カテゴリー別アーカイブ: ドライバー

アイアンイップスになってしまった…(泣)

2017.01.28
mongo

From:モンゴ
千葉の自宅より、、、

お楽しみ様です、モンゴです!

ゴルフ、楽しんでますか~?^^

さて、今日は

 「アイアンイップスになってしまった…(泣)」

についてお話しようと思います。

ゴルフで一口にイップスといっても、
いろいろな種類のイップスがあると思います。

ですが、今回ご相談を寄せてくださった方は
ちょっとモンゴがものすごーく共感してしまったんです。

それは。。。こんなお悩みです。
続きを読む

飛距離アップで一番多い間違えは…

2017.01.22
服部hattori

From:服部コースケ
東京・代官山のスタジオより、、、

先日久しぶりに打ちっぱなしに行ってきました。
普段あまり行くことがないのでとても新鮮でしたね。

思っていたよりゴルファーの年齢層が若く、
カップルや女の子同士など色んな組み合わせがいて賑わっていました。

活気があっていいな~なんて眺めていると
近くの打席からいい音が聞こえてきます。

なかなか鋭そうなスイングの音。

そこにいたのはカップルだったのですが
いかにも力自慢的風貌の男の人が、力いっぱい振っていました。

傍から見ると一見すごそうなスイング。

なんですけど思ったより飛んでない、、、

見た目にはいかにも飛びそう
でも思ったよりは全然飛んでいなんです。

「ああ~」

ではこの人はなぜ、
力強いスイングの割に飛ばせないんでしょうか?

それは、、、

             

腕を速く振ることでヘッドスピードが上がるは間違い

   
ボールを遠くまで飛ばすには
ヘッドスピードを上げることが確かに必要です。

それは間違っていません。
スイングスピードを上げるには
力いっぱい振ることが一番、そう思った方も多いと思います。

「ヘッドスピードを上げること」=「腕を速く振ること」

実はこれ間違いなんです。

ヘッドスピードを上げることと
腕を速く振ることは全く関係ないんです。

腕を速く振ろうとすればするほど
ダウンスイングからインパクトにかけて
手が先行してしまい、クラブヘッドが走らないんです。

手打ちになってしまうということです。

スイングの支点がグリップエンドになり
スイングアークが小さくなってしまう弊害もあるし

速く振ることは実は意味がないんです。

          

ではどうしたらいいか?

ヘッドスピードを効率よく確実に上げる方法を3つ紹介してきます。

・タオル素振りでつかむ!身体先行のスイングでヘッドスピードアップ

step1 細長いタオルの先端を結んでゴルフヘッドのような部分を作る
step2 身体が先でヘッドが後につられる感覚を意識しながら素振り10回
step3 ゴルフクラブで下半身。腰・肩・クラブの順で動かすことを意識しながら素振り10回

2016-1029_1

身体先行のスイングを意識付ける練習なので
下半身→腰→肩→クラブの順番で身体を動かしてクラブをしならせることを充分意識して下さい。

・ショット前の素振りに取り入れよう!左スイングでヘッドスピードアップ

step1 左素振り(右手が上。左手が下で握り左の方と同じスイングをする)
step2 左素振りのフィニッシュの形を記憶し。通常のトップスイング時にそれを再現してスイングする

2016-1029_1

左スイングをした時のフィニッシュの形を、そのまま右のトップスイングで真似すると普段より大きなトップスイングになり
ヘッドスピードは上がります。

・コースでの空き時間にサクッと練習!グリップをゆるく持ってヘッドスピードアップ

step1 グリップを握ってクラブは胸の位置に持ってくる
step2 ヘッドで右回り、左回りいスムーズに円を描く

2016-1029_1

実は柔らかくグリップを握るだけでも手首の可動域は広がることで勢いが増し、ヘッドスピードは上がるんです。

この3つの方法を試してみて下さい。

ヘッドスピードを効果的に上げることができます。

今の当たり前は当たり前じゃない

今自分が思っている感覚や常識。
「これはこうだろう」「これはこうに違いない」

それを一旦自身の頭から取り除いてみて下さい。
そうすることで新しい情報が入ってきやすくなりますし
思わぬ発見があるかもしれませんよ。

クラブヘッドの軌道、クラブの入射角、
ボールの打ち出し角、ボールのスピン量、ミート率。

飛距離アップにつながる要素は数多くのあるので
その一つ一つの要素で効率のいい方法を見つけていきましょう。

一旦ゼロベースに戻ることは視野が広くなり
効率のいい方法を発見し飛距離を格段に伸ばすチャンスですよ。


<本日のオススメ>

ついに小原プロ最新のwebセミナー
「ゴルフの悩み全て解決!オンプレーンスイング」

が期間限定で公開されました。

最後まで見た方には
小原プロから特別なプレゼントがあります。

このwebセミナーを見ることで
高額なお金を払ってレッスンを受けなくても
自分でスイングの良し悪しがわかるようになります。

また大変多くの質問に
小原プロ自身がひとつひとつ答えています。

41分05秒という長いセミナーになりますが
無料でご視聴いただけるのでぜひご覧ください。

あなたのゴルフが飛躍的にステップアップ
するための大きなきっかけになるはずです。

http://g-live.info/click/obronp_webinar/

新しいドライバーが飛ばない理由

2017.01.18
miyamoto

From:宮本大輔
千葉のゴルフパフォーマンスより、、、

おはようございます、宮本大輔です!

==============

ぬぉぉぉぉっっ、、、
仰るとおりです。。。

すみません(T_T)(T_T)(T_T)

==============

と泣いた顔文字→(T_T)を
3つも使ったメールが届いたのはちょっと前の話。

というのも、僕のゴルフ仲間のK君から
ドライバーを買い替えたと連絡があったんです。

といっても、エースドライバーは手放せないので、
少し休んでもらって、若手を投入したという感じだそうです。

K君はついに手に入ったようで、
とっても嬉しそうでした。

毎年新しいドライバーが発表されると
欲しくなるのはゴルファーの性(さが)ですね 笑

僕も当然気になります。

では、何故あんなに悲しそうなメールが届いたのか。

続きを読む

バッグからドライバー抜くのはアリ?ナシ?

2017.01.11
morisaki_catch

From:森崎 崇
ゴルフパフォーマンス新宿店より、、、
こんにちは。森崎です。

2017年、最初のメルマガです。
改めて今年も一年、宜しくお願い致します。

さて、ゴルフパフォーマンスには仕事始めから、
多くの生徒さんに来ていただいていますが、顔なじみの方からは
年末年始のラウンド報告をたくさん頂いております。

久しぶりに地元の友人と打って勝てました!
父親と初めてコースに出たけど楽しかった!

などなど、嬉しい声を聞けて、僕も
非常に嬉しかったのですが、その中でもある生徒さんが
印象的な話をしてくれましたので、今日はそれをお話したいと思います。

最近スコアが伸び悩む方には、もしかしたら特効薬に
なるかもしれませんので、是非読み進めてください。
続きを読む

[新年Video] ウッドが当たらないと嘆く前に

2017.01.02
古賀さん写真koga

From:古賀公治
尼崎テクノランドより、、、

こんにちは、ティーチングプロの古賀公治です。

新年、あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願いいたします!

今日はあなたに、

 「ドライバーが当たらないと嘆く前に」

について、ビデオでお話ししたいと思います。

前にもどこかでお話ししたことがあるかもしれませんが、
スムーズなスイングのためには、
スイングが左股関節の上で回れることが大切です。

では、そのために一番手っ取り早い方法は。。。?

(続きはビデオにて)
続きを読む

【ビデオ】引っ掛け対策のアドバイス

2016.12.29
obara小原

From:小原大二郎
千葉の自宅より、、、

おはようございます、小原大二郎です。

2016年も残すところ後2日ですね。
1年間私のメールマガジンを読んでいただき
どうもありがとうございました。

たくさんのメッセージ
本当に嬉しく、一つひとつ目を通しています。

今日、明日の動画レッスンでは、今年1年を振り返り
あなたにもう一度見ていただきたい動画レッスンをお届けします。

さて、今日のビデオレッスンのテーマは、
『ひっかけ』の改善のためのアドバイスです。

続きを読む

ドライバーの交換を検討中の方へ

2016.12.15
tokutake

From:徳嵩力一
千葉のクラブ工房より、、、

こんにちは。プロクラブフィッターの
徳嵩力一(とくたけ・かついち)です。

今日なんですが、あなたに

 「ドライバーの交換を検討中の方へ」

という話をしたいと思います。

お客様の中で一番多いのが、
「ドライバーを今よりいいものに変えたい」
という要望です。

そうした時に、失敗しない選び方について
今日はお話ししておきたいと思います。

あ、もちろんドライバー以外の交換を検討中の方にも
役に立つ内容なので、ご安心下さい。
続きを読む

クラブを変えたら飛距離が落ちた…何故?

2016.12.08
tokutake

From:徳嵩力一
千葉のクラブ工房より、、、

こんにちは。プロクラブフィッターの
徳嵩力一(とくたけ・かついち)です。

今日なんですが、あなたに

 「クラブを変えたら飛距離が落ちた…何故?」

という話をしたいと思います。

飛距離をよくしようとしたのに、
逆に飛距離が落ちてしまったのでは、
踏んだり蹴ったりですよね。。。?

ですが、こういう例は実は少なくないのです。

なぜこの話になったかというと、
最近こんな質問をいただきました。
続きを読む

「技」最高に飛ぶボールを求めて

2016.12.04
ohmori

From:大森睦弘
岐阜の自宅より、、、

こんにちは、大森睦弘です。

さて、今回は

 「技・最高に飛ぶボールを求めて」

というお話をさせていただきます。

飛ぶかもしれないボールを、噂だけで選んでいませんか。

飛ぶボール選択のためにヒントになる、
あなたのドライバーにマッチしたボール探しについて
お話します。ズバリその方法とは…
続きを読む

【ビデオ】100円でスライスを直す方法

2016.11.22
近藤kondou

From:近藤雅彦
ゴルフパフォーマンス神田店より、、、

おはようございます!
近藤雅彦です。

本日はビデオレッスンです!

コースで曲がりが出てしまい、
スコアを落としてお悩みのあなたへ
有効な練習法をご紹介いたします。

ボールの方向性を決定づけているのは、

・スイング軌道
・クラブフェースの向き

以上の2点です。

体の軸が安定していても、腕やフェースの向きが、
自由にバラバラに動いてしまっていては、
ボールの方向性が不安定になってしまいます。

では、どうすれば安定させられるのか、と言うと、
体の回転と腕とクラブの動きが同調することがポイントです。

今回は、

・スイング軌道
・クラブフェースの向き

を安定させて、

コースでボールの曲がりがでてしまうという
お悩みのあなたに有効な練習法をご紹介いたします。

実は100円で売っているコレを使うだけで、
お悩みは簡単に解決してしまうんです。。。

スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。

あとがき

両腕と胸の3点でボールを挟んで、
スイングをする練習方法でした。

この方法でボールを落とさず、
スイングをすることが出来たなら、
体の回転と腕とクラブの動きが
同調出来ているという証拠です。

最初のうちは、

腰から腰のスイング

肩から肩のスイング

フルスイング

といった感じで
段階を踏んで練習して見ると効果的です。

フルスイングでボールが落ちなくなっていれば、
完璧に同調できている証拠です!

体の回転と腕とクラブの動きが同調できていれば、

・スイング軌道
・クラブフェースの向き

以上二点は安定します。

このように、
コースでボールの曲がりが原因で

スコアを崩してしまうあなたへ
有効な練習方法をご紹介いたしました。

あなたのスコアアップに役立てていただけたら
嬉しく思います!

是非、実践してみてくださいね!

またメールします!

近藤


<本日のオススメ>
11/23までのキャンペーン!

【ビジネスゾーン養成アイアン】

小原大二郎が推薦する

ビジネスゾーン習得において
唯一にして最強の武器と言い切る
「ビジネスゾーン養成アイアン」の秘密、、、

期間限定公開中、、、

http://g-live.info/product/medicus161117/

※11/23までの限定公開!

飛距離が落ちた…7年前のクラブ、変える?

2016.11.03
tokutake

From:徳嵩力一
千葉のクラブ工房より、、、

こんにちは。プロクラブフィッターの
徳嵩力一(とくたけ・かついち)です。

今日なんですが、あなたに

 「飛距離が落ちた…7年前のクラブ、変える?」

という話をしたいと思います。

飛距離が落ちてきたりすると、
クラブを変えることでどうにかなるんじゃないかと
そんなことを思ってしまいますよね?

もちろん、その選択は決して悪いことではないのですが。。。
続きを読む

【ビデオ】ドライバーショットが上手くいかないときにやれること2つ

2016.10.18
近藤kondou

From:近藤雅彦
ゴルフパフォーマンス神田店より、、、

おはようございます!
近藤雅彦です。

本日はドライバーのミスショットが原因で、
スコアを崩してしまうあなたへ、
チェックしてみて欲しいポイントがあります。

ドライバーショットでミスが出る多くの原因は、
アイアンのショットの様に、下り際でボールを捉えてしまい、
上から打ち込んでしまうインパクトになってしまい、
ミスショットしてしまう方を多く見かけます。

ですが、理想のインパクトでボールを捉える様になるには、
2つのポイントがあります。

この2つのポイントをおさえていただければ、
あなたのドライバーショットが安定し、
スコアアップに繋がっていきます!

そのポイントとは、、、

スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。

あとがき

いかがでしたでしょうか?

■アドレスでのポイント
 ・重心の位置
 ・顔が骨盤よりもやや右側

■スイング中の軸のポイント
 ・ボールの右側面をみながら払い打つようなイメージ

以上、2つのポイントを意識していけば、

ドライバーの理想的なインパクト、
レベルブロー、もしくはややアッパーブローで
ボールを捉えていくことが出来、ナイスショットが増えていきます。

是非、実践してみてくださいね!

またメールします!

近藤


<本日のオススメ>
10/19までのキャンペーン!

【小原大二郎流】

飛ばしにパワーは必要ありません。

今までのあなたでは打てなかった様な
信じられない球が打てるようになる秘密、、、

それは○○○でした。

http://g-live.info/click/obrhythm161013/

※10/19までの限定公開!

ドライバー変えたらスライス増えた…

2016.10.08
mongo

From:モンゴ
千葉の自宅より、、、

お楽しみ様です、モンゴです!

ゴルフ、楽しんでますか~?^^

さて、今日は

 「ドライバー変えたらスライス増えた…」

についてお話しようと思います。

読んで字のごとくなんですが、
もしかしたらあなたもこうした経験ありませんか?

別にスライスだけではなくて、ゴルフクラブを変えたら
いろいろな問題が出てしまったことがある方はもちろん
そうでない方にもぜひ聞いておいて欲しい内容です。
続きを読む

【ビデオ】ドライバー、こんなスイングしていませんか?

2016.09.28
morisaki_catch

From:森崎 崇
ゴルフパフォーマンス新宿店より、、、
こんにちは。森崎です。

9月と言えどもまだまだ暑いですね。

さらに雨も続いて私達ゴルファーは
なかなか予定を立てづらいですが、
その分、10月はコースに出たいという方も多いと思います。

そこで、今日はそんなあなたに
安定したドライバーの打ち方について
レッスンしたいと思います。

朝イチのティーショットに関わらず、
その日のモチベーションを大きく左右するのは
ドライバーと言っても過言ではありませんよね。

それに、しっかりFWに落としていけば
次のショットに安心感が生まれ、
結果的にスコアにも影響します。

では、どうすれば安心感を実感できる
ドライバーショットが打てるのか。

それは、たった1つのポイントに
注目すれば良いのです。

是非、動画でそのポイントを見てみてくださいね。

スマホの方、動画が見れない方はこちら

パソコンでご覧頂いている方は、字幕を出して見られるようになりました。
動画の下部にある字幕アイコンまたは)をクリックすると表示をオンにすることができます。字幕をオフにするには、[字幕] アイコンをクリックし、[字幕をオフにする] をクリックします。


<本日のオススメ>
40代のサラリーマンゴルファー小泉さんは
アプローチ上達のための3つのルールに
従っただけで、HCが22から一気に9へ!

今では90%以上は寄せワン(2打)で
上がれるようになったそうです。

しかし実は、そのスコアアップの裏には
ある秘密があったと言います…

その秘密をコチラでチェック
http://g-live.info/click/gk160927/

グリップを軽いものに変えたいのですが

2016.09.22
tokutake

From:徳嵩力一
千葉のクラブ工房より、、、

こんにちは。プロクラブフィッターの
徳嵩力一(とくたけ・かついち)です。

今日なんですが、あなたに

 「グリップを軽いものに変えたいのですが」

という話をしたいと思います。

先日、このような質問をいただいたので、
それについてお答えしてみます。

最近のクラブは、重めグリップよりも
軽めのグリップの方がもてはやされる傾向があります。

ですが、軽いほうがいいのかというと
必ずしもそうとは言えないところがあります。
どういうことかといいますと。。。
続きを読む