#15 日本一の飛ばし屋(ヒント:ミート率)

2017.11.11
kameko

From:亀子充温

皆さん
こんにちは!!

先週の11月3日・東名CCで行われたドラコン大会【とびえもんカップ】で僕がデザインするBLOODSHIFTウェアに
身を纏ったドラコン王【和田正義:ただよし】が390ydsぶっ飛ばし優勝しました。

和田

和田プロは、東北福祉大学出身のプロゴルファー
そして、プロゴルフ界1・2を争うイケメンの筋肉野郎です。

WADA
10年前、寛が着ていたBLOODSHIFTウェアを見て僕のところに『ウェアをお願いします』と
挨拶に来たドラコン界で1・2を争う飛ばしのプロです。
ドライバーのMAXヘッドスピード65m/sec・・・日本一です。

僕は、和田プロの事を親しみを込め『ターボー』と呼んでいます。

ターボーの飛ばしの秘訣は、年末~年明けのメルマガでご披露します。
お楽しみに!!!

さて
先週の【ハーフショット練習】の動画はいかがでしたか??

今週は
★江連さんが晋呉君・寛・太一郎・桃子などなど全てのプロたちへのティーチングに必ず取り入れているショット練習の基本中の基本【片手打ち練習】をワンハンドグリップアイアンを使った動画と文章で解説します。

IMG_9011

■ワンハンドグリップアイアン
亀子氏が江連氏と共同開発の練習用アイアン

何故?ワンハンドグリップアイアンを使うかと言うと・・・・
*短いシャフト=ミートしやすい
*重いヘッド=大振りし難い
*太いグリップ=グリッププレッシャー緩和&腋が締まりやすい・・・・からです。
(通常のクラブで練習する時は、ウェッヂや9番アイアンまでのショートアイアンを短く持って)

【片手打ち練習】
晋呉君も寛も・・・今では松山君も必ず取り入れている練習です。
先ずは、両手の役割&片手打ち練習の真意を理解して下さい。

【右腕の役割】=主にパワー
【左腕の役割】=主にリードと方向性

そして、ショット時には出来る限り右腕と左腕の力感(力加減)は、同じで、
且つ、右腕と左腕が同じプレーンを通る事が理想です。
これらの力感とプレーン出来ると・・・・・・
両手打ちの際、右腕と左腕がシンクロ(同調)してショットが安定します。

それらを実現させるには第一にグリッピングが大事です。
コツは・・・
①左手・右手共に小指・薬指・中指の順でグリップを握り、親指と人差し指は、添える程度でグリッピングしてください。

次にクラブのセット
②グラブを握った片手の肘を鳩尾(みぞおち)の前に近付ける・・・腋が自然に締まります。
  腋の自然な締まりをもっと詳しく知りたい方は、9月2日と9日の僕のメルマガを参考にして下さい。

2017-0902 (画像付き)ゴルフ質問回答&正しいグリッピング解説

2017-0909 自然な締まった腋の作り方

次にアドレス
③肩幅くらいにスタンスを取り、股関節から前傾してアドレス姿勢をとる。

次にボールセット
④ボールは、必ずティーアップしてください。
  練習場のマットからの直打ちの場合、ダフっても当たって飛んでしまうので・・・

【片手打ち練習】は、ボールを飛ばすよりミート率を向上させる練習です。
フルショットせず、ハーフショット〜クォーターショットが理想的です。
右腕と左腕、共にある程度ミートして打てるまでメゲズに練習&練習&練習してください。

片手打ちでのフルショットは、腕や肩を痛める可能性があるので『先ずはハーフショット』からマスターして下さい。

コツは
*左腕は、テイクバック→トップ(シャフトを立てる)→インパクト→フォローまで腕は、極力伸ばしたままリードと方向性重視でショット
*右腕は、腕の撓り(しなり)を意識して下さい(腕が撓る事でヘッドは走ります)
  テイクバック途中から肘を曲げ始め→トップでコックを使いシャフトを立てる→ダウンでは右肘を右腰に向かって下ろす→
  インパクトは、右手首付け根(掌底)でボールを押し込む→フォローでは腕が伸びる様にショット

【片手打ち練習スタート】
(1)片手打ちの前に素振り(リズム良く、体重移動させながら頭をなるべく不動にして)→
(2)ボールにフェイスをセット(ボールと体の間隔を確認する)→
(3)ヘッドを地面に置いてリラックスと同時にテイクバック→トップ→ダウン→インパクト→フォロー

下記動画を参考に・・・

くどい様で恐縮ですが・・・
ミート率を向上させる事がこの練習の【真意】なので飛ばそうと絶対に思わず、ミート重視で練習して下さい。
特に右利きの方は、左片手打ち6〜7割:右片手打ち3〜4割の練習をオススメします。

三年前、ターボーのショットチェックにショット診断スタジオへ行った時
ターボーのヘッドスピードが60〜62m/secで芯をくえばスピン量が2100〜2400で飛距離370〜390ヤード
カスった当たりの時は、スピン量が7000前後になり270〜280ヤードしか飛ばなかったのです。

【片手打ち練習】は、必ず貴方のショット感を好転させミートの重要性が理解出来ます。


<本日のオススメ>
IMG_9011

亀子充温氏のハーフショット練習に最適な
ワンハンドグリップアイアンを試したい方は他にいませんか?

亀子氏はこのアイアンを
江連忠氏とともに共同開発しました。

そして、プロのレッスンや
ゴルフパフォーマンスのでの
ビジネスゾーン練習にもつかい
アマチュアゴルファーの上達に貢献しています。

ほとんどのゴルファーは
長いクラブでフルショットの練習をしがち…

これは、不安定なスイングを
固める練習になってしまいます。

このワンハンドグリップアイアンを使えば
短いクラブから確実な
ビジネスゾーンを作り上げることができます。

今すぐこのアイアンを使って
練習を試してみてください

http://g-live.info/click/odgi171109/

The following two tabs change content below.
亀子充温

亀子充温

BLOOD SHIFT代表 亀子 充温 1962年2月8日生まれ 愛知県碧南市出身 文化服装学院デザイン化卒業、芸能人の舞台衣装制作や、複数のアパレルメーカーに勤務後、独立しアパレルメーカーENTRY立ち上げ。ゴルフウェアブランド【BLOOD SHIFT】立ち上げ。ゴルフ歴は35年。ベストスコアは72。セントアンドリュースオールドコースでは、75ストロークでホールアウト。2005年よりプロキャディの活動も開始し、プロの依頼に応じて、北田瑠衣プロらのツアーキャディ、プロ・アマ問わずレッスン活動も行う。 【キャディ経験】 ・男子レギュラーツアーキャディ:24試合 ・男子チャレンジツアーキャディ:33試合 ・女子レギュラーツアーキャディ:4試合 ・その他ミニツアー:7試合
カテゴリー: ミート率, メルマガ, 新着メルマガ | 投稿日: | 投稿者:
亀子充温

亀子充温 について

BLOOD SHIFT代表 亀子 充温 1962年2月8日生まれ 愛知県碧南市出身 文化服装学院デザイン化卒業、芸能人の舞台衣装制作や、複数のアパレルメーカーに勤務後、独立しアパレルメーカーENTRY立ち上げ。ゴルフウェアブランド【BLOOD SHIFT】立ち上げ。ゴルフ歴は35年。ベストスコアは72。セントアンドリュースオールドコースでは、75ストロークでホールアウト。2005年よりプロキャディの活動も開始し、プロの依頼に応じて、北田瑠衣プロらのツアーキャディ、プロ・アマ問わずレッスン活動も行う。 【キャディ経験】 ・男子レギュラーツアーキャディ:24試合 ・男子チャレンジツアーキャディ:33試合 ・女子レギュラーツアーキャディ:4試合 ・その他ミニツアー:7試合

 

Facebookでコメントする

#15 日本一の飛ばし屋(ヒント:ミート率)」への1件のフィードバック

  1. 真田 孝文

    亀子さんのメルマガ、楽しく読ませて頂いております。一番興味をそそられます。
    今後ともゴルフの興味ある話・プロツアー世界の話・練習の仕方等
    知らない世界の楽しい話を教えて頂きたく思います。

    楽しみにしてメルマガ読んでおります。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。
* が付いている欄は必須項目です

お名前はニックネームでも構いません。
※入力したお名前とコメント内容は、すべてのユーザーに表示されますのでご注意下さい。

投稿コメントの反映までは、3営業日ほどお時間がかかる場合がございます。