左足下がりになるとミスをする方へ

2019.08.13
ezure

From:江連忠
神戸の自宅より、、、

こんにちは、プロゴルファーの江連忠です。
 

今回は、
 

 「左足下がりになるとミスをする方へ」
 

というテーマで、お話ししたいと思います。
  

左足下がりが苦手というゴルファーの方から
こんな質問をいただきました。

もしあなたも「左足下がり」が苦手なら
必見の内容です。

左足下がりでダフる

> 私は左足下がりのライが苦手です。
> ミスの原因の多くはダフリで、
> ほとんど距離の出ないこともあります。
>
> 左足下がりでは、どうしたら上手く打てるのでしょうか。
> また、どんな練習をしたら上手く打てるのか、教えて下さい。

 

はい、ではまず確認のおさらいですが。。。
 

あなたもご承知の通り、左足下がりのライは
ロフトが立つために、ボールが上がりにくくなります。

そのことによって、どんな失敗が出てしまうと思いますか?
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 

 ・
 

 ・

自分の力で上げようとしてしまう

経験的にボールが上がりにくいと知っている
アマチュアゴルファーの方の場合。。。

自分の力でなんとか上げようとして
失敗してしまうという傾向にあるのです。
 

ですので、まずは
 

 「上げる」のではなく「上がる」
 

これを意識して、スウィングをすることが
何よりも重要になってきます。
 

この「上げるのではなく上がる」というイメージが持てるだけで
失敗の半分は回避できると言っても、過言ではありません。
 

そして、左足下がりに限らず
傾斜地というのは基本的に足場が悪いものですよね。

そうすると、スウィング中にバランスが崩れやすくなります。
 

バランスが崩れると、体全体のエネルギーが使えずに
上半身、特に手の力だけでボールを打とうとしてしまいます。
 

この悪循環を防ぐためには
体のバランスアップが必要なわけですが、
それに最適なアイテムがあります。それは。。。
 

 バランスディスク
 

私が教える選手たちには、バランスディスクを使って
それに乗って球を打たせています。

ですが、これはけっこう難しいですし、
ディスクを持っていない人にはできません。
そのような方は。。。

バランスディスクがなくてもできること

こんなことをやってみてください。
 

 ・目をつぶって

 ・バランスを崩さないようにスウィングをする
 

これだけでも、効果があります。

この時、臍下丹田(せいかたんでん:へその下あたり)に意識を持って、
いかに下半身を安定させるかに集中することがポイントです。
 

別の方法として、片足をカゴに乗せて
スウィングの練習をするのも効果的です。

このとき、左足下がりが苦手だからと
右足をカゴに乗せる練習ばかりにならないように、
反対の足もカゴに乗せて練習してみましょう。

そうすることで、下半身の安定と体のエネルギーの使い方が
身に付き、手打ちを抑えられます。
 

最後に、大切なことは
 

 足場の悪いライにつかまっても、大振りしないこと
 

距離を出そうと大振りするのではなく、
ひとつ大きなクラブを持ってコンパクトに振ること。

これを実際のラウンドでは心がけましょう。
 

別にバランスディスクがなくても構いません。

こうした実践的な攻略方法を知っているだけでも
違いが生み出せるはずです。ぜひ、お試しください。

追伸:江連プロデュースのスライス矯正アイアン…

先日からゴルフライブ読者限定で、
私がプロデュースしたスライス矯正アイアン
案内されています。

このスライス矯正アイアンを120%活用する
動画ビデオも付いているので、
ぜひチェックしてみて下さい。

コチラをクリック

本数限定。残数わずか
 
 

 真剣であることが、唯一のゴルフの楽しみ方。

 ゴルフは人生を豊かにする素晴らしい方法。
 
 

江連忠でした。
 

The following two tabs change content below.
江連忠

江連忠

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。
カテゴリー: スイング, ダフリ, トラブルショット, メルマガ, 傾斜, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
江連忠

江連忠 について

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。

 

Facebookでコメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。