シングル並のショットもあるけど100も打つ…

2017.03.25
mongo

From:モンゴ
千葉の自宅より、、、

お楽しみ様です、モンゴです!

ゴルフ、楽しんでますか~?^^

さて、今日は

 「シングル並のショットもあるけど100も打つ…」

についてお話しようと思います。

自分でも信じられないようなショットも出るのに、
いざとなると100も打ってしまう…

そんなことってありますよね~
あなたはどうですか?

「プラス20」の法則

こんなお悩みの声をいただきました。
 

> 「シングル並み?」というショットもありながら、
> 100も平気で打つこともあります。
> どうすればよいのでしょうか?

 

ハッキリ言って、スコアの振れ幅というのは
プロにも存在します。

トッププロたちのベストスコアは60台なわけですが。。。

そんなトップクラスのプロたちであっても、
試合で「80台」とかを打つことだって、実際にあるわけです。

つまり、何が言いたいのかというと、
80台で回るような人であれば、
単純計算すれば100ぐらいは打つ可能性があるということです。
 
 

ただ、お悩みを聞く限りにおいて
シングルクラスのショットが出るというのは。。。

 「すっばらしいですね!」(∩´∀`)∩ワーイ

「シングルクラスのショット」とおっしゃっているので、
おそらく、シングルクラスの人が回りにいらっしゃるんでしょう。

そして、そのシングルクラスのショットというのが、
どんなものなのかを、よーく知っているからこその
この質問だと推察します。

もし回りにお上手な人が多いのであれば、
その環境はぜひ活かすようにして下さい!

モンゴが上京する前の話…

いいお手本があれば、真似できるわけですから、
上達も早いに決まっています。モンゴもそうでした。

逆に言うと、回りに上手な人が少なかった頃。。。

上京する前、まだ奈良にいた頃のことですが、
奈良と大阪の県境にある小さな練習場で
毎日のようにゴルフの練習をしていました。

当時、その通っていた練習場で
球数だけは一番打っていたと思います。

1日2時間でビジネスゾーン1000球とか。。。^^;
 
 

もちろん、父親もまあまあ上手かったんですが、
練習の時間帯も合わなかったので、
それほど一緒に練習したわけではありません。

※ちなみに。。。
 父親のことは、以前にココでちょっとだけ書きました。

【年末特別編】始まりは全て6番アイアン

http://g-live.info/click/161224_nikkan/
 

練習場を見回してみても、お世辞にも
あまりお上手でない方々が多くて(スミマセン!)、

モンゴ自身もコースに1~2回ぐらいしか行っておらず、
シングルクラスのショットがどういうものなのかということが
あまりよく分かっていませんでした。

ですが、モンゴは昔からスポーツをやっていたので、
 

 「とにかく数だけはこなそう」

 「数をやれば、いつかうまくなるはず」
 

そんなことを思って、回数だけは負けないようにと
繰り返しボールを打っていたんです。

上京して「ホンモノ」に触れて…

で、その後モンゴは上京して研修生になったんですが。。。

そこには、将来稼ぎたいと思っている
たくさんの若者たちがいました。

それだけではありません。

実際にプロになって、
ゴルフで稼いでいる人もいたわけです。
 

 「あ、テレビで見た人だ!」
 

そんな人たちがキラ星のように
たくさんいらっしゃいました。

以前もちょっと話に出たことのある
「Mさん」もその一人です。

テレビでMさんのアイアンのベタピンショットに
何度シビれたことか。。。

そのプロが、まさにモンゴの目の前にいるんです。
その興奮ったら、ありません!
 

他にもたくさんのプロたちのショットを
リアルで目にすることができたんです。

もちろん先ほどのようにテレビでは見ていましたけど、
リアルはやっぱり違います。

スイングの形だけではなくて、そこにある空気感、雰囲気、
佇(たたず)まい、そして凄(すご)み。。。

そのホンモノの空気を実際に肌で感じる経験というのは、
時間が経っても、脳内に強く残っているものです。

まさにそうした雰囲気が、今の僕らを作っています。
 

だから、ホンモノに触れていて
リアルにシングルクラスがわかる、知っているあなたは
必ずやシングルになれます。

プロの試合観戦も何度も足を運んでいただけると、
よりリアルが感じられるのでお勧めです。(^-^)

今は100ぐらいは叩くかもしれませんが、
だって、リアルがそこにいるわけですから、
そこにはヒントが満載です!

今のまま、ビジネスゾーンを続けて、
その時をじっくり待ってみてはいかがでしょうか!^^

追伸:交流ラウンド募集中~

チーム小原との交流ラウンド、引き続き募集中です。

http://g-live.info/click/glcp1704/

でもゴメンナサイ!
モンゴは今回は行かないんですが。。。(つд⊂)エーン

でも、小原プロや近藤プロ、
宮本プロや徳嵩フィッターが行きますので、
楽しい会になること請け合いです!

日程は4月16日(日)、場所は千葉県です。
人数限定ですので、どうぞお早めに~
 
 

以上、少しでも参考になればうれしいです!

それでは、今日も楽しいゴルフを!
 

<本日のオススメ>

梶川プロが20年以上かけて確立した
核心的なノウハウをあなたに…

「腰を切る」スイング動作をもとに
飛距離と方向性を同時に磨くことができる
梶川武志プロの新教材『ドライバーを極める』

プログラムの詳細はこちらをクリック!

http://g-live.info/click/kdr170321/

※新発売価格は明後日3/27(月)まで

The following two tabs change content below.
モンゴ

モンゴ

奈良県出身。大学在学中の20歳の時にゴルフの魅力にはまり、研修生に転身。その後プロゴルファーに。世界的なゴルファー、コリン・モンゴメリーにスイングが似ていることから「モンゴ」というあだ名が定着。2014年、小原大二郎プロが設立した100切り専門ゴルフレッスンスタジオの設立に参画。その明るい人柄や性格から、生徒全員を笑顔に変える「太陽のようなレッスンプロ」として、足繁く通うファンが絶えない。得意とするのはショートゲーム。また、メンタルへの造詣も深く、アマチュアに対するメンタルトレーニングの必要性を日々追求している。
カテゴリー: 100切り, シングル, ツアープロ, メルマガ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
モンゴ

モンゴ について

奈良県出身。大学在学中の20歳の時にゴルフの魅力にはまり、研修生に転身。その後プロゴルファーに。世界的なゴルファー、コリン・モンゴメリーにスイングが似ていることから「モンゴ」というあだ名が定着。2014年、小原大二郎プロが設立した100切り専門ゴルフレッスンスタジオの設立に参画。その明るい人柄や性格から、生徒全員を笑顔に変える「太陽のようなレッスンプロ」として、足繁く通うファンが絶えない。得意とするのはショートゲーム。また、メンタルへの造詣も深く、アマチュアに対するメンタルトレーニングの必要性を日々追求している。

 

Facebookでコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。