プレッシャーがかかるとミスが出る人へ

2016.11.12
mongo

From:モンゴ
千葉の自宅より、、、

お楽しみ様です、モンゴです!

ゴルフ、楽しんでますか~?^^

さて、今日は

 「プレッシャーがかかるとミスが出る人へ」

についてお話しようと思います。

 「うーん、なんで肝心なところで、ミスが出るんだろう?」

あなたもゴルフをしていて、そんなふうに思ったことは
一度や二度ではないのではないでしょうか?

もちろんモンゴだって、
そんなふうに思ったことは数知れずです~(T_T)

でも、そのようなミスが出ないようにするには、
ほんのちょっとした工夫をするだけで、いいんです!

実はもう、解決したも同然!?

レッスンをしていますと、時々お客様から
こんなことを言われることが多いんです。


お客様「モンゴプロ。私、肝心な時にミスが出るんです」

モンゴ「えー、そうなんですかあ~
    でもレッスンでのスイングでは、
    ミスが出ているようには、見えないですけどね」

お客様「いや。そんなことないです。
    きっと、プレッシャーがかかってくると
    手打ちになっているんだと思うんですよね」

モンゴ「おお、そうなんですか。
    でも、そういうことだったら、
    それはもう解決できたも同然ですよ!」

お客様「え、どういうことですか?」

 

なぜモンゴがここで「簡単だ」と言ったのか、
その理由は「簡単」です(笑)。

どういうことかというと、たとえばこのお客様の場合、

 「手打ちになっている」

ということに、すでに自分で気づいていらっしゃるわけですよね。

モンゴは、手打ちになっているというマイナスよりも、
そこにすでに気づいているということを
むしろプラスだと捉えています(捉えるようにしています)。

だって冷静に考えて、自分で自分のミスに気づけているって、
それだけでスゴイことだと思いませんか?

もしあなたが「これが原因でミスが出ている」ということが
すでにわかっているのでしたら、もうそれだけで
自信を持っていいですし、ほぼ解決したも同然ですよ!

切り替えのスイッチを入れる

さて、本題です。

肝心な時にミスが出る、プレッシャーかかると手打ちになるなら、
まず、あなたがすべきことは。。。

 「深呼吸をしましょう!」

えーと、この深呼吸のことを言うと、みんなたいてい
「えー、そんなことだけですかあ?」という顔をするんですが。。。

それでもモンゴはやっぱり、
この深呼吸を自信を持ってオススメしたいです!

ミスが出るときというのは、脳に酸素が行き渡っていない時です。
そうすると、いつもできることができなくなるわけです。

手打ちなんかとは普段は無縁の人であっても、
つい手でスイングをしてしまって、それがミスになってしまうわけです。

そして、深呼吸は酸素を行き渡らせるためだけではないんです。

 「切り替えのスイッチ」

として、深呼吸を使って欲しいんです。

どういうことかというと、私たちは普段呼吸をする時に、
特に意識をしないで呼吸をしています。

ですが意識をすれば、普段は意識をしていない呼吸も
自分でコントロールすることはできるわけです。

その無意識の呼吸から、意識的な呼吸に切り替えるという行為が、
緊張を和らげる、切り替えのスイッチになっちゃうんです!

ということで、深呼吸は切り替えのスイッチとして
何度もやってみてください。

そしてついでに、深呼吸をした後はしっかりと
肩を回すようにしてください。
ゴルフクラブを肩に担いで回すような動作も効果的です。

これだけでも、手打ちになる原因をなくせるはずですよ~
ダマされたと思って、ぜひお試しあれ!( ´ ▽ ` )ノ

プロはみんなやっていること

実はこの深呼吸とか肩を回すとかだけではなくても
プロたちはこうした切り替えのスイッチを各自持っているものです。

・ジャンプしたりだとか

・思いっきり身体を反らせたりとか

・しゃがんで足のももを伸ばしたりだとか

他のスポーツになりますが、野球とかでも
バッターがネクストバッターズサークルに入った時に
しゃがんでももをのばしたりしているのを見ますよね。

あれもきっと、スイッチだとモンゴは思うんです。
みんな、切り替えの方法を持っています。

モンゴだったら、さっきの肩回しやクラブ担ぎ回しの他にも、
両手でクラブを持って、頭の上にぐっと上げてバンザイしたり
そこからさらに体をグリグリまわしたり、反らせたり。。。

気づけば結構いろいろやってますね。。。(´Д` )
でも、プロはみんな何かしら方法を持っているものです。

ちょっと話はそれちゃうかもしれませんが。。。

ひとは誰でもミスが出ます。
もちろん、モンゴもそうです。
実はトッププロだって、それに悩んでいます。

ですが、そんな時に

 「自分のミスはなくせない→どうせ自分には無理」

このようには考えないようにしましょう。

 「自分のミスはなくせない→だったらこうしてみたら」

「だったらこうしてみたら」これが正しい考え方なんです!

ミスが出るということを前提に考えたとしても、
こっちの考え方のほうが、はるかに前向きです。

そのためのスイッチが、深呼吸だったり、
今日紹介した体の動作だったりするんですね。
 

ちなみに、ここで紹介するのは場違いかなと思ったんですが、
モンゴの好きなビデオをここでご紹介しちゃいます。

ゴルフとは直接関係ない話ですし、20分ぐらいあるビデオなので、
お時間がある人だけ、ご覧になってください。

でも、ゴルフのみならず、現状の問題に悩む人にとっては、
“20分”という時間以上の価値があるはずですよ~♪(*^_^*)

 
Hope invites | Tsutomu Uematsu | TEDxSapporo

スマホの方、動画が見れない方はこちら
 
 

以上、少しでも参考になればうれしいです!

それでは、今日も楽しいゴルフを!

追伸:近藤プロの人気教材!

実は、モンゴもレッスンにあたっているゴルフスタジオ
「ゴルフパフォーマンス」の新店舗が池袋にオープンします!
(∩´∀`)∩ワーイ

それを記念して、ヘッドコーチの近藤プロの教材
「近藤雅彦の究極のスクエアスイング上達法」
が期間限定のキャンペーン中とのことです。

スライスやフックに悩んでいる方には必見の教材ですよ~
ぜひ、チェックしてみてください!

http://g-live.info/click/knsq161108/


※11/14(月)までだそうです!

The following two tabs change content below.
モンゴ

モンゴ

奈良県出身。大学在学中の20歳の時にゴルフの魅力にはまり、研修生に転身。その後プロゴルファーに。世界的なゴルファー、コリン・モンゴメリーにスイングが似ていることから「モンゴ」というあだ名が定着。2014年、小原大二郎プロが設立した100切り専門ゴルフレッスンスタジオの設立に参画。その明るい人柄や性格から、生徒全員を笑顔に変える「太陽のようなレッスンプロ」として、足繁く通うファンが絶えない。得意とするのはショートゲーム。また、メンタルへの造詣も深く、アマチュアに対するメンタルトレーニングの必要性を日々追求している。
カテゴリー: スイング, メルマガ, メンタル, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
モンゴ

モンゴ について

奈良県出身。大学在学中の20歳の時にゴルフの魅力にはまり、研修生に転身。その後プロゴルファーに。世界的なゴルファー、コリン・モンゴメリーにスイングが似ていることから「モンゴ」というあだ名が定着。2014年、小原大二郎プロが設立した100切り専門ゴルフレッスンスタジオの設立に参画。その明るい人柄や性格から、生徒全員を笑顔に変える「太陽のようなレッスンプロ」として、足繁く通うファンが絶えない。得意とするのはショートゲーム。また、メンタルへの造詣も深く、アマチュアに対するメンタルトレーニングの必要性を日々追求している。

 

Facebookでコメントする

プレッシャーがかかるとミスが出る人へ」への4件のフィードバック

  1. 村澤

    モンゴさん、お久しぶりです。
    千葉でお世話になった村澤です。

    素晴らしい動画ありがとうございました。
    これからもいい動画等あったらお願いします。

    返信
    1. モンゴモンゴ 投稿作成者

      村澤さんどうもありがとうございます!!!気に入ってくださってとても嬉しいです~( ^ω^ )

      またこういうビデオありましたら紹介させていただきます!( ´ ▽ ` )ノ

      返信
  2. 稲元

    モンゴさん良い動画でしたね。挑戦とは、孤独を恐れない素直な心が要るのですね。

    返信
    1. モンゴモンゴ 投稿作成者

      稲元さんお久しぶりです!!!嬉しいお言葉ありがとうございます(T ^ T)

      そうなんですよね(^.^)挑戦中は色んな感情が湧いてきますが、『こんな感情があったんだぁ〜』って思えるだけで、解消できますからね(^∇^)
      結果より、挑戦してる過程が一番楽しいのかもしれませんね^_^またお会いできる日を楽しみにしております!ありがとうございます!

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。