カテゴリー別アーカイブ: 夕刊メルマガ

アプローチは低い球が基本[#50]

2018.07.21
kameko

From:亀子充温

皆さん、こんにちは!!

暑い熱い日々が続いています。
自然の猛威には勝てません。
日頃から備えるしかありませんね

さて
今回は、アプローチのまとめです。

ラウンド中、アプローチをする時前に必ず行って欲しい項目があります。
①:ライのチェック
*クリーンに打てるのか?芝がどの程度、噛むのか?のチェックをして下さい。
★このチェックにより、使うクラブ・スピン量・弾道などが変わります。

②:グリーンのチェック
*グリーンの形状をグリーン外からもチェックして下さい。
★このチェックにより、落とし所が変わりラインも変わります。

③:上から目線チェック
*いわゆる空間認知で寄せるイメージをチェックして下さい。
★空間認知=三次元の目線でアプローチをイメージして下さい。

④:アプローチのイメージチェック
*①〜③のチェックが出来たら・・どんな球で寄せるのか?を決めて下さい。
★使うクラブ・球種・打ち方・スイング幅・フェイスの開き具合・スタンス・アドレス姿勢など

アプローチスキルの向上は、パーオン出来なかった時にスコアを縮める近道です。

先ずは『基本になる低い弾道アプローチ』
8番アイアン〜58度ウェッジでピッチエンドランをマスターして下さい。
このアプローチは、基本であり、一番安易です。
これが出来ないと次には進めません。
*コックを使って球を上げようとせず、落とし所を決めて10〜15ヤード前後のアプローチ練習を繰り返して下さい。
★練習のコツは、8番アイアン〜PWから始めると安易に低い弾道アプローチが打てます。
★ドライビングレンジでの練習の場合は、低めのティーアップで練習して下さい。
  マットからの練習ではちょっとしたダフりでもマットでソールが滑って打てた錯覚に陥ります。
  アプローチもミートする事が重要です。スコアライン2〜3本目にボールをヒットさせて下さい。

下記動画は、梅山プロが練習ラウンドでの52度ウェッジを使用したラフからの低弾道のピッチエンドランです。

その次に
中弾道アプローチ・・・・使用クラブ:P W〜58度ウェッジ
高弾道アプローチ・・・・使用クラブ:52・58度ウェッジ
ロブショット・・・・・・・・・・使用クラブ:58度ウェッジ
と難易度を上げて練習して下さい。

練習に詰まったら・・・
前回までお届けしたアプローチ動画を再度ご覧いただいてこの夏のラウンドで実践してみてください。

さてさて
今回のメルマガで50回を迎えました。
来週は、僕のメルマガ1周年です。
数点のプレゼントを用意しておりますので・・・お楽しみに!!

<小原プロの健康のススメ>

小原大二郎が開発した
ある健康法を紹介します。

これを使うだけで
ハーフ回るのが限界だった生徒さんが
元気に2ラウンド連続で回るまでに健康になりました。

その秘密とは…

http://g-live.info/click/bng180717/

サッカーワールドカップとゴルフの関係

2018.07.16
古賀さん写真koga

From:古賀公治
尼崎テクノランドより、、、

こんにちは、ティーチングプロの古賀公治です。
 

ワールドカップがフランスの優勝で幕を閉じました。

私たち日本代表チームは「ベスト16」で終わりましたが、
世論としては「健闘した」という声が大半のようです。

ご存知の通り、前評判は散々だったわけですが。。。
続きを読む

先輩、ドラコン勝負しましょう

2018.07.15
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオより、、、

こんにちは、
服部コースケです。

私の恥ずかしい過去を公開します。

とある茨城のゴルフ場にて
事件が起きました。

今でも笑ってしまいます。

私も反省していますが
これは、他の人の参考にもなるでしょう。

何があったかというと、私のプライドが傷つけられる事件だったんです。

問題は、とある練習がてら
後輩とゴルフをしていたときのことです。

名物の広いロングホールでその事件は起きました。

「先輩、ドラコン勝負しましょうよ」

後輩が持ちかけてきて
私はそれに乗ることになりました。

「ハァ?」

と正直、言われたときは思いました。
なぜなら、彼は私よりも
ドライバーは飛ばないし
大きくボールは曲がっていたからです。

続きを読む

【ビデオ】ラフ15yアプローチ、どうやって打つ?[#49]

2018.07.14
kameko

From:亀子充温

皆さん、こんにちは!!

暑い日が続いております。
先日『ラウンド中の暑さ対策を教えて下さい』との問い合わせを頂きましたのでお答えします。
僕のオススメは・・・
*兎に角、体を冷やす事です。
その冷やし方は『動脈冷却』です。
動脈の中で体の表面近くを通っている箇所を冷やします。
動脈を流れる血液を冷やす事で全身が早くCOOL DOWN出来ます。
↓↓
凍ったペットボトルにタオルを巻いて★の部分に当てて冷やして下さい。
大腿動脈を冷やすのはちょっと小っ恥ずかしい光景ですが・・・(笑)

スクリーンショット 2018-07-11 11.37.12

僕は、猛暑日のキャディーやラウンドの際
朝飯をしっかり食べて・・・
ラウンド中は、帽子を被り・スポーツドリンクを充分に飲んで・梅干しを食べます。
*梅干しには・・疲労回復・血液サラサラの効果があります。
お試しください。

さて
今回もアプローチをお届けします。

アプローチとは
★カップを狙ったり、カップに近づけるスキル
★スコアアップの近道

僕のメルマガ視聴者の皆さんには・・・
何が何でもGOODなアプローチを身につけて頂きたいと思っています。

3週目の今回は、アプローチのラスト・・・
58度Wを使ったラフからの『ハンドアップアプローチ&ロブ』を紹介します。
ハンドアップもロブもフェイスを開き、スタンスも開きます。

『ハンドアップアプローチ』のクラブ使いは、プロでも知らない者が多く
夏場の元気なラフや逆目ラフには超有効です。
ハンドアップする事で・・・バンスのヒールが浮いて芝生に引っ掛かり難く成ります。
是非是非、『バンスを滑らすコツ』を体得して下さい。

『ロブ』は、ボールが沈んだ深いラフなどに有効です。
躊躇なく振るコツを掴んでください。

動画は、僕の友人宅で撮影したのでラフtoグリーンではなく・・・
ラフtoラフにアプローチしているのでバウンド後のボールの転がり具合が分かり難いのですが・・・
アドレス・スタンス・ボール位置・スイングの振り幅・体の使い方・重心などを参考にして下さい。

この2つのアプローチが出来れば・・・
スコアアップまあ違い無し!!&アプローチが楽しく成ります。
さあ、上記動画を参考に・・・
2つのアプローチを練習して下さい。


<本日のオススメ>
コースでライバルに優位を取れる
勝負に勝つためのゴルフ脳を直接作り出す
反則的なまでにゴルフが上手くなる心理術とは?

最先端ゴルフ心理学を
大森コーチが初めて発表

好評につき、延長が決定しました

http://g-live.info/click/omrsci_180712/

[画像あり]テークバックの股関節の使い方

2018.07.08
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオより、、、

こんにちは、
服部コースケです。

今日の飛距離アップ達成のためのメールマガジンでは、
バックスイングで力を貯めるための方法を説明していきます。

大きな力を貯めるために重要なものは何かというと
右股関節を入れるという動きです。

続きを読む

【ビデオ】58・PW・8番Iのラフからのアプローチ[#48]

2018.07.07
kameko

From:亀子充温

皆さん、こんにちは!!

今回もアプローチをお届けします。

今回は、58度W・PW・8番アイアンを使った5YDと10YDのラフからのアプローチを紹介します。
使うクラブに依って弾道の高さ・スピン量などが変わります。
これらのアプローチは、低弾道のアプローチです。

このアプローチが基本です。
俗に言う・・・ピッチエンドランのアプローチです。
続きを読む

いいスイングを一発で思い出す効果的方法

2018.07.02
古賀さん写真koga

From:古賀公治
尼崎テクノランドより、、、

こんにちは、ティーチングプロの古賀公治です。

今日、これからお話しすることは
 

 「あれ、正しいスイングってどんな動きだったっけ?」
 

そんなふうにふと思ってしまう人には
ぜひともご一読いただきたい内容です。

今日の話を聞いていただければ
「いいスイングを一発で思い出す」ことができます。

初めに、こんな話から。。。
続きを読む

【ビデオ】コンパクトなトップで飛距離アップ

2018.07.01
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオより、、、

こんにちは、
服部コースケです。

だいぶ暑くなってきましたね。
ゴルフで熱中症にならないよう気をつけてください。

逆に言えば、
気温が上がるほど、ゴルファーは飛距離アップのチャンスです。

このシーズンであなたのベストドライブを出せるよう
ぜひ頑張っていきましょう。

さて、、
先週のメルマガでは、飛距離アップと振り遅れについて解説しました。

今週のビデオのテーマは
スイング中の右腕の使い方です。

続きを読む

4種のアプローチ[#47]

2018.06.30
kameko

From:亀子充温

皆さん、こんにちは!!

3週連続でお届けした【パッティング】は、如何でしたか??

僕は、パッティングについて・・・・
いつもいろんな事を考え、皆さんに伝えられたらと思っています。

昨年からパッティング練習器具を開発しようと試行錯誤していた今年の4月下旬・・・
僕の頭の奥が『ピカッ』と光り閃きました!!!

そして、1ヶ月前、そのパッティング練習器具の試作品を手作りして江連さんに試して貰ったところ・・・
江連『これ見た事ない、凄くいいですよ』と言って戴きました。

その試作品を太一郎にも試して貰ったら・・・
太一郎『これイイっす、パッティングの時に手元が意識出来て・・・』との事

それらの言葉で自信がついたので現在、業者に試作品を発注して製作中です。
同時に特許庁で実用新案の登録も進めています。

実用新案登録が出来たら皆さんにご披露致します。
お楽しみに!!!

続きを読む

[Video] 魔法の「フィニッシュ3秒ルール」

2018.06.25
古賀さん写真koga

From:古賀公治
尼崎テクノランドより、、、

こんにちは、ティーチングプロの古賀公治です。

今日はあなたに、
 

 「魔法の『フィニッシュ3秒ルール』」
 

について、ビデオでお話ししたいと思います。

正しいトップの位置ができたら、
次に考えることはフォローです。

右手が左手を追い抜く、ターンオーバーですね。

ここで意識すべき動きは。。。

(続きはビデオにて)
続きを読む

振り遅れた直後にやる裏技…

2018.06.24
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオより、、、

こんにちは、
服部コースケです。

今日は、私のある友人を紹介します。
彼とはよくゴルフに行くのですが
とても気心しれたいいやつで、

よく研修生としてキャディの仕事をした後、
夕暮れのゴルフ場をラウンドしたり、

ラウンド後の車の中で
つらつらとゴルフについての談義をしたものです。

私のゴルフの原体験は
このようなちょっと日暮れのゴルフ場です。

そんな友人はもちろん研修生として働いているので
ある程度の腕前をもっていたのですが
彼には弱点がありました。

それは、ラウンド中に何回か

「stuckした!」
続きを読む

パッティング時の手元の動き[#46]

2018.06.23
kameko

From:亀子充温

皆さん、こんにちは!!

2週続けたパッティング・・・
ふと気付いた事があったので追加で今回もパッティングについてお届けします。

正直に言えばパッティングの打ち方やストロークなどは、その人に合っていてカップに入ればどんな方法でも良いのです。
特殊な例では・・・青木功プロ
青木プロは『タップ打法』でパッティングをします。
でも、とても感覚的で手先が器用で無いとタップ式のパッティングは難しいと思います。

そこで僕がオススメするのが前回のメルマガでも紹介した2つのパッティングストローク
『パラレルタイプ』&『振り子タイプ』なのです。

何故、この2つのストロークをオススメするのか???
それは、安定したストロークがやり易いからです。
続きを読む

打ち込む?払い打つ?どっちが正解

2018.06.17
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオより、、、

こんにちは、
服部コースケです。

質問です。

あなたは、ドライバーを打つ時、、、

①払い打ちをする
②打ち込む

どっちが正解だとおもいますか?

「ウッドを打つときは、入射角が浅いので、払い打ちが良い」といった話はよくありますよね。
いわゆる、ウッドは払い打てという意見です。一方で、ドライバーからアイアンまで振り方は一緒という話もよく聞きます。

いったいどっちが正解なんでしょうか?

続きを読む

ノンテイクバックストローク[#45]

2018.06.16
kameko

From:亀子充温

皆さん、こんにちは!!

梅雨でゴルフの予定も入れ辛い時期ですね・・・

さて、先週につづきパッティングについて語ります。

僕が時々、教えているアマチュアの方々で100を切れない人のパター数を聞くと・・・
1ラウンドのパット数が約40~45打前後です。

その方々のパッティングのNGなところは・・・
第一の原因・・距離感が合わない
第二の原因・・ラインが読めない
第三の原因・・読んだラインに打ち出せない
大まかにこの3つです。

第二の原因・・『ラインが読めない』は、経験とセンスと平衡感覚(空間認知能力)の問題なので・・・いつかの機会に

そして、もう一つ重要な事がアドレスでの構えと腕の使い方です。
僕が考える理想のそれは・・・

続きを読む

ゴルフ中、忙しくしている人へ

2018.06.10
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオより、、、

こんにちは、
服部コースケです。

あなたはゴルフ中
落ち着けていますか?

私は昔先輩から

「お前、忙しないやっちゃな~!
 もっと落ち着け!!」

そんな言葉をもらって、
自分が忙しくしていた、
ということに初めて気が付きました。

確かに、スロープレーになってはいけないし
自分の順番が来たらすぐに打たなくてはいけないので
急いでいました。

同組に迷惑をかけてはいけない…

しかし、あまりに激しく急ぎすぎても
心拍数が上がりすぎてしまったり
集中力が減ってしまうのでよくありません。

続きを読む