無駄な力みを取るイメージトレーニング

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021.02.09
ezure

From:江連忠
宮古島の自宅より、、、

こんにちは、プロゴルファーの江連忠です。
 

さて、今回は、
 

 「無駄な力みを取るイメージトレーニング」
 

というテーマで、お話ししたいと思います。
 

あなたにクラブの加速を感じることができる
イメージトレーニングをご紹介します。

プロ級のダウンスウィング

前回のメールマガジンでは、
「プロ級のダウンスウィングを手に入れるポイント」
についてお話ししましたが、
 

プロ級のダウンスウィングを手に入れる

https://g-live.info/click/210202_nikkan/

 

じゃあ実際にどうやって手に入れるのか、
という話を、今日はしていきたいと思います。
 

まず、簡単にこんなことをやってみてほしいのですが
 

 1.両手でバンザイをします

 2.そして、両腕を完全に脱力して
   上から下に落としてみてください

 ・
 

 ・
 

 ・
 

どうでしょうか?

両腕が「ブン!」と加速しながら
落ちてくるのが感じられたでしょうか?

腕がこのスピードで落ちることができるのだから、
その先にあるヘッドはすごいスピードになる。。。
 

そうしたことも、このイメージトレーニングで
簡単に想像できるのではないでしょうか。

もう一つのイメージトレーニング

次に(まだあります)今度は。。。
 

 1.両手でバンザイをします

 2.今度は両腕に力を入れながら、
   両腕を落としてみて下さい

 ・
 

 ・
 

 ・
 

こちらは、やってみてどうでしょうか?
 

おそらく、この場合ですと
 

 ・腕は加速しない

 ・スピードも出ない
 

といった感じではないでしょうか?

このように、上体に力みがあると
重力に任せてもスピードが出ないということを
この結果は如実に表していると思います。

無駄な力みを取るドリル

ここまでのイメージトレーニングを終えたら、
次はこのドリルをやってみて下さい。
 

 1.まずはクラブを持たずに、
   両腕をダランと垂らした状態にします

 2.そこから横揺れのようなイメージでステップしながら
   クラブを持たずにスウィングの動きをしてみましょう

 

このドリルを行うことで、腕は下半身の動きに合わせて
勝手に動くものということが体感できるはずです。
 

この「勝手に動く」腕の動きが体感できたら、
次はこのドリルに移りましょう。
 

 1.できる限りソフトにクラブを持ちます

 2.そして、連続素振りをしてみます
 

こうすることで、無理に力を入れなくても
ヘッドが走る感じがつかめますでしょうか?

良いトップポジションを身に着けるドリル

そしてもう一つ、無駄な力みを取るために
トップポジションのドリルも
二つほど行ってみましょう。
 

1.野球のバットでクロスハンドドリル

野球のバットを、クロスハンド(左右の位置を逆)で持って
スウィングしてみましょう。

これを行うことで、体の緩みが取れて
自然と良いトップポジションに収ってくるはずです。
 

2.タオル脇はさみドリル

 ・タオルの端を左脇にはさんで

 ・もう一方の端を右手で持ち

 ・そのタオルが緩まないようにトップの形を作る

  (左腕は下を向いたままでOKです)

このドリルも、良いトップポジションを
作るのに有効です。
 

とにもかくにも、
 

 ・自然なトップを作る

 ・上体を脱力する
 

この二つを身に着けることができれば、
重力に任せてダウンスウィングをしても
十分にスピードのあるスウィングになるはずです。
 

ぜひ、お試し下さい。

追伸:私の無料ビデオが公開中です

すでにご存知かもしれませんが、
私のビデオが期間限定の無料公開中です。

タイトルは、

 「レジェントたちに学ぶ
  90歳でもドライバーを飛ばす方法」

です。

今すぐビデオを見るならこちらをクリック

まもなく公開終了となります。お早めに。
 
 

 真剣であることが、唯一のゴルフの楽しみ方。

 ゴルフは人生を豊かにする素晴らしい方法。
 
 

江連忠でした。
 

The following two tabs change content below.
江連忠

江連忠

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
カテゴリー: ドリル, メルマガ, 力み, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
江連忠

江連忠 について

江連忠ゴルフアカデミー(ETGA) 所属 1968年東京都生まれ。 中学高校と故・棚網良平プロに師事。アメリカの3大コーチのひとりであるジム・マクリーンの元で学び日本初のマスターインストラクターを取得。 プロを教えるプロとして日本の第一人者となる。 教えたプロは片山晋呉、伊沢利光、星野英正、諸見里しのぶ、上田桃子など、賞金王やツアー優勝プロを含むツアープロが多数。1996年に、ゴルフダイジェスト社のレッスン・オブ・イヤー受賞。「江連忠ゴルフアカデミー(ETGA)を主宰し指導にあたっている。 2016年、長年のゴルフ界への貢献が認められ、皇室から賜る宮賞「日本三大賞」のうちの一つである「東久邇宮記念賞」を受賞。

 

Facebookでコメントする

コメントする

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。