作成者別アーカイブ: 近藤 雅彦

近藤 雅彦

近藤 雅彦 について

東京都出身。立教大学を経て、茨城、千葉県内のゴルフ場をベースにツアー出場を目指し経験を積む。プロキャディ経験も豊富にあり、ゴルフに対する知識と経験は人並み外れた量をもつ。JPGAティーチングプロを取得し、本格的にレッスンプロとして活動してからは1日でスライスを解消させるなど、ミスショット矯正のスペシャリストとしてメディアでも話題に。現在、ゴルフパフォーマンスエリアマネージャーに就任。近藤コーチのレッスンを受けるために、沖縄や北海道からわざわざ通うファンも多い。

ゴルフにおいて最強の武器とは?

2018.08.28
kondo

From:近藤雅彦
千葉の自宅より

おはようございます、近藤です。

先日のレッスンでのこと。

ある生徒さんがスライスが直らないと
ひどく落ち込んでいました。

ショットを見せてもらうと
何球打っても右へ曲がっていく。

「ね?ひどいもんでしょう?」
と皮肉を交えておっしゃりました。

私はこう言いました。

「おお、これは凄い武器になりますね!」

え!?と生徒さんが驚いた顔で
私を見上げました。

たとえ大きなスライスだとしても
いつも同じ球が打てるというのは
最強の武器になるのです。

(因みにこの方にあるアドバイスをした次の日
初の100切りを達成しました^ ^!)

実は上達できないと悩むアマチュアが
ある”勘違い”でスコアを損しています。
続きを読む

大事なものは、たいてい面倒くさい

2018.08.21
kondo

From:近藤雅彦
千葉の自宅より

おはようございます、近藤です。

「めんどくさい」

この言葉を聞いて、どう感じますか?

ネガティブなイメージを持つ方が
ほとんどだと思います。

実はこれ、宮崎駿監督の口癖です。

少し前になりますが、
2013年8月26日に放送された番組、

~NHK プロフェッショナル 仕事の流儀~
宮崎駿スペシャル「風立ちぬ1000日の記録」

この番組内で、監督は何度も何度も
「めんどくさい」という言葉を連発しました。

私、宮崎監督って凄いモチベーションの持ち主で
あれが書きたい、これが書きたいと、
創作意欲がわいて止まらない人と思ってました。

しかし、この写真を見て下さい。。。

続きを読む

【ビデオ】無駄なことなんて、何一つない

2018.08.14
近藤kondou

From:近藤雅彦
千葉の自宅より

あなたはこれまでの人生で
どれくらい挫折を経験しましたか?

期待しても夢が叶わなかった。

死ぬほど努力しても
報われないこともありますよね。

僕自身小さい頃からの夢を
諦めた経験があります。

「こんなに頑張ったのに報われなかった」

そのときの裏切られたショックで
自暴自棄になった時期がありました。

どうせ期待しても無理だ。

期待しなければショックを受けない。

そんな風に挑戦することから
目を背けている時期がありました。

でも・・・
続きを読む

飛距離が伸びるアウトサイドイン修正法

2018.08.07
近藤kondou

From:近藤雅彦
千葉の自宅より

おはようございます、近藤です。

「へー知らなかった!!」

とよく言われます。

アマチュアゴルファーの7割が
スライスに悩んでいると言われます。

これまでもスライスを直す方法について
動画やメルマガで配信してきました。

しかし、未だに質問が多いですし
お伝えすると大変喜んでいただけます。

なので今日もスライスを直す方法に
触れていこうと思います。

まず、何より大事なのが、
続きを読む

あなたはどっちのタイプ?

2018.07.31
kondo

From:近藤雅彦
千葉の自宅より

今年の4月。

友人がトライアスロンに挑戦しました。

日本一の呼び声も高い、
伝統ある宮古島トライアスロンです。

「スイム3km、バイク157km、ラン42.195km」

最高峰でありながら、過酷なレース。

私と同い年の43歳。

彼は経営者なのですが
普段は全然運動をしません。

本当に大丈夫なのか心配でしたが

「俺ならやれる!!」

と言い聞かせ、取り組んでいました。

そんな彼から学んだことがあります。

達成できる人、できない人。その差は?

彼は昔から一度決めたことは
最後までやりきる人間でした。

どんな困難な課題にぶち当たっても
つらいことがあったとしても

「俺ならやれる!」
「俺たちならやれる!」

これが口癖でした。

そして彼はたいていのことを
やり遂げてしまいます。

それがたとえ無謀だとしても。

・・・

何でもそうなのですが、

「できる」と思ってやるのと
「できない」と思ってやるのとでは
全く、天地の開きがあるぐらい、結果が異なります。

ちょっと考えれば当たり前のことですが、
「できない」から始めると、

自分にその能力があるのか、その資格があるのか、
できなかったらどうするのか?

もっと言うと、
できなかったら自分をどう納得させるのか、
できなかったら周りにどう言い訳するのか?

などということを考え始めますよね。

少なくても半分、いや8割くらいのエネルギーが
この言い訳に費やされてしまいます。

言い訳というよりも、正確には自己否定です。

自分の可能性を自分でつぶしています。

逆に「できる」から始めると、
実はそれだけで、もう半分できたようなもの。

私はそんな風に考えています。

あとは時間の問題だけです。

逆もそうですが、とりわけ「できる」から入ると、
予想もしなかったようなシンクロが起き始めます。

シンクロがシンクロを呼び、
結局「できる」という結果がつくられるのです。

一方、「できない」という否定的な考えは、
いわば人間の反射運動のようなもので、
簡単に除去できるものではありません。

おそらく先祖たちの長い長い苦労の歴史により、
子孫である私たちのDNAに刻まれているのでしょう。

だからこそ、
この「できない」という言葉を使わないように
心掛けないといけないです。

そして「できる」に転化する。

「できる」のチカラ

「できる」と思うか、
「できない」と思うかで、
天と地の差が生まれます。

「できる」と言葉にし続けた彼は
トライアスロンでどうなったか?

その結果は・・・

見事、完走です。

もしはじめに
「できない」と思っていたら、
この結果にはなっていなかったでしょう。

日々の生活の中で、
「できない」と感じることがあれば、
ふと立ち止まって、「できない」という言葉を
「できる」に変えていきたいですね。

・100が切りたい
・飛距離が伸ばしたい

ではなく

・自分なら100が切れる!
・自分ならもっと飛ばせる!

そんな風に言葉に出すだけでも
結果というのは変わってきます。

近藤雅彦

<本日のオススメ>

「パターが苦手だ」
「ここぞのショートパットが決まらない」
「3~4パット、平気で打ってしまう」

そんな悩みを解決!

この魔法の杖を使うだけで、
あなたはパターが得意になる!

まさに「できる」ようになる、
秘密のパターを期間限定公開中。

http://g-live.info/click/bio_180731/

※残りわずかです。

【ビデオ】ダフリトップを改善する3ステップ練習法

2018.07.24
近藤kondou

From:近藤雅彦
神田のレッスンスタジオより

おはようございます、近藤です。

100切りを目指している方にとって
ダフり、トップは改善すべき痛いミスです。

焦れば焦るほどダフり、トップが続き
大叩きしてしまった経験はありませんか?

これは100切りを目指されている方に
多く見られる症状です。

どんなにいいティーショットを打っても
2打目、3打目でミスをすると帳消しです。

逆にティーショットをミスしても
最高のアプローチが打てれば挽回できます。

「どのショットも同じ1打」

これがゴルフの難しいところであり
面白いところでもあります。

今回はダフリトップを解消する
3ステップ練習法を紹介します。

続きを読む

成功の習慣を持とう

2018.07.17
近藤kondou

From:近藤雅彦
千葉のゴルフ場より

早起きって本当に気持ちいいです。

私、最近は毎日朝5時に起きます。

ベッドでじわじわ身体を動かします。
一気に起きるとめまいが発生したり、
腰を痛めてしまいます。

窓をあけて新鮮な空気を
部屋に入れます。

太陽の光を体いっぱいに浴びます。

屈伸をしたりストレッチをして
身体を起こしていきます。

身体を目覚めさせるために
常温の水を飲みます。

そして日課になっている
エゴスキューのストレッチをします。

眠っている筋肉が動き出して
身体が喜んでいるのを実感します。
続きを読む

あなたもこんな勘違いしていませんか?

2018.07.10
近藤kondou

From:近藤雅彦
千葉のゴルフ場より

おはようございます、近藤です。

千葉のゴルフ場に来ています。

生徒さんにアドバイスしていると
多くの方が口をそろえて

「ロングアイアンが上手く打てません…」

という悩みを抱えています。

ロングアイアンが得意という人は
滅多にいないと思います。

実際、私も苦手意識がありました。

ですが、、

昔、先輩に教えてもらった
あるアドバイスで意識が変わりました。

実は多くのアマチュアが「私と同じ勘違い」で
ロングアイアンを自分で難しくしてしまっています。

それは、、
続きを読む

[動画あり]エゴスキューイベントに参加してきました

2018.07.03
近藤kondou

From:近藤雅彦
千葉の自宅より

腰や肩、ひざや首などの痛みを抱えていませんか?

私は毎日筋トレもしますが
身体のメンテナンスもしっかりやります。

いつまでもゴルフをやりたいからです。

昔、腰痛(右腰)で半年くらいゴルフが
出来なかったときがあります。

27歳の頃です。

暑い中、打球練習を行い続けたことが原因で、
病院では疲労の蓄積と診断されました。

でも、あるストレッチを
毎日実施するようになってから
痛みに関する悩みは一切なくなったのです。

「エゴスキュー・メソッド」といいます。

先週土曜日に、このエゴスキューの
セミナーに参加してきました。

身体に不調を抱えている方は
かなり必見の内容でした。

続きを読む

夢をかなえる唯一の方法

2018.06.26
近藤kondou

From:近藤雅彦
千葉の自宅より

おはようございます、近藤です。

あなたは、もっといいスコアで回りたい、
もっと飛ばしたい、褒められるショットを打ちたい、
尊敬されるプレーがしたいと思いませんか?

でも、自分には才能がない、知識がない、
時間がない、上達にかけるお金がないと
理由をつけて夢を諦めていませんか?

確かに、これらの夢を叶えることは、
非常に難しいことです。

ですが、悲観することはありません。

何も持たざるあなたでも
たった一つだけ夢をかなえる方法が残されています。

続きを読む

【動画】タイガーのスティンガーショット!

2018.06.20
kondo

From:近藤雅彦
千葉の練習場より

おはようございます、近藤です。

全米オープンもついに終わりました。

ブルックス・ケプカ選手が優勝し
なんと全米オープン2連覇を達成。

とんでもない偉業を達成されました。
本当におめでとうございます。

かなりハードなセッティングでした。

グリーンに打っても花道まで戻ったり
傾斜でバンカーに落ちたり・・・

フィルミケルソン選手の
まさかの行動もありました。

人によって色々な思い、見方があるでしょう。
あえて私の意見は言わないでおきます。

さて、今日は全米オープン記念として
タイガーウッズ選手の解説をしたいと思います。

テーマは、スティンガーショットです。

続きを読む

飛距離を損(ロス)していませんか?

2018.06.12
近藤kondou

From:近藤雅彦
市原のゴルフ場より

90台前半で回れるようになっても
ドライバーが苦手という方は多いです。

スコアが良くなったとしても
ドライバーが上手くいかないと
なんだか素直に喜べないですよね。

「気持ちよくドライバーを飛ばしたい!」

というあなたの気持ちは
とてもよくわかります。

なぜドライバーは難しいのでしょうか?

ドライバーはアイアンに比べて
軽くて長いのでコントロールが難しいです。

そして、もう一つの原因があります。

続きを読む

上達している人しか答えられない質問

2018.06.05
近藤kondou

From:近藤雅彦
千葉の自宅より

もっといいスコアで回りたい。
誰よりも飛ばしたい。
ベストを更新したい。

『ゴルフで目標を達成したい―』

自称エンジョイゴルファーでも
心の奥底でこのような熱い思いを
持っている人はどのくらいいるでしょうか。

これからお伝えする5つの質問は、
常に高みを目指しているゴルファーにだけ
紹介したいです。

なぜなら、他の人には
響かない可能性があるからです。

すべての質問にポジティブに
答えられたならOKです。

でも、1つでもNOだとしたら
上達へ近づくチャンスです。

続きを読む

【ビデオ】あなたの命を守る方法

2018.05.29
近藤kondou

From:近藤雅彦
千葉の自宅より

今日はあなたの命を守る方法を
お伝えしたいと思います。

実はあなたの命はとても危険に
さらされています。

え、命が危険?意味わからない、
と感じると思うんですが、本当です。

このままだと命が危険、人生がめちゃくちゃに
なってしまう可能性がありますので、
慎重に聞いてください。

何が危険なのかというと、
打ったボールが変な方向に飛んでしまって、
隣のホールに打ち込んでしまった経験は
あなたもあると思います。

人に当ててしまった経験はないかもしれませんが、
実はゴルフ場の打球事故は案外多く発生しています。

年間6000件の事故…

ちょっと古いデータですけど、
2001年、西日本にある158ヵ所のゴルフ場で
発生した事故件数は466件です。

全国にゴルフ場が2000以上あるので、
単純計算で年間およそ6000件もの事故が
発生している可能性があります。

私も年間100回以上はコースに出ますけど、
2〜3m近くに突然ボールが飛んできたり
しかもフォアの声も聞こえない時があります。

プレイヤーが言ってないとしたら最低だと思いますが、
「うわ!あぶない!!」
っていう経験は何回もあります。

先月も乗ってたカートの真上にボールが直撃しました。

それでカートがべこって凹んだりして、
もし頭だったら粉砕されてるなって。即死かなと。

かなり怖い経験をしました。

ちょっと人よりそういう経験が多いので、
呪われてるのかな?と感じています。

祈祷してもらおうか検討してます。

スライスを治さない=犯罪

知らない方が多いのですが、
ドライバーで打ったボールの初速は
時速200km以上出ています。

ゴルフボールは10トンの衝撃に耐えられる硬い玉です。

野球で言えば、
大谷翔平プロの投げる球よりも
速く飛んでくる感じです。

当たれば大怪我どころか、死の危険性があります。

2007年の6月に熊本のゴルフ場で、
20メートル斜め前に立っていた同伴プレイヤーに、
変な方向にボールが出てしまって、
それがこめかみに当たってしまって、
三日後に亡くなってしまった事例があります。

また、ある人が打ったボールが大きく曲がって
隣のホールにいた人の眼球に直撃して、
失明させてしまったという事故も起きています。

こういう時のためにゴルファー保険があるわけですけど、
失明させた方も3500万円の賠償金を払うことになりました。

なので少なくともゴルファー保険入ってない人は、
絶対入っておいて欲しいです。
年間数百円ですので。

本当にその時になって後悔しても遅いですからね。

お金だけでなく、被害者の方の
人生をめちゃくちゃにしてしまうし、
もちろんあなた自身の人生も
めちゃくちゃになってしまいますよね。

最悪の場合、相手を死なせてしまったとなれば、
家族も失意のどん底で、噂になってしまえば、
あなたや、あなただけでなく
息子さんや娘さんも会社にもいれなく
なってしまうかもしれません。

賠償金も1億とか、2億とか本当にありえますから。

なのでもしあなたがコースに行くたびに、
頻繁にボールが曲がる、変な方向に打ってしまう、
けっこうOB連発しちゃいます、というのは、
あなたの人生を崩壊させる危険性があることを理解してください。

あなたの人生や家族を守るためにも
必ずスイングを改善する必要があります。

どうすれば曲がりを修正できるのか?

はっきり言って一朝一夕で
どうにかなるものではありません。

だからいつまでたっても
スライスで悩む人が絶えません。

正しい方法で、正しい練習頻度で
取り組んでいく必要があります。

ただ、悲観する必要はありません。

やり方さえ間違わなければ
スライスは完治可能です。

今日から何回かに分けて
シリーズでやっていくので
楽しみにしていてください。

まずは、最初のレッスンです。

アウトサイドインを逆算で治す方法を
お伝えしますのでご覧ください。

今度こそスライスを直すと心に決めて
一緒に頑張っていきましょう。

応援しています。

近藤雅彦

飛ばない人の「共通点」

2018.05.22
近藤kondou

From:近藤雅彦
千葉の自宅より

おはようございます、近藤です。

ドライバーでミスショットが多くて
1日が嫌な気分で終わってしまった。。

あなたも、そんな経験があると思います。

今回はドライバーのミスショットが多くて
スコアを崩してしまうという有効なポイントを
お話しさせていただきます。

飛ばない人の「共通点」です。

色々な問題があると思いますが
今日話す一点だけを確認してください。

あれこれ詰め込みすぎると
余計に難しくなってしまいます。

1スイング1ポイントが上達の秘訣です。

それでは、説明していきます。

単刀直入にお話しすると、
ドライバーが苦手な方の多くは、
インパクトに問題があります。

一番多いのは、クラブを振り下ろしてきて
インパクト時にクラブヘッドの根っこの部分、
ヒールでボールを捉えてしまうミス。

そのためにボールが引っ掛かったり、
または右へ大きくスライスする方が非常に多いです。

そしてこのヒール部分でボールを捉えると
たとえ前に進んだとしても飛距離を出すことは
難しくなってしまいます。

やはりクラブヘッドの真ん中でボールを捉えることが
方向性も飛距離も安定させるわけです。

ヒールでボールを捉えてしまう方の多くは
アドレスをしたときに手元が体に近いです。

窮屈なアドレスを取っている方が
非常に多いです。

窮屈なアドレスを取ってしまうとスイング中に
遠心力がかかりますのできつくなって
手が前に出て行ってしまう。

すると、ヒールに当たってしまうわけです。

どうすれば窮屈なアドレスに
ならないように出来るか?

まずはアドレスで肩から腕を
だらりと下げてそこから少し余裕を持たせて
構えてみてください。

およそグリップと体の間に
拳が一つ半くらい入るのが目安です。

そしてスイング中はクラブヘッドの先の方で
ボールを捉えていくような意識を持ってください。

アドレスで拳1個半くらい離して
そしてヘッドの先の方でボールを捉える意識で
スイングを行っていきます。

そうすると手元が離れていった時に
ちょうど真ん中でボールを捉えやすくなります。

構えた時に肩から腕を下に下げたよりも少し余裕を見て
構えて、そしてクラブヘッドの先のほうでボールを
捉えような意識で打っていきます。

こうすることで
ヒール部分にボールを当てることを防いでくれます

ドライバーのミスショットが多く
スコアを崩してしまうという方は
まずはアドレスで身体と手元の距離を確認してください。

そしてスイング中はクラブヘッドの
先の方で捉えるような意識で打ってください。

皆さんのドライバーショットが安定し
スコアアップに繋がることを願っています。

近藤雅彦