飛距離が落ちてコース攻略が難しくなった…

2017.10.21
mongo

From:モンゴ
千葉の自宅より、、、

お楽しみ様です、モンゴです!

ゴルフ、楽しんでますか~?^^

さて、今日は

 「飛距離が落ちてコース攻略が難しくなった…」

についてお話しようと思います。

もしあなたが、タイトルにあるようなことでお悩みなら、
きっと今日のお話はあなたのお役に立てるはずです。。。

さて、早速本題に行ってみましょう!

まずはその質問から…

> 飛距離が落ちて、コース攻略が難しくなりました。
> ドライバーで約200ヤード、
> アイアンは推して知るべしであります。
>
> せめてドライバーで230~240ヤード程度の
> 飛距離を望んでいます。
> さすれば、ゴルフが楽しくなるでしょう。

 

おお、承知つかまつった!(笑)
 

どうでもいいですが、最後にあった言葉
「さすれば、ゴルフが楽しくなるでしょう」
に、なんだか武士の雰囲気を感じました。。。

年齢がわからないので、なんとも言えないところはありますが。。。

ただ、飛距離が落ちてきたということは、
それなりに年齢を重ねていらっしゃるのかなとは思います!
 

えーと、ボールが飛ばないんですよね?
 

はじめに答えを言っちゃいますよ!
飛ばしに必要な、基本的なテクニックは3つ。。。
 

 ・スイングスキル

 ・フィジカル

 ・ギア(クラブ)
 

はい、もうこの3つを磨いて下さい!(`・ω・´)!

完!(笑)

って、でもここで終わっちゃったら
コメント欄に苦情しか来ないかもしれませんね。。。(^_^;)

ただ、一つだけ言えることがあります。それは、

 「小手先じゃないですよ」

ということです。

年齢を重ねてくれば、今まではどうってこともなかった
ゴルフクラブも、重く感じるかもしれません。

自分の知らないうちに、身体は変化してきていますからね。

そうなった時には、一番原始的な練習方法が効果的です。
それは。。。
 

 「竹ぼうきをブンブン振り回す!」
 

ちょっと恥ずかしかったり、
周りが危ないかもしれなかったり。。。

場合によっては通報されるかもしれなませんが
(そんなご時世ですね)意外と有効です!
 

 ※注意! ご自身の体調は十分に考えて行って下さい。。。
 

あとは、これもモンゴをはじめとする
チーム小原がオススメしている方法ですが、
 

 「ゴルフ用のバットを振る!」
 

肩から肩の振り幅&ベタ足で、バットを振ってみて下さい。
それだけでも、だいぶ変わります!

ゆっくりスイングもかなり有効です!

(バットはゴルフパフォーマンスの各店舗でも買えますよ~)

飛距離に耐えられる体づくりを

竹ぼうきにしても、バットにしても、
年齢的にギックリ腰になっちゃうかもしれないので
ほどほどにしてほしいところですが。。。

ですが、飛距離に耐えられるぐらいの
最低限の体づくりというものは、どうしても必要になります!

もちろん、ミート率を上げることは大切です。

ですが、それでもやっぱりブンブン振りまわせるかが大事です。
 

とはいえ、無茶をすると身体を壊すので、
それを行う上での基準が必要ですが。。。

ちょっと軽く振る練習をして、
たとえば10回ほど振り終わった後にうっすら汗ばむ、
ちょっと息があがるぐらいがちょうどいいと思います!

それを休憩を挟みながら数セット。。。
最初は2~3セットで十分かもしれません。

振れるようになったらセット数を増やしたり、
振りの強度を上げたり、ほうきやバットを重くしたりします。
 

それと、これはモンゴが個人的に思うことなんですが。。。

いい機会なので最後に一つだけ、言わせて下さい。
 

ゴルフというのはスポーツの一つなのに、
劇的な変化を望む人が多いような気がするんです。

ですが、他のスポーツでも何でもそうでしょうが、
そんなに簡単にいい変化が起こるわけがありません。

たとえば野球とかで、ピッチャーが球速を早くしようとしても
現状で時速100キロなのを130キロ、140キロにするのは
並大抵ではないということはわかりますよね?

それと同じです。

なんでゴルフだと簡単に変わると思ってしまうのか
今でも謎なんですが。。。

止まったボールを打っているから、
イメージとして簡単に見える?
いやあー、そんなわけないんですけどね!
 
 

というわけで、今回紹介した「振る練習」は
(周りに迷惑をかけない範囲で)ぜひやってみて下さい。。。

ただし、絶対だけは無理だけはしないで下さいね!

追伸:ゴルフライブサミット!

はい! すでにご承知の通り、来月の11/4(土)は
 

 「ゴルフライブサミット」

です~!(∩´∀`)∩ワーイ

モンゴもセミナーでしゃべります。
(さらに内容をブラッシュアップ中。。。)

プロたちみんなで話しているんですが、
イベント自体は来て損をさせない内容ですので。。。

11/4(土)はぜひ東京・両国へ!
お申込みはこちらからどうぞ。

http://g-live.info/click/glsmt_1710/
 
 

以上、少しでも参考になればうれしいです!

それでは、今日も楽しいゴルフを!
 

<本日のオススメ>

・スライス癖が直らない
・女子より飛ばない
・いつもセカンドオナー

「いっそゴルフなんてもうやめようか?」

もしそう思っているのなら、私に1週間だけ下さい。

かならずあなたに飛ばせるドローボールを
連発していただけます。

http://g-live.info/click/drow20171018/

※10/25(水)までの期間限定。返金保証付き

The following two tabs change content below.
モンゴ

モンゴ

奈良県出身。大学在学中の20歳の時にゴルフの魅力にはまり、研修生に転身。その後プロゴルファーに。世界的なゴルファー、コリン・モンゴメリーにスイングが似ていることから「モンゴ」というあだ名が定着。2014年、小原大二郎プロが設立した100切り専門ゴルフレッスンスタジオの設立に参画。その明るい人柄や性格から、生徒全員を笑顔に変える「太陽のようなレッスンプロ」として、足繁く通うファンが絶えない。得意とするのはショートゲーム。また、メンタルへの造詣も深く、アマチュアに対するメンタルトレーニングの必要性を日々追求している。
カテゴリー: ドライバー, メルマガ, 新着メルマガ, 素振り, 飛距離 | 投稿日: | 投稿者:
モンゴ

モンゴ について

奈良県出身。大学在学中の20歳の時にゴルフの魅力にはまり、研修生に転身。その後プロゴルファーに。世界的なゴルファー、コリン・モンゴメリーにスイングが似ていることから「モンゴ」というあだ名が定着。2014年、小原大二郎プロが設立した100切り専門ゴルフレッスンスタジオの設立に参画。その明るい人柄や性格から、生徒全員を笑顔に変える「太陽のようなレッスンプロ」として、足繁く通うファンが絶えない。得意とするのはショートゲーム。また、メンタルへの造詣も深く、アマチュアに対するメンタルトレーニングの必要性を日々追求している。

 

Facebookでコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。