95%の人がハマる、ゴルフ上達の落とし穴…

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2015.05.23
mongo

From:モンゴ
千葉の自宅より、、、

お楽しみ様です、モンゴです!

ゴルフ、楽しんでますか~?^^

さて、今回は、

 「ゴルフ上達の落とし穴」

についてお話しししたいと思います。。。

おそらくそうですね、、、95%ぐらいのゴルファーが
ココを間違っているせいで上達できてないです!(断言)

「もしかしたら自分もそうかも???」
そんなふうに不安に思った人は、ぜひチェックを!^^

3ヶ月でスコア130。。。

ということで、まずは質問から。

> ゴルフを始めて3ヶ月です。
> 何もわからず勤務先の方とコースに行き130というスコアでした。
> アイアンはダフりやトップが多いし
> なかなか芯でボールを捉えられないです。
> しっかり当たることもありますが、
> 打ち出してすぐ右に曲がることが多いです。
> (スライスよりひどい曲がりかただと思います)
> ドライバーは最近ボールが上がるようになりました。
> しかし当たりだしたらスライスがとまらず、
> 色んな事を考え過ぎて体が複雑な動きかたに
> なってるような気がします。当然飛距離もでません。
> もっと上手くなってスコアアップしながら
> ゴルフを楽しみたいと考えてます。
> よろしくお願いいたします。

なるほど、3ヶ月で130。。。
それはハッキリ言って

 「それ、才能あります!」(∩´∀`)∩ワーイ

それだけでの経験でそのスコアというのは、
ハッキリ言って有望ですよ~

でも逆に、それぐらい素質があるので、
逆にいろいろ考えちゃうのではないかと思います。

で、いろいろ考えてしまう人に、
モンゴがいつも言っていることが、、、

 「ワンスイングワンポイント!」

はい、もうこれだけでいいです。

一つのことだけに集中して、
他のことが出来たかどうかは置いておきましょう。

そして実は、それに関連することなんですが、、、

ゴルフの才能のある人がハマリやすい
「落とし穴」というものがあるんですね。

それは何かというと、、、

「上手く当たったかどうかは重要じゃない!」

はい、多くの方はたいてい
「上手く当たったかどうか?」に目が行きがちです。

でも、大切なのはそうではありません。

 「自分が注意した動きができたかどうか?」

そう、練習でも本番でもそうなんですが、
そこに目が行くようにして下さい!

大切なのは、上手く当たったかどうかではありません。
意図した動きができたかどうかなのです。

それを求めていけば、きちんと練習量さえ伴えば、
ゴルフが身につくのも格段に早いです!

 「いい当たりよりも、いい動きを」

「ひたすらビジネスゾーン!」とも言いたいのですが
その中でも、ひたすらいい動きを求めて下さい。

いい当たりというのはあくまで、
結果でしかないわけですからね。

そして、ビジネスゾーンをやる際に注意点ですが、
短いクラブで出来てきたら、
徐々に長いクラブに変更していくようにしましょう。

そしてビジネスゾーンで特にチェックしておきたいところは
うまく当たっているかどうかではありません。

大切なチェックは「振り幅」!

たいていの人は、振り幅が知らず知らずのうちに
大きくなってしまうんですね。なので、

 「地面と水平のところでクラブが止まっているかどうか?」

これをきちんと自分でチェックしてください。
振り過ぎないようにが大切です。

特にバックスイングなんですが、たいていの場合、
オーバースイングになってしまうんですね。

腰のところではなく、
肩ぐらいまで行っている人が多いんですね。

でも、、、ビジネスゾーンのオーバースイングが
どうしていけないかという質問があるかもしれません。

(あ、そんなふうに思ったあなた、鋭い!^^)

どうして良くないかというと、
バックスイングが大きくなると、無意識のうちに
「上げすぎた!」と自分の身体がわかってしまうんです。

で、そうするとダウンスイングでクラブが落ちてくるときに
無意識に身体や手の力加減を緩めてしまうんです。

無意識にそんなことが分かって行動してしまうなんて、、、
人間の身体って、スゴイですよね。

あ、ちなみにもともとオーバースイングの人は
手打ちになっている事が多いです。

手打ちかどうかについては、
両腕の三角形が崩れていないかどうかで
チェックをしておいてくださいね。

胸がアドレスの時と変わらないまま。
手先でひょいとあげてしまっていると、
三角形が崩れている手打ちということになります。

以上、少しでも参考になればうれしいです!

それでは、今日も楽しいゴルフを!

モンゴより

<オススメ>
□70歳以上
□飛距離が250y以下
□まだ飛ばしを諦めたくない

どれか1つに当てはまったあなたのための、
服部プロ、秘密の飛距離アップ法。

軽々と遠くまで、
美しい軌道で飛ばしたいなら

http://g-live.info/click/hattori150519/

※5月25日(月)までのキャンペーンです。

The following two tabs change content below.
モンゴ

モンゴ

奈良県出身。大学在学中の20歳の時にゴルフの魅力にはまり、研修生に転身。その後プロゴルファーに。世界的なゴルファー、コリン・モンゴメリーにスイングが似ていることから「モンゴ」というあだ名が定着。2014年、小原大二郎プロが設立した100切り専門ゴルフレッスンスタジオの設立に参画。その明るい人柄や性格から、生徒全員を笑顔に変える「太陽のようなレッスンプロ」として、足繁く通うファンが絶えない。得意とするのはショートゲーム。また、メンタルへの造詣も深く、アマチュアに対するメンタルトレーニングの必要性を日々追求している。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: スコアアップ, ビジネスゾーン, メルマガ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
モンゴ

モンゴ について

奈良県出身。大学在学中の20歳の時にゴルフの魅力にはまり、研修生に転身。その後プロゴルファーに。世界的なゴルファー、コリン・モンゴメリーにスイングが似ていることから「モンゴ」というあだ名が定着。2014年、小原大二郎プロが設立した100切り専門ゴルフレッスンスタジオの設立に参画。その明るい人柄や性格から、生徒全員を笑顔に変える「太陽のようなレッスンプロ」として、足繁く通うファンが絶えない。得意とするのはショートゲーム。また、メンタルへの造詣も深く、アマチュアに対するメンタルトレーニングの必要性を日々追求している。

 

Facebookでコメントする

95%の人がハマる、ゴルフ上達の落とし穴…」への2件のフィードバック

  1. ヨッシー

    モンゴプロ、丁寧な説明ありがとうございます。

    私はよくパターのダウンストロークが緩んでしまい、ショートしてしまいます。なのでフォローが止まってしまう事が多いですね〜>_<

    ビジネスゾーンは肩〜肩でも下半身先行でユルユルグリップで出来る様になりました。継続は力なりですね!

    返信

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。