 飛距離 | 投稿日: | 投稿者:
小原 大二郎

小原 大二郎 について

1976年2月生まれ  ジャパンゴルフツアープレイヤー兼レッスンプロ 「100切り・最短シングル専門レッスン」を提唱。18歳で初めてゴルフを経験し、殆どの時間を練習場で過ごしながら26歳でプロデビューを果たすという異例の上達を遂げる。その経験とこれまでの指導経験、海外での研究経験を元に「5ラウンド以内に100を切る」「半年でシングルを達成する」わかりやすいレッスン内容と、温厚で頼りがいのある人柄が人気を呼び、運動神経に自信がない女性や高齢、80台に到達できないアマチュアから絶大な支持を得る。また実践レッスンには芸能人をはじめ、連日多くのアマチュアから問い合わせを受ける。

 

Facebookでコメントする

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。