パター入らないならココ直して(ヒント:2枚)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2022.06.28
ezure

From:江連忠
宮古島の自宅より、、、

こんにちは、プロゴルファーの江連忠です。
 

さて、今回は、
 

 「パターが入らないならココを直して」
 

というテーマで、お話ししたいと思います。
 

私が拝見する限り、多くのアマチュアゴルファーの方の
パッティングで問題だと思うのは。。。

芯を左右だけではなく上下にも外している

かなり多くのアマチュアゴルファーの方というのは
打点が左右に安定していないだけではなく、
上下にもぶれていることです。
 

具体的に言えば、本来のパターヘッドの芯よりも
上で打ってしまっている人が多いです。
 

芯より上で打ったボールというのは
いわゆる「スキップ」が多くなります。

結果、転がりが悪くカップイン率も下がります。
 

ちなみにスキップというのは、インパクト直後に
ボールが少しだけキャリーする(跳ねる)状況のことです。

スキップについては、以前に下記でもお話ししましたが、
 

たったコイン1枚だけでパター上達!?

https://g-live.info/click/220524_nikkan/

 

もしあなたが、こうした問題を抱えていらっしゃるのであれば
まず打点を下げて、ボールの転がりをよくする必要があります。
 

その解決方法としては。。。
 

 ・
 

 ・
 

 ・

たったコイン2枚だけで打点が安定

この前のスキップの話の時は、コインが1枚でしたが
今回オススメするドリルはコインを2枚、用意してください。
 

 1.通常のパッティングのアドレスをします

 2.ボールの手前、ボールに軽く触れる程度の場所に
   通常の厚みのコインを2枚、重ねて置いて下さい

 3.ボールを通常通りにパターでストロークします
 

これをやってみて、パターがコインに当たってしまう人は
打点が高すぎる証拠です。

そして、そのように打点が高くなるのは。。。
 

 手打ちのダウンブローになっているから
 

です。これの解決法としては、
 

 ・腹筋を使ったストロークでヘッドの動きを安定させて、

 ・限りなく地面と水平のレベルブローを目指す
 

コインに当たらないように、レベルブロー。

しかも、ヘッドの芯で打つ。
 

これがきちんとできているかどうかを
今回のコイン2枚を使って、確認するようにします。

芯を捉えてカップに入るようになるには?

ダウンブローで鋭角にヘッドが入ると、
芯よりも上に当たりやすくなります。

上でヒットすると、スキップが長くなり
ボールの転がりは悪くなります。
 

ですが今回ご紹介した、コインに当たらないようにと
レベルブローに打てるようになると、
 

打点が下がり、芯に当たる確率が高くなる、というわけです。
 

レベルブロー、そしてヘッドの芯で打つことの二つが
きちんとできるようになることで。。。
 

今まで出ていたスキップが減って、転がりが良くなり
おのずとパッティングの結果もよくなっていくことでしょう。
 

自分の打点の傾向を把握することこそ、
パッティング上達の第一歩です。頑張りましょう。
 

ぜひ、お試し下さい。
 
 

 真剣であることが、唯一のゴルフの楽しみ方。

 ゴルフは人生を豊かにする素晴らしい方法。
 
 

江連忠でした。
 

<本日のオススメ>

先日からご案内している
「アメリカ発・ゴルフ最新理論」

の特典プレゼントとして
著者本が新しく追加されました。

新特典の書籍を確認する

詳細はコチラをクリック

プレゼントは人数限定ですのでお早めに
 

The following two tabs change content below.
江連忠

江連忠

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: インパクト, パター, パッティング, メルマガ, 手打ち, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
江連忠

江連忠 について

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。

 

Facebookでコメントする

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。