平らなティーグラウンドなのにミスが出る…

2018.01.13
mongo

From:モンゴ
千葉の自宅より、、、

お楽しみ様です、モンゴです!

ゴルフ、楽しんでますか~?^^

さて、今日は

 「平らなティーグラウンドなのにミスが出る…」

についてお話しようと思います。

あなたもご存知の通り、ゴルフ場にはアンジュレーション
(地面の起伏)がありますよね。

ティーグラウンドなら、
(もちろんティーグラウンドも起伏はゼロではありませんよ!)
基本平らなのでミスが出にくいと思うかもしれませんが。。。

こんな質問をいただきました。

読者様からの質問!

> コースに行くと
> 平らなティーショットですら、
> 練習場でやらないようなミスをする。

 

なあるほどお。。。

最初でもちょっとお話しましたが、
ティーグラウンドだからといって絶対に平らだとか
そういうわけではないんですよ!

まあ、そういう話はさておき。。。
平らな地面なのにダメという人。

実は。。。モンゴもそうだったんです!(泣)

ゴルフを始めたばかりの頃は
モンゴもティーショットのスライスが止まらなくて。。。

本当に苦労しました。。。( T_T)
(でも、最終的にモンゴはそれを武器にできたんですけど)
 

いろいろモンゴも自分なりに分析してみたんですけど、
行き着く原因というのはたった一つ
 

 「上手く打たなきゃ!」と思っちゃう。。。
 

もう、この欲深い気持ちに集約されているんです!(;´Д`)

人間なので、ミスはする

いやー、みなさん欲深いですねえ~(о´∀`о)

でもまあ、そういう欲深い気持ちって、
上達していく上では、とっても大事なんですけどね。
 

もちろん、ゴルフをするのは人間なので、
どうしても大なり小なりのミスは出ます。

林に打ち込んだり、
ひどいアップダウンのところに行ってしまったり。

そして、その打ち込んだトラブル先でさらに、
別のミスが出てしまう。。。

それぐらい「上手く打たなきゃ」の気持ちというのは
業(ごう)が深いというか、人間の性(さが)というか、
煩悩(ぼんのう)が絡んでいて、一筋縄では行かないんです。
 

じゃあ、どうするか?

その前にまず、
あなたに考えてほしいことがあるんです。

上手く打ててる時、何してる?

ここで、あなたが上手く打てている時の
あなたの練習場でのルーティンを考えてみて下さい。

その振り返りで大切なのは、その時のあなたの考え方、
思考までを、ちゃんと振り返ってみて下さい。

上手くやっているとき、
あなたは、何をやってますか?
あなたは、何を考えていましたか?
 

 ・
 
 ・
 
 ・
 
 ・
 
 ・
 
 ・
 
 (ちゃんと、考えてくださいね~)
 
 ・
 
 ・
 
 ・
 
 ・
 
 ・
 
 ・
 

概して、一般的にうまくいっている人は。。。

やっぱり、シンプル!

シンプルと言っても、何も考えてないのとは違います。
生きている限りは思考しているわけですから。。。

モンゴがこのメルマガの場でよく言っている
「ワンスイングワンポイント」ぐらいが
ちょうどいいですね!
 

先ほどの振り返りをきちんとした方なら
気付いていらっしゃるかもしれませんが。。。

いろいろ考えているときって、
概してうまくいっていないんじゃないでしょうか?

そして、その「いろいろ考える」は
自分では意識せずに、無意識のうちに
あれこれ考えてしまっているはずなんです!
 

何かの話によると、
人間は1日に6万回思考すると言われています。

しかもその思考のうちの約80%はネガティブな思考で、
その上、無意識に行われているとも。。。((((;゚Д゚)))))))

何も考えないわけにはいかないので、
一つだけ、コレというものを考えるようにすることは、
ティーショットでも何にでも、やっぱり有効ですよ~!
 

以上、少しでも参考になればうれしいです!

それでは、今日も楽しいゴルフを!
 

<本日のオススメ>

ゴルファーならば、知らない人がいないほどの
伝説的なゴルファー、ベン・ホーガン。

ここで紹介する「彼」は数十年前にアメリカで
そのベン・ホーガンのウィングに出会いました。

その日から、彼は膨大な年月をスイング研究に費やし、
独自理論を武器に、規格外の結果を打ち立てました。

是非あなたも、ゴルフ上達に必要な一番大切なことを
コチラからご確認ください。

http://g-live.info/click/ezrestart180109/

※期間限定。1/16(月)まで

The following two tabs change content below.
モンゴ

モンゴ

奈良県出身。大学在学中の20歳の時にゴルフの魅力にはまり、研修生に転身。その後プロゴルファーに。世界的なゴルファー、コリン・モンゴメリーにスイングが似ていることから「モンゴ」というあだ名が定着。2014年、小原大二郎プロが設立した100切り専門ゴルフレッスンスタジオの設立に参画。その明るい人柄や性格から、生徒全員を笑顔に変える「太陽のようなレッスンプロ」として、足繁く通うファンが絶えない。得意とするのはショートゲーム。また、メンタルへの造詣も深く、アマチュアに対するメンタルトレーニングの必要性を日々追求している。
カテゴリー: ティーショット, メルマガ, メンタル, 新着メルマガ, 脳科学 | 投稿日: | 投稿者:
モンゴ

モンゴ について

奈良県出身。大学在学中の20歳の時にゴルフの魅力にはまり、研修生に転身。その後プロゴルファーに。世界的なゴルファー、コリン・モンゴメリーにスイングが似ていることから「モンゴ」というあだ名が定着。2014年、小原大二郎プロが設立した100切り専門ゴルフレッスンスタジオの設立に参画。その明るい人柄や性格から、生徒全員を笑顔に変える「太陽のようなレッスンプロ」として、足繁く通うファンが絶えない。得意とするのはショートゲーム。また、メンタルへの造詣も深く、アマチュアに対するメンタルトレーニングの必要性を日々追求している。

 

Facebookでコメントする

平らなティーグラウンドなのにミスが出る…」への2件のフィードバック

  1. KenKen

    モンゴさん今年もよろしくお願いします。
    以前、アプローチのDVDを購入し、繰り返し観させていただいています。
    未だに、アプローチは苦手で、イップス??になっているかも・・・
    練習を繰り返し、自分なりのアプローチを作り上げたいと思います。

    今回のお話も、大変役に立ちそうです。
    ワンスイング、ワンポイント!!
    練習の時から意識したいと思います。

    これからもよろしくお願いします。

    返信
    1. モンゴモンゴ 投稿作成者

      kenkenさん、ありがとうございます!
      私も凄く悩んでいました(^^;)
      そんな時の解決方法として
      ・アプローチの時のクラブ選択を変える。
      ・転がしのアプローチに徹する。
      ・上記とは逆に上げるアプローチに徹する。
      一見遠回りですが、検証して改善の繰り返しでkenkenさんのアプローチの型が出来上がってきます(:/)

      そして、ワンスイング・ワンポイント!
      色んな発見もあるので楽しみながら練習されてくださいね!

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。