カテゴリー別アーカイブ: アプローチ

飛距離ロスを防ぐドリル

2020.05.06
mizugaki-150x150

From:ガッツパー水柿
練馬の自宅より、、、

こんにちは。ガッツパー水柿です。

今日はあなたに

「身近にあるものでできる
 フェースコントロールトレーニング」

をご紹介しつつ、

私の近況について
書いていきたいと思います。
 

前回のメールでもお話しましたが、
私の所属するスタジオも現在休業しています。

あまり積極的に外出できる状況でもないので、
必然的に家にいることが多くなっています。

1ヶ月も立つとひしひしと実感するのですが、

「こんなに家にいるのも
どれくらいぶりだろう…」

という感覚です^^;

なにもしていないわけではなくて、

・チャットなどで生徒さんとは
 引き続きやり取りをしていたり、

・オンラインで受講できる
 レッスンの準備

・いつ営業が再開しても良いように、
 先の期間の準備

などなど、できることをしている状態です。

とはいえ、やはり生徒さんとお会いして、
レッスンが出来ない歯がゆさは感じますし、

特に、頻度高く通っていただいていた方には、
上達できる環境をご用意できない悔しさもあります。

ですが、一つだけ良かったな、
と思うこともありました。

家族の話

私には妻と子供がいます。

子供は、少しずつ意味が伝わる言葉が
口から出るようになったばかりの
まだまだ小さな女の子です。

以前の私の状態だと、
土日まるまる家にいることも
ほぼありませんでした。

帰宅も遅かったりしたので、
自宅に帰ったときには
妻が子供を寝かしつけ終えたところで、

朝に少しだけ「行ってくるね」と
声をかけてあげることくらいしか
出来ませんでした。

それが今は隣で声を聞いて、

生活をともにできる。

まだ幼い大切な時期に、一緒にいれるのは
父として単純に幸せだな、と感じます^^

月並みに感じるかもしれませんが、
私にとっては非常に大切な時間になっています。


 
一緒に散歩をしたり、
料理も好きなのでよく作っています^^
 

ドリル
フェースコントロールトレーニング

さて、ここからはご自宅でできる
ゴルフ上達ドリルとして、

「身近にあるものでできる
 フェースコントロールトレーニング」

をご紹介していきます。
 

「ボールが高く上がってしまい、
 番手通りの飛距離が出ていない」

「アプローチでもすくうようなショットになり、
 ショートしてしまう」

「バンカーから出ない」

こういった方にはとても効果があり、

家の中だとクラブを振るスペースが無いから
出来てシャドースイングぐらい…

という方でも実践していただけるドリルです。
 

そもそも、番手よりも
ボールが高く上がってしまうのは、

「フェースが開いて当たってしまう」せいです。

(クラブに対して手が遅れてくる
 いわゆるハンドレイトのインパクトです)

なので、手が先行してフェースが立った
「ハンドファーストなインパクト」を作ることで、

飛距離をロスすることなく、
ボールを打ち出すことが出来ます。

今回使うのは

「うちわ」です。

特に専用に作ったものなではなく、
ごく普通のうちわでOKです。

やることとしては、
ビジネスゾーンの振り幅でこのうちわを

クラブのつもりでアドレス

スイング

するだけなのですがこの際に、

テークバックからフォローまで、
うちわの右側面が常に見えている

状態でスイング出来るようにしましょう。

(左打ちの方は左側面)

途中で左側面が見えてしまうと、
ハンドレイトになってしまいます。

面の範囲が大きいうちわを使うことで、
フェースの意識が高まります。

番手ごとの飛距離が安定しないという方は
フェースコントロールが
上手くできていないことが多い
です。

これを応用して、
常にフェースが上を向く(自分に向く)ようにすれば、
バンカーショットの対策にもなります。

 
飛距離をロスしてしまう、
バンカーショットが苦手という方は

是非試してみてください。

ガッツパー水柿

<本日のおすすめ>

もしあなたが

・スライスが止まらない…

・頑張ってを練習しても、
 ほとんどまっすぐ飛ばせない…
 
・まっすぐ飛ばすために
 何をしたら良いかわからない…

というのであれば、このアイアンは、

あなたの抱える悩みを
解決してくれるでしょう…

詳しくはこちら »

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

まっすぐ打てるスイング講座

2020.03.04
mizugaki-150x150

From:ガッツパー水柿
練馬の自宅より、、、

こんにちは。ガッツパー水柿です。

今日はあなたに

「プッシュアウトからの脱却」

というテーマでお話をしたいと思います。

先日、プッシュアウトに悩む生徒さんの話をしましたが、
今日も彼の話をしたいと思います。

彼はもともと長くプッシュに悩まされてきた方なのですが、
レッスンの中で力みをとることを伝えると、
その日中にプッシュは出なくなりました。

レッスンの翌日に早速練習場に行ったそうなのですが、
そこではプッシュの頻度が明らかに激減していて、
かなり手応えを感じていた
そうです。

しかし、彼の苦悩はここでは終わりませんでした…
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ビデオ】頭を右下に落とすとダフリにくい

2020.02.23
ohmori

From:大森睦弘
岐阜の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は
 

 「頭を右下に落とすとダフリにくい」
 

というお話をさせていただきます(ビデオ&おまけあり)。
 

ボールヒットに向かって遠心力に対応するように
頭を振り出し後方である右下に押し込んで落とす動作は、
ドライバーなら飛距離アップの特効薬です。

しかし、頭を右下に落とすメリットは、
ボールを飛ばすだけではありません。

実はなんと。。。

(続きはビデオにて)
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ミスしないアプローチの2ヶ条

2020.02.12
mizugaki-150x150

From:ガッツパー水柿
練馬の自宅より、、、

こんにちは。ガッツパー水柿です。

今日は、あなたに

「アプローチ下手から抜け出す方法」

というテーマでお話をしたいと思います。

ゴルフライブのアンケートを見ていると、
「アプローチが苦手で…」というお悩みをよく目にします。

実際に僕がレッスンしている生徒さんにも

「ホームランを恐れているためか、
ザックリやショートが連発してしまい、
グリーンに乗せるまで何回も打ってしまうんです…」

というお悩みを抱えている方がいました。

ホームランが出てしまうのは、

・トップする

・インパクトでパンチを入れている

・バックスイングが大きくて、
 もとから距離が出るスイングになっている

・フリが強くてオーバーする

といった原因からです。

そして同じミスが続いてオーバーが怖くなると、
インパクトで帳尻を合わせようとスイングが緩み、
ザックリを起こし始めてしまいます。

(鋭角に打ち込んでザックリになるケースもありますね^^;)

なぜスイングが緩むとザックリが起きるかと言うと、
これはクラブが重力に引っ張られて落ちてしまうためですね。

シャンクもそうですが、
こういったミスを繰り返して、「ミスの再現」をしてしまうと
悪い癖になって身についてしまいます。

なので、早めに原因を突き止めて、
スイングを修正する必要があリます。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

100切り不可避… 次はあなたの番です

2019.12.03
ezure

From:江連忠
宮古島の自宅より、、、

こんにちは、プロゴルファーの江連忠です。
 

今回は、
 

 「100切り不可避… 次はあなたの番です」
 

というテーマで、お話ししたいと思います。
 

前回のメールマガジンで
「100切りを実現するための4つのポイント」
というテーマでお話をしましたが。。。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ビデオ】タッチ合わせはこれでバッチリ

2019.11.17
ohmori

From:大森睦弘
岐阜の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は
 

 「タッチ合わせはこれでバッチリ」
 

というお話をさせていただきます(ビデオ&おまけあり)。
 

アプローチショットやパッティングでの距離感であるタッチを、
絶妙に合わせるための技について見てみましょう。

距離に合致した動きは、距離をつくると表現します。
そして。。。

(続きはビデオにて)
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

サラリーマンがシングルになる方法

2019.10.01
ezure

From:江連忠
宮古島の自宅より、、、

こんにちは、プロゴルファーの江連忠です。
 

今回は、
 

 「サラリーマンがシングルになる方法」
 

というテーマで、お話ししたいと思います。
 

シングルを目指して試行錯誤しているけれど、
ハンディが12~13を行ったり来たりの状態が続いている。。。
 

 「これがサラリーマンゴルファーの限界かなあ」
 

そんなふうに思っている方、いらっしゃいませんか?
 

ですが今日は、サラリーマンがシングルになる練習方法を
こっそりお伝えしたいと思います。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ビデオ】アプローチの鍵、傾斜に垂直なアドレス

2019.08.02
obara小原

From:小原大二郎
千葉のゴルフ場より、、、

おはようございます、
小原大二郎です。

今日は「左足下がりのアプローチ」について
動画で対処法を解説していきます

先週までダフリトップ改善の
動画をお送りしていました。

これは単にミスの改善というだけでなく、
正しいアドレス・スイングを身につけるという
まさに「土台を作る」というステップでもありました。

今回の左足下がりもそうですが、
コースに出て直面する様々な状況を攻略するには
まず土台がしっかり作れているかが重要です。

ということで、
このメルマガを読んで頂いている皆さんにだからこそ
今回の動画を最大限に活かせるはずです。

過去のメールを見ていない、という方は、
是非見てみて下さいね。
後でページを載せておきます。

それでは、今日の動画です。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ビデオ】ダフリトップが起きるということ

2019.06.28
obara小原

From:小原大二郎
千葉のゴルフ場より、、、

おはようございます、
小原大二郎です。

今日は前回に続いて「ダフリ・トップ」について
ワンポイントレッスン動画をお送りします。

以前お伝えしたように、
ダフリトップには様々な原因があります。

今回はそんな中でも、
右肩下がりについて見ていきます。

私のメルマガでも何度もお伝えしていますが、
ミスを少なくする為には
「スイングの再現性」高める必要があります。

見方を変えると、
毎回スイングがバラバラになってしまうと
その分ミスが出やすくなってしまうのです。

つまり、ミスの改善を目指すということは
スイングの再現性を高めるということと
同じであると言えるでしょう。

「自分のスイングを作る工程」という
考え方をしてもいいくらいです。

それでは今日の動画をご覧ください。 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ビデオ】「腰の疲労感」がトップ改善の合図

2019.06.21
obara小原

From:小原大二郎
千葉のゴルフ場より、、、

おはようございます、
小原大二郎です。

今日は先週のダフリ改善に続けて
「トップの改善」に役立つ動画をお送りします。

そもそもトップ・ダフリというのは
100切りを目指すゴルファーが
最も多く抱える悩み
だと思います。

飛距離も弾道も思い取りにならず、
一度出始めるとなかなか止まらない、、、

そのせいで、「今日のラウンドは散々だった」
なんて思いをした方も少なくないかと思います。

トップダフリが改善されれば、
スコアの面でもモチベーションの面でも、

1つステップアップすることが出来るでしょう。

それでは今日の動画レッスンです。

「前傾角度の維持」というテーマで
トップを改善していきます。 続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ビデオ】あなたのダフリ、腰から?足から?

2019.06.14
obara小原

From:小原大二郎
千葉のゴルフ場より、、、

おはようございます、
小原大二郎です。

2週続けて状況別のアプローチについて
動画をお送りしました。

どちらの動画も多くの反響をいただきましたが、
やはり皆さんアプローチについて
とても意識をしていらっしゃるのがひしひしと伝わってきます。

3週続けて状況別アプローチ攻略法をお伝えする予定でしたが、
ここに来てふと、、、

「待てよ、いきなり攻略法ではなくて、
まずはスイングの基本について
お伝えするのが先じゃないか、、」

そんな考えが浮かんで来ました。

なので、ここからは何週か続けて
「ミスショットの改善」をテーマに、
皆さんのスイング基礎力を高めてもらえる動画を用意しました。

それでは早速いきたいと思います。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ビデオ】4つのアゴ高バンカー攻略法

2019.06.07
obara小原

From:小原大二郎
千葉のゴルフ場より、、、

おはようございます、
小原大二郎です。

先週に引き続き、
今週も状況別のアプローチ攻略法
お伝えしていきます。

先週はバンカー越えのアプローチショットについて、
「ロブショット攻略における3つのポイント」を
お伝えしました。

難しい状況での対処についてみましたが、
今回も非常に厳しい状況について見ていきます。

皆さんもきっとこの状況に陥り
「今日はもうダメだ、、、」
なんて思いをしたことがあるのではないでしょうか…

今回は
「アゴの高いバンカーショット」について
見ていきます。

この動画を見ていただければ、こんな過酷な状況も
難なく対処することが出来るようになるでしょう。
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ビデオ】3つのポイントでアプローチが決まる

2019.05.31
obara小原

From:小原大二郎
千葉のゴルフ場より、、、

おはようございます、
小原大二郎です。

先週まで、4週続けて
アイアンのミスを”一発で”
直す方法をお伝えしてきました。

この記事の最下部にまとめておきますので、
是非いざというときのために
目を通してみてください。

さて、ティーショット・アイアンと見てきましたので、
次に来るのはもちろん…

そう、アプローチです。

アプローチで重要なのは、
いかにその状況でのショットイメージができるか、
これに尽きると思います。

グリーン周りだと緊張して身体に力が入りやすいですから、
スイングイメージが明確になればなるほど
プレッシャーに強くなります。

ですので、3週続けて
状況別のアプローチ攻略法をお伝えしていきます。

続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アプローチ…52度と58度、どっちを使う?

2019.04.25
tokutake

From:徳嵩力一
千葉の自宅より、、、

こんにちは。プロクラブフィッターの
徳嵩力一(とくたけ・かついち)です。
 

さて今日は、ベテランゴルファーの方からの、
こんな質問にお答えしたいと思います。
 

 「アプローチウェッジの52度と58度を持っています。
  いつもどちらを使うか本当に迷います。

  上げる必要がなければ、
  52度で転がしたほうが良いのか?

  フェースを開けば柔らかい玉が出るのだし、
  ライによって選択肢は変わるのでしょうが、
  原則的なものがあったら、ご教示下さい。」

 

ご質問、どうもありがとうございます。

そうですねえ。。。結論から言ってしまいますと、
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【ビデオ】タッチを確定する極意

2019.03.31
ohmori

From:大森睦弘
岐阜の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は
 

 「タッチを確定する極意」
 

というお話をさせていただきます(ビデオ&おまけあり)。
 

アプローチショットで楽々ワンパット圏内に寄せる
絶妙なタッチがコンスタントに出せたら、
ゴルフはものすごく楽しくなります。

距離感であるタッチはロフトと振り幅で決めることも
多く聞かれることですが、実はもっとヒトの本来の能力を
使える方法があります。それは。。。

(続きはビデオにて)
続きを読む

  • このエントリーをはてなブックマークに追加